Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ネヴェン, ヘンク

Search results:4 件 見つかりました。

  • J.S.バッハ:マタイ受難曲[DVD]

    ハンガリーの名指揮者イヴァン・フィッシャーによる、この2012年の「マタイ」の映像収録は、とりわけ彼の解釈が際立つものとなっています。フィッシャーはこの作品の「二重性」に着目、まずは二重合唱を「絶対不可欠な音楽的側面」として解釈の拠点を置いています。その「2つの意思」を補完するかのように全ての音楽が層を成して組み立てられていくこと、そして、深い宗教性がなければ本質に迫れないこと。そんな考えを、フィッシャーは音楽と映像のみで具現化していきます。現在最高の福音史家パドモアを始め、感動的なイエスを歌うピーター・ハーヴェイ、インゲボルク・ダンツ、バルバラ・コゼリなど強力なソリストを配し、完璧なハーモニーを聴かせるオランダ放送合唱団と、この曲に特別な親和性を持つアムステルダム・コンセルトヘボウ管が一体となって創り上げたこの稀有なる名演は、バッハの普遍性を説くとともに、「生きていくこと」への疑問も投げかけるかのようです。これを見終わったあとに、あなたの心には何が残るでしょうか…。(2013/04/24 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101676

  • J.S.バッハ:マタイ受難曲[Blu-ray]

    ハンガリーの名指揮者イヴァン・フィッシャーによる、この2012年の「マタイ」の映像収録は、とりわけ彼の解釈が際立つものとなっています。フィッシャーはこの作品の「二重性」に着目、まずは二重合唱を「絶対不可欠な音楽的側面」として解釈の拠点を置いています。その「2つの意思」を補完するかのように全ての音楽が層を成して組み立てられていくこと、そして、深い宗教性がなければ本質に迫れないこと。そんな考えを、フィッシャーは音楽と映像のみで具現化していきます。現在最高の福音史家パドモアを始め、感動的なイエスを歌うピーター・ハーヴェイ、インゲボルク・ダンツ、バルバラ・コゼリなど強力なソリストを配し、完璧なハーモニーを聴かせるオランダ放送合唱団と、この曲に特別な親和性を持つアムステルダム・コンセルトヘボウ管が一体となって創り上げたこの稀有なる名演は、バッハの普遍性を説くとともに、「生きていくこと」への疑問も投げかけるかのようです。これを見終わったあとに、あなたの心には何が残るでしょうか…。(2013/04/24 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:108075

  • 詳細

    エルガー:管弦楽伴奏歌曲集/劇音楽「グラーニアとディアーミッド」(モントモリン/ラッジ/ネヴェン)

    このエルガーの2枚の歌曲集にはあまり耳にすることのない、しかしまさに英国の至宝とも言える美しい作品が詰まっています。CD1にはオーケストラ伴奏による歌曲の数々を収録、静かな郷愁に満たされたOp.59の連作歌曲集、「威風堂々第4番」の旋律を用いた「王の道」、バリトンで歌われる勇壮な「Follow the Colours」などエルガーの愛国精神が示された曲、古代アイルランドの神話の中の愛の物語を題材にした劇音楽「グラーニアとディアーミッド」などを聴くことができます。CD2はピアノ伴奏による歌曲集。「河」や「トーチ」は管弦楽版との聴き比べも楽しめます。ソプラノのモントモリンの美しい声が耳に残ります。(2019/02/15 発売)

    レーベル名:SOMM Recordings
    カタログ番号:SOMMCD271-2

  • 詳細

    レーヴェ:受難オラトリオ(ウーレ・ロマンティーク器楽&ヴォーカルアンサンブル/レイネマン)

    もしバッハの受難曲がロマン派風味で味付けされたらどうなるか?その想像を音にしてくれたのが、レーヴェ作曲「受難オラトリオ」です。レーヴェと言えば小規模な歌曲(バラード)とくるのが一般的ですが、このような大曲も残していたのです。19世紀前半と言えば、メンデルスゾーンがバッハ「マタイ受難曲」を蘇演した時代背景があり、その後レーヴェ自身も「マタイ」や「ヨハネ」を指揮した記録が残っています。そうした時代を紐解く上で実に興味深い作品であり、そして特に第3部で劇的に受難の物語を描くあたりはロマン派でなければ書けなかったもので、聴き逃せません。フランスの音楽祭における拍手入りライヴ録音。(2006/08/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557635-36