Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



エスビェア・アンサンブル

Search results:7 件 見つかりました。

  • 詳細

    ブレスゴー:作品集

    ラテン語の回文「我々は夜に旋回し燃え尽きる」に基づくブレスゴーのピアノ曲はめくるめく音の渦に揉まれるような焼けつくように激しい音楽です。ロルフ・ハインドはこの音の狂乱を完璧に表現します。同時収録のピアノ協奏曲も聴くだけで見知らぬ世界に迷い込むかのような錯覚を覚えることでしょう。(2008/05/09 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226514

  • 詳細

    オルセン:イン・ア・サイレント・ウェイ/イクトゥス/カタ(エスビェア・アンサンブル/オースティン)

    現代デンマークで繁栄している音楽を見ると、たくさんの才能がひしめき合っているため、どんな事でも可能であるような錯覚を覚えるかもしれません。中でも傑出した才能を有しているのがこのオルセンです。彼の審美眼の確かさはここに収録された4つの作品にも明らかです。様々な音をあちこちに置いてその価値を一つ一つ確かめるかのような「イン・ア・サイレント・ウェイ」は偏執的で倒錯的な快感にまみれたい時に良い音楽のような気がします。伝統にとらわれない新しいものを探すことの喜びを。(2009/03/18 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226525

  • 詳細

    セアンセン:影の国(エスビェア・アンサンブル/ヘッセン)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.224075

  • 詳細

    セアンセン:ルーセンバード/パントマイム/ファンタジア・アパッショナータ(ギスリンジェ/ステンハンマル四重奏団/エスビェア・アンサンブル)

    漠然として捉えどころのない音楽でありながら、確かな存在感を放つセアンセンの作品。このアルバムには、三部作「蝶々」の中の2つの作品がメインに収録されています。ミニョン(8.226134に収録)、ローゼンバッド、パントマイム、この三つの作品で構成された「蝶々」には恐怖、希望、郷愁を主題とした共通の音楽素材が用いられており、ピアノが重要な働きを担っています。ここでピアノを演奏しているのは、セアンセンの妻ギスリンジェ。北欧を代表するピアニストである彼女は、独奏曲「ファンタジア・アパッショナータ」でも夢幻的な演奏を聴かせます。(2018/05/25 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226135

  • 詳細

    ノアゴー:情景(マルティネス/エスビェア・アンサンブル/スンドクヴィスト)

    ノアゴーによるパーカッションを中心とした音楽集です。東洋的神秘主義と、エキゾチックなリズムによる、まさに自然を超越したかのような不思議な響きがたまりません。パーカッションと一口に言っても、その音色は様々で、ヴィヴラフォンやミュージック・ソウ(音楽のこぎり)など、メロディックなものも含まれます。
    アラベスクと3つの情景は、才能あるパーカッション奏者、マルツィネスのために書かれています。音の羅列から生み出される美をお楽しみください。(2012/09/19 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226092

  • 詳細

    ノアゴー:ハープとアンサンブルのための作品集(レーリング/エスビェア・アンサンブル)

    ペル・ノアゴー(1932- )はカール・ニルセン以降のデンマークで最も重要な作曲家です。彼はハープの響きがことのほかお気に入りで、独奏曲、室内楽曲を含め40以上の作品で使用して。しかしその音色の使い方はとても独創的で、私たちがイメージするロマンティックな音とはかなり異なったもので、全く違う楽器の音のようにも聞こえるでしょう。ノアゴーは、その年代によって作風がかなり変化した人ですが、ここに収録された作品にもそれは顕著に表れています。聖母マリアへの讃歌からタイトルをとった「いばらの茂みを」での壮大なアンサンブル、テレビ放送用の劇につけられた「ヘッダ・ガブラー」での多様な音楽(民謡風な部分が印象的)などハープを愛したノアゴーならではの興味深い音が楽しめます。(2007/10/17 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226039

  • 詳細

    ブルーン:海の手紙/全ての生きとし生ける物とともに鳴らす銀の鐘/反射する波(エスビェア・アンサンブル/スンドクヴィスト)

    ブルーン(1968-)の音楽は一言では語り尽くせないほどの多様性を秘めています。彼は1989年に作曲の勉強を始め、同時に大学では哲学を学びました。1991年から1997年にはデンマーク王立音楽大学で、ノアゴーとラスムッセンからも教えを受けています。声楽作品と、アンサンブルのための作品を得意としていて、このアルバムには彼の真骨頂とも言える曲が収録されています。アンサンブルの指揮は、NAXOSでもおなじみのスンドクヴィスト。どの曲も一度聴いたら忘れられないほどの強い印象を残しますが、中でもメゾ・ソプラノとアンサンブルのための「全ての生きとし~」のロルカの詩を元にした歌曲集は、その強烈な音色と言葉遊びがユニークです。(2011/05/25 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226553