Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



モリス, ジェイムズ

Search results:6 件 見つかりました。

  • ヴェルディ:歌劇「マクベス」[DVD]

    当時のイタリアでは全く人気がなかったとされる、この「マクベス」ですが、ヴェルディ(1813-1901)はこの戯曲を「人類が創造した最も偉大な悲劇」と評し、一時は自ら散文で台本を書き起こしたほどでした。結局はピアーヴェが台本を整えますが、ヴェルディはその出来に満足せず、何度も修正させるほどに入れ込んでいたといいます。そんな「マクベス」、上演に当たってはマクベスとマクベス夫人に「強烈な個性を持つ歌手」を据えることが大切です。この舞台では、芸達者なブルゾンはもちろんのこと、「マクベス夫人」役のザンピエーリの存在感こそが重要です。シノーポリの指揮による粘りつくような濃厚な響きと相俟って、毒を吐き続ける彼女の歌。暗めの舞台とともに、強烈な印象を残すことは間違いありません。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109090

  • ヴェルディ:歌劇「マクベス」[Blu-ray]

    当時のイタリアでは全く人気がなかったとされる、この「マクベス」ですが、ヴェルディ(1813-1901)はこの戯曲を「人類が創造した最も偉大な悲劇」と評し、一時は自ら散文で台本を書き起こしたほどでした。結局はピアーヴェが台本を整えますが、ヴェルディはその出来に満足せず、何度も修正させるほどに入れ込んでいたといいます。そんな「マクベス」、上演に当たってはマクベスとマクベス夫人に「強烈な個性を持つ歌手」を据えることが大切です。この舞台では、芸達者なブルゾンはもちろんのこと、「マクベス夫人」役のザンピエーリの存在感こそが重要です。シノーポリの指揮による粘りつくような濃厚な響きと相俟って、毒を吐き続ける彼女の歌。暗めの舞台とともに、強烈な印象を残すことは間違いありません。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109091

  • モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」[2DVDs]

    1971年、リッカルド・ムーティがザルツブルク音楽祭でセンセーショナルなデビューを飾ったのが、この「コジ・ファン・トゥッテ」でした。それから12年を経たこの上演は、良い関係を築いているムーティとウィーン・フィルによる、ダイナミックかつしなやかな響きと、最高の歌手たちによる夢のようなアンサンブルを楽しめます。ハンペによる演出も、革新的な演出を好まないムーティにぴったりの夢幻的で美しいもの。初めてこの作品に触れる人にも安心してお勧めできる理想的な「コジ」と言えるでしょう。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109100

  • モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」[Blu-ray]

    1971年、リッカルド・ムーティがザルツブルク音楽祭でセンセーショナルなデビューを飾ったのが、この「コジ・ファン・トゥッテ」でした。それから12年を経たこの上演は、良い関係を築いているムーティとウィーン・フィルによる、ダイナミックかつしなやかな響きと、最高の歌手たちによる夢のようなアンサンブルを楽しめます。ハンペによる演出も、革新的な演出を好まないムーティにぴったりの夢幻的で美しいもの。初めてこの作品に触れる人にも安心してお勧めできる理想的な「コジ」と言えるでしょう。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109101

  • 詳細

    トーマス:歌劇「楡の木陰の欲望」(ハドリー/レンツ/ロンドン響/モリス)

    父イフレイムが家を去り残された息子エベンは、腹違いの兄弟シミオン、ピーターと農場で暮らす。父が再婚したと知ると2人の兄は、かねてからの願い通りゴールド探しにカリフォルニアへ。父が連れて帰った後妻アビーは何とエベンと恋に落ち、彼女は息子を出産するが、エベンの子と噂に。農場の跡継ぎ話のもつれからエベンも家出をしようとし、混乱したアビーは自分の愛を証明するため遂には息子を殺し...。このドロドロ話、さぞや難解は音楽にと思えばさにあらず、クラシックとポップス双方の音楽語法を身につけたトーマスは幻想的に、時には気恥ずかしいほどの旋律を用いてわかりやすく、登場人物の心理を赤裸々に描写します。(2003/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.669001-02

  • 詳細

    ロウ:マイ・フェア・レディ(オリジナル・ブロードウェイ・キャスト)(1956)

    1956年3月にブロードウェイで初演され、6年6カ月に及ぶロングラン公演となったヒット・ミュージカルです。1964年にはオードリー・ヘップバーンの主演で映画化もされています。下町の花売り娘イライザのシンデレラ・ストーリーとして知られていますが、バーナード・ショウの原作では、「上流階級の人間の身勝手さ」が強調されていて、なかなか一筋縄ではいかない物語です。とはいえ、ミュージカルでは登場する全ての人物が愛すべき存在として描かれています。音楽もまた夢心地。トラック8の「踊り明かそう」は誰もが知っている名曲です。(2010/09/15 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.120876