Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



フィッシャー=ディースカウ, ディートリヒ(1925-2012)

Search results:11 件 見つかりました。

  • フィッシャー=ディースカウBOX ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ85歳の誕生日を記念して[DVD]

    《DVD1》シューベルト:歌曲集「冬の旅」D911/ボーナス…リハーサル映像《DVD2》シューベルト:歌曲集「美しき水車屋の娘」D795/ボーナス…フィッシャー=ディースカウとフランツ・ツォクロイアーとの対話/あらゆる歌曲集の中でも、とりわけ美しく、また解釈の難しさで群を抜く「美しき水車屋の娘」と「冬の旅」。この2つの連作歌曲を、ドイツの名バリトン歌手フィッシャー=ディースカウが歌います。「冬の旅」は1979年の収録で、名ピアニスト、ブレンデルとの共演。深淵な解釈が光る名演を楽しませてくれます。彼らは1975年から1989年にかけて、世界中でこの歌曲集を演奏するほどの名コンビであり、気心のしれた親密なやり取りが見てとれます。「美しき水車屋の娘」は1991年、アンドラーシュ・シフとの共演です。実は、こちらの歌曲集、20年間公式の場では歌っていなかったというフィッシャー=ディースカウですが、ここではシフのピアノに触発されてか、しなやかで瑞々しい歌唱を披露しています。収録時間:本編135分+ボーナス77分/音声:ステレオ2.0/字幕:独、英、仏、伊、西/画面:4:3//DVD…片面単層ディスク&片面二層ディスク(2011/09/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101509

  • モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」[DVD]

    ベルリンの壁・・・冷戦の真っ只中にあった1961年8月13日に東ドイツ(ドイツ民主共和国)政府によって建設された、東ベルリンと西ベルリンを隔てる壁です。1989年11月10日に破壊され、その翌年の1990年10月3日に東西ドイツが統一されるまで、この壁がドイツ分断の象徴となっことはご存知の通りです。さて、この「ドン・ジョヴァンニ」の公演は、そんな物々しい時期に開幕したベルリン・ドイツ・オペラのシーズンのオープニングを飾る歴史的公演です。この歌劇場は度々名前を変えたことで知られています。1919年にシャルロッテンブルク・ドイツ歌劇場として設立、1925年にはベルリン市立歌劇場、1933年にベルリン・ドイツ・オペラ、そして1945年には市立歌劇場。そしてこの年、再びベルリン・ドイツ・オペラとなりました。それまで戦争で破壊されていた劇場が新しく建立され、人々が待ち望んでいたこの9月24日のシーズン開始は、本来なら大きなニュースになるはずだったのに、その6週間前のベルリン分断のおかげで、ほとんど報道されることもなかったのです。とはいえ、この「ドン・ジョヴァンニ」はたくさんの観衆を引きつけました。ドイツ連邦共和国大統領、政治家、外交官、ベルリン大学の教授たち、世界の主要な音楽評論家を始め、西側の音楽家、俳優、画家たち、あらゆる芸術家たちがこの公演を観るために集まりました。フィッシャー=ディースカウを始めとした、当時最高の歌手たちが、この?落とし公演のために集結、冥界から騎士長だけでなく、モーツァルトまでをも呼び寄せたかのような熱演を繰り広げました。また、この夜、見事な指揮を行ったフリッチャイですが、実は既に不治の病に冒されていて、この公演の3ヶ月後には指揮棒を置くことになります。1961年ベルリン・ドイツ・オペラのシーズン初日公演ライヴ収録/収録時間:155分/音声:PCMモノラル/字幕:独語(オリジナル・ヴァージョン)、英語、仏語、西語、伊語、日本語、韓国語/画面:4:3/REGIONAll(Code:0)/片面2層ディスク(2011/10/12 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101574

  • シューベルト:歌曲集『冬の旅』 Op.89, D.911[DVD]

    シューベルトの晩年の名作「冬の旅」。人々はこの連作歌曲に様々な思いを託します。もちろん、この作品を歌う歌手には多くの事を求め、また歌手たちも思い思いの感情をこの歌曲集に込めるのです。ドイツの名バリトン、フィッシャー=ディースカウもこの例にもれません。彼は経歴の中で、幾度となく音による旅を繰り返し、その都度新しい解釈で、この道行から新たな風景を手繰りよせます。この演奏は1979年1月自由ベルリン放送の録音です。ピアノを演奏しているのはアルフレート・ブレンデル。ディースカウとブレンデルは1975年から1989年の間にしばしば、この曲を共演しています。添えられた56分のドキュメンタリーには、彼らがどのようにこの曲を構築していくかが記録されています。(2011/05/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107229

  • シューベルト:歌曲集「美しき水車屋の娘」[DVD]

    この1991年のフェルト教会における「美しき水車屋の娘」のライブ録音は、偉大なるバリトン歌手フィッシャー=ディースカウにとって、実に20年ぶりの“公式演奏”でした。67歳のディースカウにとって、青春の煌めきの結晶とも言えるこの歌曲集を演奏することについてどのような思いを抱いていたのでしょう?円熟というより老練な渋さを加えた彼の声は、名手アンドラーシュ・シフの暖かいピアノの音色と相俟って、人生の悲哀や儚さ、そして希望を聴き手に確かに届けています。この演奏会の6年前に行われたインタビューは、「フィッシャー=ディースカウにおけるシューベルト」がはっきりと捉えられた興味深い内容であり、残念ながら字幕はありませんが、歌を愛する人ならば深い共感を呼ぶこと間違いありません。ボーナス…1985年、シューベルティアーデにて(フィッシャー=ディースカウとフランツ・ツォクロイアーとの対話) ※101509の分売(新装盤)(2012/11/21 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107269

  • ベルリン・ドイツ・オペラ BOX[DVD]

    ベルリン・ドイツ・オペラ創立100周年を記念してのBOXです。1960年代から始まったライブ録音(もちろん画面は白黒)には、20世紀の偉大なる名歌手たちの歌声と姿があますことなく収録されていて、まさに歴史的な遺産と呼ぶにふさわしいものです。1961年9月24日のドン・ジョヴァンニは劇場再建の「こけら落とし」の記念公演であり、テレビ局“Sender Freies Berlin”でも放送されたプログラムです。この後もベルリン・ドイツ・オペラは頻繁に上演を記録したのですが、放送局(または出演者)が権利を大切に持っていたため、これらの上演が人々の目に触れることがありませんでした。そんな「埋もれていた」アーカイブ映像はまだまだ多くあるはずですが、ここでは「ドン・ジョヴァンニ」を含む5つの舞台をひとまとめにしてお届けいたします。(2012/12/19 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107522

  • フィッシャー=ディースカウBOX シューベルト:歌曲集「冬の旅」&「美しき水車屋の娘」[DVD]

    あらゆる歌曲集の中でも、とりわけ美しく、また解釈の難しさで群を抜く「美しき水車屋の娘」と「冬の旅」。この2つの連作歌曲を、ドイツの名バリトン歌手フィッシャー=ディースカウが歌います。「冬の旅」は1979年の収録で、名ピアニスト、ブレンデルとの共演。深淵な解釈が光る名演を楽しませてくれます。彼らは1975年から1989年にかけて、世界中でこの歌曲集を演奏するほどの名コンビであり、気心のしれた親密なやり取りが見てとれます。「美しき水車屋の娘」は1991年、アンドラーシュ・シフとの共演です。実は、こちらの歌曲集、20年間公式の場では歌っていなかったというフィッシャー=ディースカウですが、しなやかで瑞々しい歌唱を披露しています。(2012/12/19 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107523

  • シューベルト:歌曲集「冬の旅」[DVD]

    シューベルトが死の前年に作曲した「冬の旅」は、ドイツの詩人ヴィルヘルム・ミュラーの詩による24曲からなる連作歌曲集。その高い音楽性と詩の持つ深遠な内容は、あらゆるドイツ歌曲の中でも最高のものであり、この曲を歌うことはリート歌手にとって試金石となるものです。ドイツの名バリトン、フィッシャー=ディースカウ(1925-2012)も、生涯を通じてシューベルトの一連の歌曲を大切なレパートリーにしており、中でも「冬の旅」はコンサート・ホール、音楽祭、ラジオ放送で何度も歌い、また何種類かの録音も残しています。1979年1月にベルリンの放送局「Sender Freies Berlin」で収録されたこの演奏は、ベートーヴェン、シューベルトのピアノ曲の権威である名手アルフレード・ブレンデルが共演したことで話題になりました。1980年代にも度々共演を重ねた2人ですが、この映像は、ボーナスとして収録されているリハーサル映像も含め、初期の彼らの音楽的対話を知るための貴重な記録です。(2017/01/25 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109317

  • 詳細

    R. シュトラウス:歌劇「カプリッチョ」(シュヴァルツコップ/ヴェヒター/ゲッダ/フィッシャー=ディースカウ/ホッター/ルートヴィヒ/フィルハーモニア管/サヴァリッシュ)(1957-1958)

    言葉を司る詩人と、音を操る音楽家。この2人から求愛される若き未亡人・・・。生活感よりも感性が物を言う美しい時代の小さな葛藤を描いたこの叙情劇に、作者のクレメンス・クラウスは「音楽と文学はどちらが人の心を動かすか」という命題を織り込みました。若きシュヴァルツコップの穢れなき歌声、彼女を取り巻く素晴らしい歌手たち、R.シュトラウスのエキスパート、サヴァリッシュが混然一体となって眩いばかりの世界を作り上げています。とりわけ、CD2のトラック15「月光の音楽」からの幻惑的な音楽の素晴らしさは筆舌に尽くしがたいものです。(2010/05/19 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.112034-35

  • 詳細

    ブゾーニ:歌劇「ファウスト博士」(フィッシャー=ディースカウ/ルイス/ウォーレス/ハーパー/キャメロン/ロンドン・フィル/ボールト)

    ブゾーニの(1866-1924)畢生のオペラ「ファウスト博士」は、20世紀の歌劇の中でも、極めて特異な作品の一つとして知られています。この作品は、良く知られたゲーテの戯曲ではなく、彼自身がほぼ20年に渡って、様々な素材から歌詞を求め、台本から作り上げたもの。しかし1924年に作曲家が死去したことで未完成のまま残され、弟子のヤルナッハによって、その翌年に補筆完了されました。この1959年の録音は、フィッシャー=ディースカウとエイドリアン・ボールト卿による短縮版で、この曲の世界初演記録となるものです。この曲をBBCで最初に放送したジョン・エイミスによるブックレットには、彼ならではの演奏者たちへの賛辞、考察が述べられており、録音当時の放送メモには、作品への深い洞察も伺い知ることができます。アーカイヴとしても貴重なものです(英語のみ)。(2011/09/14 発売)

    レーベル名:LPO
    カタログ番号:LPO-0056

  • 詳細

    ブラームス:ドイツ・レクイエム(フィッシャー=ディースカウ/グリュンマー/ベルリン/フィルケンペ)(1955)

    どちらかというと「辛気臭い」と言われがちなブラームスの名曲「ドイツ・レクイエム」の隠れたる名演です。グリュンマーの楚々とした歌声、フィッシャー=ディースカウの張りのある低音。そして何よりケンペらしいゆったりとしたテンポと重厚な管弦楽の響き。完全無比と崇められるクレンペラー盤に比べても何の遜色もないほどの出来なのに、モノラルのせいか、なぜかあまりCD化されることもなかった演奏(一時期疑似ステレオ盤が出回りました)です。この機会にじっくりとその真価をお確かめください。(2009/12/16 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.111342