Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



イオーリ, エンリコ・ジュゼッペ

Search results:5 件 見つかりました。

  • ヴェルディ:歌劇「アイーダ」[DVD]

    ヴェルディ(1813-1901)没後100周年の記念公演。このブッセートはヴェルディの生まれた町であり、この年には盛大な行事が催されましたが、中でもこの「アイーダ」はその目玉ともなるべく力の入った公演でした。演出を担ったのは巨匠ゼッフィレッリで、歌手は全てオーディションで選ばれた20代の若者たち。彼らはまずワークショップを行い、カルロ・ベルゴンツィの指導を受けてから舞台に立ちました。小さな劇場であったことを考慮に入れても(その分声量を若干抑えることができる)彼らの表現力と歌唱力は特筆すべきものでした。もちろん演技も素晴らしく、とてもほとんど舞台経験のない新人たちとは思えない仕上がりとなっています。歴史に残したい一つの名演です。メイキング映像では、若者とベテランが一丸となってこの舞台を作り上げていく様子を見ることができます。(2013/12/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107088

  • ヴェルディ:歌劇「マクベス」全曲[DVD]

    ヴェルディが心底愛したというシェークスピアを原作にしたオペラ「マクベス」。彼の作品の中で、唯一「愛の陰謀」のない作品としても知られています。主役にテノールでなく、バリトンを置いたところにも、ヴェルディの革新的な試みが感じられます。そのマクベスを歌うのが、ベテラン、レオ・ヌッチ。熟成された男っぽさの中に感じる少々の脆さが、この物語を深いものにしています。マクベス夫人を歌うヴァレルは、スピントの効いた力強い声が魅力です。カヴァーニの演出は、時として説明過剰に感じる部分もあるのですが、複雑なあらすじと、交錯する人間模様を表出するためには必要不可欠でもあり、これらを一つ一つ読み解く楽しみに浸るのも一興でしょう。バルトレッティの指揮は、重厚さの中にも軽妙さを併せ持つもので、この暗い作品に一筋の救いの光をもたらすものとして評価されています。2006年テアトロ・レッジョ・ディ・パルマライブ収録/収録時間:156分/音声:ステレオ2.0/ドルビー・デジタル5.1サラウンド/字幕:英・独・仏・西・伊/画面:16:9(2011/09/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107313

  • ドニゼッティ:歌劇「ルクレツィア・ボルジア」 [DVD]

    (2009/04/15 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.110264

  • 詳細

    ドニゼッティ:歌劇「ランメルモールのルチア」(ベルガモ音楽祭2006)

    ドニゼッティが愛読していたウォルター・スコットの小説「ランマムーアの花嫁」。これが元になり、1835年、最も有名なベルカント・オペラが誕生しました。愛、不和、裏切り、狂気、殺人・・・悲劇的でスキャンダラスな物語は人々を熱狂させ、ヒロインの白いドレスに飛び散る血しぶきは、全ての聴衆の心を捉えたのです。ここでルチアを歌うのは、日本でもおなじみデジレ・ランカトーレ。ふくよかな体躯から生まれる豊かな声と、絶妙なコロラトゥーラをお聴きください。この録音、すでに映像として発売されていますが、こうして音だけで聴いてみるのもまた違った味わいがあるものです。有名な「狂乱の場」では慣例のフルートではなく、スコアに指定されている「グラス・ハーモニカ」を使用。幽玄な響きはルチアの壊れた心を吹き抜ける風のようです。(2010/11/17 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.660255-56

  • 詳細

    ドニゼッティ:歌劇「ルクレツィア・ボルジア」(テオドッシュウ/ビアージョ/イオーリ/ベルガモ音楽祭/セヴェリーニ)

    ドニゼッティだけでなく、原作者ヴィクトル・ユゴーの最高傑作でもあるこのオペラです。当時の人々にとって、全ての悪(拷問、近親相姦、同性愛、殺人、陰謀、らんちき騒ぎ、)を網羅したかのような内容で、全く救いの手が差し伸べられることはありませんが、ドニゼッティは全ての行為を感動的な結論に導けるように、素晴らしいアリア、デュエット、合唱を用意しました。劇的な内容もオペラを聴く醍醐味の一つと言えるかもしれません。初演から再演まで3年の月日をかけ、様々な改訂を施したこの問題作、タイトル・ロールのテオドッシュを始めとした見事な歌手たちの演奏でお聴きください。(2010/03/17 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.660257-58