Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ウェルザー=メスト, フランツ(1960-)

Search results:19 件 見つかりました。

  • ROSSINI: Turco in Italia (Il) (NTSC)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:100369

  • LEHAR: Lustige Witwe (Die) (NTSC)

    (2005/07/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:100451

  • VERDI: Traviata (La) (NTSC)

    (2006/10/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101247

  • BRUCKNER, A.: Symphony No. 7 (Cleveland Orchestra, Welser-Most) (NTSC)

    (2009/11/25 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101481

  • モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 [DVD]

    (2010/06/23 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101495

  • モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 [Blu-ray]

    (2010/06/23 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101496

  • ベルク:歌劇「ルル」[DVD]

    アルバン・ベルクの問題作「ルル」は官能的な愛と破壊的な特質を備えた作品です。ベルクは第1幕と第2幕、そして第3幕の一部を完成しただけでこの世を去ってしまいましたが、その完成度の高さから、この上演のように未完のままで演奏されることも多く、色々な意味で後世を騒がせるオペラとしても名を馳せています(2幕未完版は1937年にチューリヒで初演されましたが、ベルク未亡人の反対により他の作曲家による補筆版は作成されず、F・ツェルハが補筆完成版を出版するのは1979年になってからでした)。このチューリヒの公演は、最初の形である2幕版によっています。一見、露骨な表現やいかがわしさが目につきますが、曲を知れば知るほどに、ベルクの仕掛けた形式や、音の配置を理解することになり、ルルに惹かれる者たちのように、このオペラにどっぷりはまることになるのです。ボーナスとして付されたE・モーリッツによる映像は、この奇妙で魅力的なオペラを理解するのに役立つでしょう。(2011/05/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101565

  • ブルックナー:交響曲 第8番 ハ短調 1887年版(第1稿のノヴァーク校訂版)[DVD]

    1.ブルックナー:交響曲第8番ハ短調/《ボーナス映像》ディー・ペリー&フランツ・ウェルザー=メストによるプレ・コンサート・トーク2010年8月クリーブランド セヴェランス・ホールライヴ収録/収録時間:本編95分+ボーナス17分/音声:ステレオ2.0/ドルビー・デジタル5.1サラウンド(DVD)/字幕:英語(ボーナス映像)/画面:16:9ブルックナーの最高傑作、交響曲第8番はまさに「神の領域」に達したかのような荘厳で壮麗な音楽です。1887年に完成されたこの曲は、最初ブルックナーが「我が芸術上の父」として慕った指揮者ヘルマン・レヴィに届けられましたが、レヴィは無情にも「この曲は演奏困難である」と返事をしたのです。そのため、ブルックナーは作品を前面改訂し、曲のほとんど全てに手を加えました。こちらは「1890年第2稿」と呼ばれ、現在は大抵こちらのヴァージョンによって演奏されますが、ウェルザー=メストは敢えて、1887年の初稿版(後に研究者ノヴァークが校訂)によって演奏を行っています。第7番の映像(101481)と同じく、世界で最も美しいと言われるセヴェランス・ホールでのライヴ収録です。(2011/05/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101581

  • アントン・ブルックナー:交響曲 第4番 変ホ長調 WAB 104(1888年版、ベンジャミン・コースヴェット校訂)[DVD]

    聖フローリアン修道院は、ブルックナー(1824-1896)がオルガニストを務めた地であり、そのパイプオルガンの下には彼の遺骨が納められている、いわば"聖地"とでもいうべき大切な場所です。これまでもチェリビダッケや朝比奈など、高名なブルックナー指揮者たちがここを訪れ、インスピレーションを受け、素晴らしい演奏を残しています。このメスト&クリーブランド管も、これまでのセヴェランス・ホールではなく、この"聖地"での録音を行ったことで、豊かな残響も含め、一層充実した響きを聴かせています。この演奏の特色は、珍しい「コースヴェット校訂版」を使用したことです。アメリカの研究家コースヴェットによる校訂版は、基本的に1889年の「レーヴェ改訂版…第3稿」と同じもの(もちろん数多くの変更はありますが)と言っても差支えないものです。20世紀に活躍していた指揮者たちがこの版をよく使っていましたが、当時は「改竄版」として悪い評価が多かったものでもあります。通常演奏されることの多い「1878/80年稿に基づくハース版」または「ノヴァーク版第2稿」との大きな違いは、まず終楽章再現部の第1主題をカットし、また第3楽章のスケルツォの繰り返しをなくしたことです。その上、前述の通り数多くの変更点があり、それは音符、強弱、演奏方法、使用楽器変更、細かなテンポ、フレージング、表現指示など多岐に渡るため、通常の版を聴きなれている人にとっては、ちょっと耳慣れない部分も続出するかもしれませんが、これを楽しむのも一興と言えるでしょう。他の部分でもシンバルなどが使われていたり、全般的に金管が控えめになり弦が聴きやすくなっているイメージもあります。そんな曲への興味と、演奏への興味に加え、映像監督のブライアン・ラージによる修道院内の映像にも注目です。美しい天井壁画、荘厳なる伽藍と柱・・・。ブルックナーの生きた時代をまざまざと感じさせてくれる美しい風景です。(2013/04/24 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101682

  • ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調[Blu-ray]

    1918年に設立されたクリーヴランド管弦楽団は今やアメリカのみならず、世界でもTOPランクのオーケストラとして知られます。ジョージ・セルが鍛え上げ、マゼールによって人気を高め、ドホナーニによって響きを練り上げられたこのオーケストラ。現在はこのウェルザー=メストが新たな魅力を開花させています。このブルックナーは、世界で最も美しく、また音響的にも優れているといわれるホールの一つであるセヴェランス・ホールでの演奏です。ブルックナーの交響曲の中でも最も人気があって、明確な形式と美しいメロディに満たされたこの第7番の交響曲、冒頭の透明な響きを聴いただけで、これがどれほどまでに素晴らしい演奏なのかを瞬時に判断できるに違いありません。ボーナス映像では、ウェルザー=メストが英語とドイツ語でブルックナーに寄せる思いを熱く語っています。DVD既発売(101481)2008年9月 セヴェランス・ホール ライヴ収録/映像監督 ウィリアム・コセル/収録時間:本編66分+ボーナス14分/音声:ステレオ2.0/ドルビー・デジタル5.1サラウンド/字幕:英語・ドイツ語(ボーナス映像)/画面:16:9(2011/11/09 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:108033