Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ロジェストヴェンスキー, ゲンナジー(1931-)

Search results:11 件 見つかりました。

  • マイヤ・プリセツカヤを讃えて 2010年11月20日 彼女の85歳の誕生日を祝して[DVD]

    20世紀を代表する名バレリーナ、マイヤ・プリセツカヤは、1925年ロシア在住のユダヤ人の名門に生まれました。しかし1938年に彼女の父親がスターリンの粛正により処刑されたことで、一家は離散。彼女はバレリーナであったおばの家の養女となります。1943年にボリショイ・バレエ団に入団しますが、出自がユダヤということで、その才能が開花される機会に恵まれず、「瀕死の白鳥」の芸術性の高い舞踊で高い評価を受けるも、国外公演に同行することすら許されなかったと言います。そんな彼女がようやく名声を掴んだのは1959年のこと。初めて彼女のバレエを目にした西側の人々は、彼女の高い技術と美しさに感嘆しました。またその前年に作曲家のシチェドリンと結婚した彼女は、二人三脚で「カルメン組曲」を始めとした素晴らしい作品を創り上げていくことになります。彼女の踊りに魅せられた振付師たちも数知れず。ここではベジャールやプティらが彼女のために、とびきりの振付を施した演目を目の当たりにすることができるでしょう。(2011/04/13 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101539

  • OPERA HIGHLIGHTS, Vol. 2 (NTSC)

    (2007/06/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102049

  • 偉大なるアリア集:どこに行ってしまっのだ、あの青春の日々は ~ロシア・オペラの名アリアと場面集(DVD)

    ロシア・オペラの名アリア集。ロシア・オペラといえば「低声の魅力」を楽しむイメージがありますが、もちろんそれだけではありません。19世紀初頭、グリンカの登場で独自の路線を進み始めたロシアのオペラは、民俗色豊かな旋律と、プーシキンやトルストイなど、ロシアの作家の物語をもとにした重厚なストーリーに支えられた作品が数多く揃っています。この映像で、そんなロシア・オペラの名場面の数々を、選りすぐりの歌手たちの歌唱でお楽しみいただけることでしょう。タイトルはチャイコフスキーの「エウゲニ・オネーギン」の"あの輝かしい青春の日々はどこへ行ってしまったのか"から取られています。(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109246

  • 偉大なるアリア集:どこに行ってしまっのだ、あの青春の日々は ~ロシア・オペラの名アリアと場面集(BD)

    ロシア・オペラの名アリア集。ロシア・オペラといえば「低声の魅力」を楽しむイメージがありますが、もちろんそれだけではありません。19世紀初頭、グリンカの登場で独自の路線を進み始めたロシアのオペラは、民俗色豊かな旋律と、プーシキンやトルストイなど、ロシアの作家の物語をもとにした重厚なストーリーに支えられた作品が数多く揃っています。この映像で、そんなロシア・オペラの名場面の数々を、選りすぐりの歌手たちの歌唱でお楽しみいただけることでしょう。タイトルはチャイコフスキーの「エウゲニ・オネーギン」の"あの輝かしい青春の日々はどこへ行ってしまったのか"から取られています。(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109247

  • エレガンス‐ジ・アート・オブ 《マイヤ・プリセツカヤ》5つのバレエを讃えて

    “私の人生における最も重要なマイルストーンがこのような形でまとめられるのを見て、私はとても幸せです。/この映像には、ローラン・プティからモーリス・ベジャールまで、私と素晴らしい共同作業を行った振付師の仕事も含んでいます。素晴らしい!”マイヤ・プリセツカヤ20世紀を代表する名バレリーナ、マイヤ・プリセツカヤは、1925年ロシア在住、ユダヤ人の名門家庭に生まれました。しかし1938年に彼女の父親がスターリンの粛正により処刑されたことで、一家は離散。彼女はバレリーナであったおばの家の幼女となります。1943年にボリショイ・バレエ団に入団しますが、出自がユダヤだったため、その才能を開花させる機会になかなか恵まれず、「瀕死の白鳥」の芸術性の高い舞踊で高い評価を受けるも、国外公演に同行することすら許されなかったと言います。彼女がようやく名声を掴んだのは1959年のこと。初めて彼女のバレエを目にした西側の人々は、その高い技術と美しさに感嘆しました。またその前年に作曲家のシチェドリンと結婚、二人三脚で「カルメン組曲」を始めとした素晴らしい作品を創り上げていくことになります。彼女の踊りに魅せられた振付師たちも数知れず。この映像ではベジャールやプティと言った人々が「彼女だけのために」とびきりの振付を施した演目を目の当たりにすることができるでしょう。/(2017/02/24 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109321

  • ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー[DVD]

    (2011/05/18 発売)

    レーベル名:ICA Classics
    カタログ番号:ICAD5027

  • 詳細

    ショスタコーヴィチ:交響曲第8番(ロンドン・フィル/ロジェストヴェンスキー)

    ショスタコーヴィチの交響曲の中でも、とりわけ暗さと激しさを有した作品として知られています。交響曲第7番「レニングラード」に続く“戦争交響曲”として作曲されましたが、派手で見せ所の多い第7番(CMに使われた有名なメロディを持つ)に比べ、こちらは更に悲劇性が強く、戦争の悲惨さを強く訴えかけているものとなっています。とはいえ、初演時は各方面から批判され1948年にはジダーノフ批判の対象になり、1960年まで演奏が禁止されるなど、作品にまつわるエピソードは事欠きません。作曲家自身も、この曲についての見解を様々に変えており、結局のところ真意がわかることは永遠にないのではないでしょうか。ロジェストヴェンスキーは、同じ年にこの曲を、彼が創立したソ連文化省交響楽団と録音していますが、それと比べると、この演奏は若干肩の力を抜いてリラックスしているように思います(やはり何かと制約の多いロシアでの演奏よりも、異国での演奏の方がのびのびできたのではと想像できます)。何より、もともとダイナミックな演奏が得意なロジェストヴェンスキーとこの曲はとても親和性が高く、ここでも爆発的なエネルギーを内包した力強いショスタコーヴィチが生み出されています。(2013/03/27 発売)

    レーベル名:LPO
    カタログ番号:LPO-0069

  • 詳細

    チャイコフスキー:交響曲第4番/プロコフィエフ:組曲「3つのオレンジへの恋」(BBC響/ロジェストヴェンスキー)(1979-1981)

    (2011/09/14 発売)

    レーベル名:ICA Classics
    カタログ番号:ICAC5035

  • 詳細

    チャイコフスキー:交響曲第5番/ヤナーチェク:タラス・ブーリバ(BBC響/ロジェストヴェンスキー)

    ロシア生まれの世界的名指揮者、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(1931-)。モスクワ音楽院で父に指揮を学び、ピアノは有名なレフ・オボーリンに学びました。20歳の時にボリショイ劇場で「くるみわり人形」を指揮、その素晴らしい演奏のおかげで1954年には劇場のアシスタント指揮者に任命されます。その2年後にはボリショイ・バレエ団とともに初のイギリス訪問を行い、更に人気を高めました。1961年からはモスクワ放送交響楽団の芸術監督に就任。1974年までこの地位を務め、64年からはボリショイ劇場の首席指揮者(最年少)としても活躍を始めます。彼は当時のロシアの音楽家としては異例の「大規模な外国ツアー」を行う権利を与えられており、イギリスを始め様々な国に演奏旅行に出かけ、またロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニーの首席指揮者を務めたりと八面六尾の活躍をするのです。そんな彼にとってチャイコフスキーの演奏は、まさに十八番であり、このフランダースでの音楽祭の記録も、例えようもないくらいの興奮度を持っています。ヤナーチェクの「タラス・ブーリバ」は1981年のプロムスで演奏されたもので、大規模なオーケストラを自由自在に操る彼の姿が目に浮かぶ熱演となっています。(2013/12/18 発売)

    レーベル名:ICA Classics
    カタログ番号:ICAC5116

  • 詳細

    ホルスト:組曲「惑星」/ブリテン:青少年のための管弦楽入門(BBC響/ロジェストヴェンスキー)

    (2012/02/15 発売)

    レーベル名:ICA Classics
    カタログ番号:ICAC5053