Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



アンサンブル・モデルン

Search results:4 件 見つかりました。

  • HENZE, Hans Werner: Memoirs of an Outsider (NTSC)

    (2003/06/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:100361

  • アリベルト・ライマン:室内オペラ「幽霊ソナタ」[DVD]

    スウェーデンの作家ストリンドベリの名作「幽霊ソナタ」です。劇として上演されることが多いのですが、このライマン(1936-)の作品は1984年にこの戯曲を元にして作曲され、このベルリン・ドイツ・オペラの上演が世界初演となったものです。洒落た雰囲気の家の住人である「熟考する学生」と車いすの老人。彼らをとりまく陰謀、病気や殺人。そしてこれを覆い隠すかのように存在する「お化け屋敷」。不吉な雰囲気の中で進行する人々の生活と見せかけの愛の物語・・・。「メデア」や「リア」でおなじみのアリベルト・ライマンが抑制された音楽を書き、緊張感あふれるお話を盛り上げていきます。(2012/12/19 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101657

  • 詳細

    ヘンツェ:合唱作品集

    ドイツの現代作曲家ヘンツェの合唱作品集。大編成の作品に人気が集中するヘンツェですが、言葉を用いる声楽作品には、彼の「真実の声」が反映されており、これらはヘンツェの芸術観や哲学的思想、そして宗教観までをも垣間見ることができる貴重な作品群として知られています。なかでも、ギリシャ神話の「オルフェウスとオイリディーケ」をイギリスの劇作家エドワード・ボンド(1934-)が現代に翻案した「鉄条網のオルフェウス」は根強い人気を持つ作品。もともと労働者階級であったボンドは、10代から戯曲を書き始め、衝撃的、暴力的な舞台で物議をかもした人ですが、年とともに作風を転換させ、80年代には戦争をテーマにした作品を多く手掛けた人。この作品も、まさに戦争によって引き裂かれ、抑圧された恋人たちがモティーフであり、付けられたヘンツェの音楽も無調でありながら、時にうっとりするほどの美しさに満ちています。初期の作品「5つのマドリガル」は、やはりヘンツェの戦争体験が反映された古典主義的なシンプルな表現を持つ曲。また「島からの歌」にも伝統的な表現が用いられています。どれも演奏は困難ですが、クリードが指揮する南西ドイツ放送合唱団とアンサンブル・モデルンは、曲の魅力を余すことなく伝えています。(2017/11/29 発売)

    レーベル名:SWR Classic
    カタログ番号:SWR19049CD

  • 詳細

    ウドリ:作品集(アンサンブル・モデルン/フランス放送フィル/M. フランク)

    モンペリエのポール・ヴァレリー大学で音楽楽、モンペリエ音楽院で作曲を学んだウドリの作品集。精緻な音の繋がりと重なりを好むウドリの作品は、まるでグラフィック・アートのように美しい構造を持ち、緊張感と偶然性をはらみながらも、その旋律は時として抒情的に聞こえることもあります。彼の作品は世界中で好んで演奏されており、このアルバムも批評家たちから高く評価されました。(2018/05/25 発売)

    レーベル名:col legno
    カタログ番号:WWE1CD40418