Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



アイゼンロール, ウルリッヒ

Search results:33 件 見つかりました。

  • 詳細

    クラシック・クラリネット

    ベニー・グッドマンやアーティ・ショウを始めとしたジャズ・プレイヤーからもこよなく愛される楽器『クラリネット』。1700年頃にドイツの楽器製作者J.C.デンナーがフランスの古楽器「シャリュモー」を改造して作ったとされていますが、正確な製作年代はわかっていません。しかしそのまろやかで魅力的な音色はモーツァルトを始めとした作曲家たちに愛されたことで、数多くの名作が生まれました。このアルバムには古典派からロマン派にかけての名作の聴きどころばかりを収録。モーツァルトの友人、シュタッドラー等、当時の名手たちの見事な技術も伺える技巧的な作品の数々をじっくりとお楽しみください。(2019/03/29 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.578174

  • 詳細

    シューベルト:ドイツ語歌曲全集 1 「冬の旅」(トレケル/アイゼンロール)

    全国津々浦々のナクソス・ファンの皆様、お待たせしました。遂にシューベルトの歌曲全集に着手します。その力の入れよう、凄いです。ドイツ語を母国語とする、既に名声を確立した若手歌手を、それぞれの曲に相応しい人選という観点で起用し、言葉と音楽との関係を改めて追求します。楽譜もベーレンライター社の新全集を使用、最新の研究成果を取り入れます。21世紀におけるシューベルト演奏の規範を打ち立てたい、そんなナクソスの想いを感じてください。第一弾は今さら解説不要の「冬の旅」。大好きな方も、歌曲って何?という方も、トレケルの名唱を是非ご賞味ください。(2000/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554471

  • 詳細

    シューベルト:ドイツ語歌曲全集 2 「白鳥の歌」(ヴォッレ/アイゼンロール)

    シューベルトと言えば三大歌曲集、その最後にあたる最晩年作が、死後に出版された「白鳥の歌」です。この中で最も有名な7「セレナード」(ここではハ短調で演奏)をはじめ、メロディーの美しさを楽しむもよし、よく言われるように性病に冒され忍び寄る死の影を感じ取るのもよし、何をおいても聴いておきたい傑作です。1~3は同じく死の年に書かれたとされるレルシュタープ詞の作品(3のホルンも聴きどころ)。既に名声を確立しているフォレの歌唱は、とっかかりは地味な印象を与えますが、詞と曲の両方にじっくり耳を傾けるなら、ピカイチの演奏です。(2000/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554663

  • 詳細

    シューベルト:ドイツ語歌曲全集 5 「美しい水車小屋の娘」(エルスナー/アイゼンロール)

    放浪と貧困の中で、20代半ばにして既に死に至る病に侵されつつあったシューベルトが作曲した連作歌曲集「美しい水車小屋の娘」は、失恋を歌いあげる青春の調べとなりました。全曲が公開演奏されて陽の目を見るのは死後のこととなりましたが、今日では、いわゆる三大歌曲集の第1作として知られ、永遠の名曲として現代人に感動を与え続けています。既に国際的キャリアを積み、21世紀の更なる飛躍が期待されるエルスナーを起用しているのに大いにご注目ください。なお、原詩の全25篇を、作曲されなかった5つも含めてブックレットに収録しています。(2000/08/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554664

  • 詳細

    シューベルト:ドイツ語歌曲全集 6 「シラー歌曲集 1」(ブルンス/アイゼンロール)

    文豪ゲーテと同時代のせいで、シラーがゲーテを上回る名声を得ることはありませんでした。しかしシラーの詩が作曲家たちに好まれたのもまた事実、シューベルトも例外ではありません。当盤収録曲では第一に1に注目!シラーの長大なバラードをテキストに用い、これぞシューベルトが書いた最も長い歌曲です。単に長いだけでなく、全く澱みの無い音楽の流れは10代後半の作品とは信じ難いものがあります。特に凄いのは終わり近くのピアノの大爆発!これを聴かずしてシューベルトの歌曲を語ることはできないでしょう。スイス生れで現在はドイツの歌劇場で活躍する若きバリトン歌手の晴朗な声質をお楽しみください。(2001/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554740

  • 詳細

    シューベルト:ドイツ語歌曲全集 7 「ヨーロッパの詩人による歌曲集 1」(ツィザーク/トレケル/アイゼンロール)

    アルバムのタイトルからはわかりませんが、シューベルトの歌曲中、「野ばら」と並んで有名な10「アヴェ・マリア」(ウォルター・スコット作詞)が聴けるのが当盤のウリです。でも、それだけではありません。ツィーザクとトレケルという、二人の名歌手の競演と、アイゼンロールの思慮に富んだピアノこそ、最大の聴き物なのです。2、3、4、7のように演奏時間の長い歌曲で発揮される、弛緩することのない緊張感に満ちた歌唱能力には、思わず引き込まれてしまいます。ところで曲名にこれだけカタカナが並ぶと、壮観。内容の勉強もしたくなってきませんか?(2002/04/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554795

  • 詳細

    シューベルト:ドイツ語歌曲全集 8 「シラー歌曲集 2」

    シューベルトが自分よりも少し年長のシラーの詩に音を付けた歌曲集です。4のように演奏機会がそれなりに多い曲も含まれているものの、収録曲に超有名なものはありません。しかし詩の世界への内的洞察力など、芸術性の高さでは抜きん出たものがあり、まさにシューベルト歌曲の真髄に触れることができます。シラーの詩の世界に深い関心を持つドイツ人メゾ・ソプラノ歌手、ヤコビの暗めの声は、音楽に託された微妙な感情変化を詳らかに描くのに好適で、1のような長編歌曲では特にその長所が生きています。歌曲をとことん味わうのが好きな貴方にお薦めします。(2002/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554741

  • 詳細

    シューベルト:ドイツ語歌曲全集 11 「北ドイツの詩人による歌曲」

    フィッシャー=ディースカウに師事し、古楽系の指揮者との共演から歌曲、そしてオペラと幅広いジャンルで大活躍、来日経験もあるミュラー=ブラハマンの名唱が光るアルバムです。バス・バリトンの落ち着いた安定感のある語り口は、夜一人でじっくり耳を傾けるのに相応しいものです。最も多い9曲が収録されたシュルツェによる歌曲では「春に」が、とびきりの名曲。ロッホリツによる歌曲では、「リュートに寄せて」と「アリンデ」が特に好まれています。アルバムを締めくくる3曲も有名なものですが、特に「さすらい人」は演奏者の声質と相性ばっちりの名演。アイゼンロールのピアノも相変わらず見事です。(2003/04/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555780

  • 詳細

    シューベルト:ドイツ語歌曲全集 13 「ゲーテ歌曲集 2」

    詩人毎に録音されるナクソスのシューベルト・ドイツ語歌曲全集だから、ゲーテともなると名歌曲が勢ぞろい。当盤の2大題材は、まず「ファウスト」。情熱を秘めて始まり、狂おしいまでの高揚をみせる、画期的な名曲「糸を紡ぐグレートヒェン」などが生まれます。題材のもう一つは「ヴィルヘルム・マイスターの修行時代」に登場するミニョンで、当盤で多数の歌曲を聴き比べられます。この他、「たゆみなき愛」や「ズライカ」など、名歌曲が目白押し。ソプラノのツィーザクが期待通りの名唱を繰り広げ、デュエット曲にはテノールのエルスナーが絡みます。(2003/08/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554666

  • 詳細

    シューベルト:ドイツ語歌曲全集 14 「ヨーロッパの詩人による歌曲集 2」

    詩人毎にシューベルトの膨大な歌曲を括るこのシリーズ、第14集はアングロ=サクソンとイタリアの詩人に焦点を当て、前者はシェイクスピアやオシアン、後者はペトラルカらが登場します。CD1は英語歌詞のドイツ語翻訳をテキストに、CD2の1~13はイタリア語で歌われ、14~17はイタリア語歌詞のドイツ語翻訳をテキストにしたもの。18はフランス、19はスロヴェニアの詞で、20は聖書によるものです。シェイクスピアによる「シルヴィアに」と「きけ、きけ、ひばり」はシューベルト歌曲の最高峰の一つとして親しまれています。ボーグの清楚なソプラノ、フリードリヒの気品あるバス・バリトンによる十全な演奏で。(2003/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557026-27