Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



チュプリノヴァ, オレスヤ・ベルマン

Search results:3 件 見つかりました。

  • レスピーギ:歌劇《沈鐘》

    レスピーギの傑作オペラ、初映像パッケージ化! ( 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.110571

  • ( 発売)

    レーベル名
    カタログ番号

  • ( 発売)

    レーベル名:鐘作り職人エンリーコ。新しい教会のために作った鐘を牧神によって谷底に落とされて落胆します。それを見た妖精ラウテンデラインは、自宅に戻った彼に元気が出る魔法をかけ、エンリーコに家庭を捨てさせ、山中に呼び寄せ鐘を作らせることに。「水底に沈んだ鐘が鳴らない限り、私は家には戻らない」と宣言するエンリーコ。
    カタログ番号

  • ( 発売)

    レーベル名:エンリーコを奪われた彼の妻マグダは絶望の末、湖に飛び込み命を絶ち、その知らせを彼の子供たちが携えてきた時に、沈んだはずの鐘の音が…
    カタログ番号

  • ( 発売)

    レーベル名
    カタログ番号

  • ( 発売)

    レーベル名:歌劇《沈鐘》は、ローマ「三部作」で知られる、レスピーギによる傑作歌劇です。この作品では、ゲルハルト・ハウプトマンの寓話劇に題材を求め、神秘的で優雅、華やかさと豊かさに満ちたレスピーギの音楽の神髄を聞くことができます。
    カタログ番号

  • ( 発売)

    レーベル名:1927年11月18日にハンブルクで初演されましたが、レスピーギ作品の出版を行っていたリコルディ社は、題材に不満を持ち出版を拒否、結局ドイツの大手出版社「Bote&Bock」社から楽譜が出版されたという経緯があります。
    カタログ番号

  • ( 発売)

    レーベル名:翌1928年にスカラ座で上演、続いてメトロポリタン歌劇場で上演され大成功をおさめましたが、その後上演される機会がほとんど無く、今回、斬新で意欲的なプロダクションで知られるサルディニアのカリアリ歌劇場で、蘇演され大きな話題を呼びました。
    カタログ番号

  • /sharedfiles/images/cds/others/2.110571.gif

    0 ( 発売)

    レーベル名:神秘的で色彩豊かな舞台に、ヴァレンティーナ・ファルカス、マリア・ルイージア・ボルシ、アンジェロ・ヴィッラーリら若手実力派の歌手が優れた歌唱を繰り広げ、ドナート・レンツェッティの老練なタクトがこの歌劇を完成度高くまとめ上げます。
    カタログ番号:2018.06.15

  • レスピーギ:歌劇《沈鐘》

    レスピーギの傑作オペラ、初映像パッケージ化!鐘作り職人エンリーコ。新しい教会のために作った鐘を牧神によって谷底に落とされて落胆します。それを見た妖精ラウテンデラインは、自宅に戻った彼に元気が出る魔法をかけ、エンリーコに家庭を捨てさせ、山中に呼び寄せ鐘を作らせることに。「水底に沈んだ鐘が鳴らない限り、私は家には戻らない」と宣言するエンリーコ。 ( 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:NBD0072V

  • ( 発売)

    レーベル名:エンリーコを奪われた彼の妻マグダは絶望の末、湖に飛び込み命を絶ち、その知らせを彼の子供たちが携えてきた時に、沈んだはずの鐘の音が…歌劇《沈鐘》は、ローマ「三部作」で知られる、レスピーギによる傑作歌劇です。この作品では、ゲルハルト・ハウプトマンの寓話劇に題材を求め、神秘的で優雅、華やかさと豊かさに満ちたレスピーギの音楽の神髄を聞くことができます。
    カタログ番号

  • ( 発売)

    レーベル名:1927年11月18日にハンブルクで初演されましたが、レスピーギ作品の出版を行っていたリコルディ社は、題材に不満を持ち出版を拒否、結局ドイツの大手出版社「Bote&Bock」社から楽譜が出版されたという経緯があります。
    カタログ番号

  • ( 発売)

    レーベル名:翌1928年にスカラ座で上演、続いてメトロポリタン歌劇場で上演され大成功をおさめましたが、その後上演される機会がほとんど無く、今回、斬新で意欲的なプロダクションで知られるサルディニアのカリアリ歌劇場で、蘇演され大きな話題を呼びました。
    カタログ番号

  • /sharedfiles/images/cds/others/NBD0072V.gif

    0 ( 発売)

    レーベル名:神秘的で色彩豊かな舞台に、ヴァレンティーナ・ファルカス、マリア・ルイージア・ボルシ、アンジェロ・ヴィッラーリら若手実力派の歌手が優れた歌唱を繰り広げ、ドナート・レンツェッティの老練なタクトがこの歌劇を完成度高くまとめ上げます。
    カタログ番号:2018.06.15

  • 詳細

    ロッシーニ:歌劇「ランスへの旅」(ジョルダーノ/ピッツォラート/ムチェドゥリシヴィリ/ポズナン・カメラータ・バッハ合唱団/ヴィルトゥオージ・ブルネンシス/フォリアーニ)

    1825年に挙行されたフランス国王シャルル10世の戴冠式のために、ロッシーニ(1792-1868)が作曲した「ランスへの旅」。フランス国王の紋章を暗喩した「黄金の百合亭」というホテルに集まったヨーロッパ各国の人々が繰り広げるちょっとしたドタバタコメディです。当時活躍していた名歌手を集め、カンタータ形式で初演が行われ大好評を博しましたが、このような機会音楽はどうしても人気が長続きせず、劇場のレパートリーとして定着することもありませんでした。ロッシーニは一部のアリアを「オリー伯爵」に転用しましたが、結局、本編のスコアは散逸、結局、この作品が復興されたのは、1970年代の「ロッシーニ・ルネサンス」を迎えてからでした。1984年にロッシーニ・フェスティヴァルで上演された(クラウディオ・アバド指揮)のものが、ブームの火付け役。以降、優れた演奏が数々出現し、現在では高い人気を誇るまでになっています。この演奏は、ロッシーニ財団とリコルディ社による批判校訂版が用いられています。(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.660382-84