Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



アラウ, クラウディオ(1903-1991)

Search results:9 件 見つかりました。

  • クライバーン&アラウ[DVD]

    (2012/05/16 発売)

    レーベル名:ICA Classics
    カタログ番号:ICAD5073

  • 詳細

    偉大なるピアニストたち(1926-1945)

    20世紀前半から半ばに欠けてはピアノの演奏スタイルが変動した時期でした。リストなどの流れを直接くむロマンティックな派(フリードマンやレヴィーンなど)やその衣鉢を継ぐ者(ホロヴィッツ)に加え、新思考(プロコフィエフ)や原典主義(シュナーベル)も台頭し、やがては現代につながるスタイルが現れてきました。スタイルは様々あれど、いずれも個性的かつ巨匠の風格をもった演奏家達でありました。このCDに収められているのは、そうした各様式・時代の象徴ともいうべき名ピアニスト達の演奏の数々です。(2003/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110783-84

  • 詳細

    R. シュトラウス:ブルレスケ ニ短調/シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調/謝肉祭 (アラウ)(1939-1946)

    このアラウの1930年代と1940年代の録音は、信じられないほど短い時間に録音された2曲のパフォーマンスを含みます。R/シュトラウスの「ブルレスケ」は1946年4月13日の録音。このすぐあとにはウェーバーの「小協奏曲」( 8.111263)が演奏されそちらもすぐさま録音されました。1944年のシューマンの協奏曲もたった1時間のセッションで記録されました。どちらも恐ろしい程の集中力を持った炎のような熱演です。1939年の「謝肉祭」も素晴らしい演奏で、曲の真価をまざまざと見せ付ける説得力の高いものです。(2008/02/06 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.111265

  • 詳細

    ショパン:ピアノ協奏曲第1番/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番(アラウ/クレンペラー/ドホナーニ)(1954, 1959)

    (2011/11/16 発売)

    レーベル名:ICA Classics
    カタログ番号:ICAC5045

  • 詳細

    ピアニスト A to Z

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos Educational
    カタログ番号:8.558107-10

  • 詳細

    ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番「熱情」, 第31番, 第32番(アラウ)(1960)

    「クラウディオ・アラウは、幅広い芸術と文学知識によって、思慮深く音楽を解釈し、その中心部に到達しようとしていました。」(ジョナサン・サマー)

    チリで生まれアメリカを中心に活躍したピアニスト、クラウディオ・アラウ(1903-1991)。彼は1921年に初の録音を行ってから、1980年代のデジタル時代までの長い経歴を、録音の進化とともに過ごして来たと言えるでしょう。彼が得意としたのはベートーヴェン、リスト、シューマンであり、またモーツァルトやブラームスでも独自の世界を切り開き、その演奏は非常に高く評価されています。1950年代には最初のベートーヴェンのピアノ協奏曲全集の録音を成し遂げ、1960年代には同じくベートーヴェン(1770-1827)のソナタ全集も録音を完成させています。この演奏は、そんな頃にストックホルムで収録されたもので、レコーディング・スタジオで録音された音楽とはまた違う即興性溢れたライブ録音です。ここには自由な精神が横溢した、明晰で揺るぎないベートーヴェン像があります。(2014/05/28 発売)

    レーベル名:ICA Classics
    カタログ番号:ICAC5122

  • 詳細

    ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番/ウェーバー:コンチェルトシュトゥック/ピアノ・ソナタ(アラウ)

    20世紀最大のピアニストの一人、クラウディオ・アラウは恐らく戦後のピアニストの中で最もベートーヴェンの解釈に優れた人として評価されるでしょう。その深き精神性と強靭さは彼の最大の美点であり、ここに収録された第3番の協奏曲もまさに火花散る名演と言えるでしょう。ウェーバーの小協奏曲はアラウが生涯を通じて愛した曲。この演奏は極めて軽快で優美です。(2007/12/12 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.111263

  • 詳細

    モーツァルト:ピアノ・ソナタ第5番/第18番/ベートーヴェン:創作主題による6つの易しい変奏曲/他(アラウ)(1941)

    チリのピアニスト、クラウディオ・アラウ(1903~91)は、LP時代にEMIやフィリップスなどのメジャー・レーベルで活躍、現在まで聴かれつづける多数の録音を遺しましたが、このCDは40歳前の若きアラウの録音を収めたものです。7才でベルリンに留学、リストの弟子クラウゼに学んだアラウは、「モーツァルトの再来」といわれた神童でした。その後も「ただの人」になることなく着実な活動を続け、41年にはニューヨークに移って、同年のカーネギー・ホールでの演奏会は大評判となりました。ここで聴かれるのは、その成功によってアメリカで録音されたSPの復刻です。(2000/12/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110603

  • 詳細

    モーツァルト/ベートーヴェン/シューマン/ドビュッシー/ショパン/ブラームス:ピアノ作品集(アラウ)(1954, 1960, 1963)

    南米チリ出身、20世紀を代表するピアニストの一人クラウディオ・アラウ(1903-1991)。この5枚組BOXには、1954年、1960年、1963年に開催された3回のリサイタルの模様が収録されています。1954年のリサイタルでは、前半に、まず遊び心溢れるモーツァルトが演奏されています。そしてベートーヴェンの「熱情」。この第1楽章は、60年代の全集録音の演奏よりもテンポが速く、また演奏もアグレッシブであり、タイトルをそのまま表現したかのような強烈な演奏です。続いての堂々たるシューマンでは全編に漲る気迫が感じられます。後半にはドビュッシーとラヴェルの名作を演奏。当時のドイツでは決して人気があったとは言えない選曲であり、アラウにとってもこれは挑戦的なものでしたが、彼は多彩な表現力と独創性をもってこれらを演奏し、ドイツの聴衆からの称賛を得ることができたのです。アンコールではショパンとメンデルスゾーンを3曲演奏しましたが、この3曲は以降、彼のレパートリーに加わることはありませんでした。1960年のコンサートでは、アラウの人生の中でも最も大切にしていたショパンの作品のみが演奏されています。彼の演奏はルービンシュタインとも、ハラシェヴィチとも違うアプローチであり、やはりアラウが得意としたブラームス作品をも思わせる深さを感じさせます。1963年のシュヴェツィンゲンでのコンサートはベートーヴェンとブラームス、シューマンの謝肉祭を演奏。どれもアラウの美学=抑制の効いた渋めの表現に貫かれた重厚な演奏です。SWR所蔵のオリジナル・テープからデジタル・リマスタリングを行っています。(2018/01/26 発売)

    レーベル名:SWR Classic
    カタログ番号:SWR19054CD