Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



パリ国立歌劇場管弦楽団

Search results:18 件 見つかりました。

  • ダンサーズ・ドリーム ルドルフ・ヌレエフの偉大なるバレエ作品[DVD]

    (2011/05/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107209

  • ドリーブ:バレエ「コッペリア」全2幕[DVD]

    あくまでもエレガントで俊敏な動き。若きダンサーたちの眩しくも美しい肢体は見る者の心を捉えます。それはドガが描いた少女の姿をも彷彿させます。この公演は1870年5月25日に行われた初演…ナポレオン3世と皇后ウジェニー・ド・モンティジョも臨席した…を再現したもので、古き良き伝統を踏まえつつ、かつ現代的な再演出も施されているため、完成度が高い舞台が表出されています。(2011/05/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107231

  • モーツァルト:歌劇「魔笛」全曲[DVD]

    全世界中で愛されているモーツァルトのオペラ「魔笛」。無邪気でメルヘンチックな外観の中に、複雑な内容を秘めていることでも知られています。このイヴァン・フィッシャーの演奏は、レシュマンのふくよかで美しいパミーナ、草食系王子ベチャーラ、見ているだけでも楽しいロートのパパゲーノ、ベテランの底力を見せつけるサルミネンのザラストロ、何より若々しい張りのあるランカトーレの夜の女王・・・と、素晴らしいキャストを揃え、目の覚めるように鮮やかな舞台装置を用いて、この名作を完全に再現しています。2001年パリオペラ座ライヴ収録/収録時間:158分/音声:ステレオ2.0/ドルビー・デジタル5.1サラウンド(DVD)/字幕:独・英・仏・西・伊/画面:16:9(2011/09/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107233

  • プロコフィエフ:歌劇「3つのオレンジへの恋」全曲[DVD]

    超現実的でまるでおとぎ話のようなプロコフィエフのこの作品は、プロコフィエフが亡命先のニューヨークで書いたもので、彼自身「アメリカ人の好みを考慮して」わかりやすく書いたというように、全編聴きやすいメロディが横溢しています。とりわけ「行進曲」と「スケルツォ」が良く知られていますが、どの曲も軽快で抒情的な部分もあり、そして彼らしい皮肉もたっぷり。荒唐無稽さを的確に表現した映像も魅力です。カンブルランの入念な指揮が冴えます。(2011/05/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107241

  • リヒャルト・シュトラウスBOX[DVD,7Discs]

    2014年に生誕150周年を迎えるリヒャルト・シュトラウス。後期ロマン派を代表する音楽家であり、また数々の交響詩や歌劇の斬新な作風は、当時の音楽界に大きな衝撃を与えたものでした。このBOXには、そんなシュトラウスの7つの歌劇映像が収録されています。収録年代も幅広く、古いものでは、カール・ベームの伝説的な「ナクソス島のアリアドネ」から、新しいものは2011年の「ダナエの愛」とほぼ50年に渡り、歌劇演出の変遷も感じることができる画期的なセットとなっています。「影のない女」での市川猿之助の刺激的な演出も、後世に残るべき伝説を創り上げたものです。シュトラウスの歌劇は、他にもいくつかありますが、衝撃度で言えば「サロメ」「エレクトラ」が頂点であり、それ以降は編成も和声も親密なものになり、「ばらの騎士」や「影のない女」では明らかにモーツァルトへの回帰も見られます。また彼の歌劇の特徴の一つとして、女性の感情表現の巧みさも挙げられるでしょう。名台本作フーゴ・フォン・ホフマンスタールやシュテファン・ツヴァイックとの共同作業によって生み出されたヒロインたちは、どことなくシュトラウスの妻であったパウリーネの面影も抱きながら、その個性を発揮しています。興味深い作品が詰まったこのスペシャル・エディション。どうぞお手元に!(2014/12/24 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107539

  • ベートーヴェン:交響曲全集[DVD]

    スイス、チューリヒ生まれの指揮者フィリップ・ジョルダン(1974-)。同じく指揮者であるアルミン・ジョルダンを父に持つ彼は、幼い頃からピアノ、合唱など音楽に親しみ、地元の音楽院を卒業後多くの歌劇場で経験を重ね、2009年からパリ国立オペラの音楽監督、2014年からはウィーン交響楽団首席指揮者の要職に就きました。このベートーヴェンは、伝統を踏襲しながらも随所に若々しい意欲にあふれた"新感覚"の交響曲全集です。1番、2番といった初期の作品ではハイドン、モーツァルトを思わせる流麗で滑らかなフレーズを歌わせながらも、第3番以降ではベートーヴェンの個性を重視し、強靭な構成力と、各々の曲に横溢する実験的な要素も含め、「これぞ21世紀のベートーヴェン」といった音楽をジョルダンが丁寧に紡ぎだしていく姿が克明に捉えられています。その映像は、現在求め得る最高の品質であり、凝ったカメラワークとともに、目にも楽しいものとなっています。まさに指揮者になるべくしてなったフィリップ・ジョルダン。50分を越えるライナー.E.モーリッツによるドキュメンタリー映像では、幼い頃の思い出から、音楽に対する姿勢、愛情が彼自身によって存分に語られています。彼の目に映った父アルミンの姿や、他の演奏家たちに対する話、また指揮をしている時の厳しさとは違う柔和でユーモラスな表情を見ることができる点でも、興味深いインタヴューとなっています。(2016/09/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109248

  • ベートーヴェン:交響曲全集[Blu-ray]

    スイス、チューリヒ生まれの指揮者フィリップ・ジョルダン(1974-)。同じく指揮者であるアルミン・ジョルダンを父に持つ彼は、幼い頃からピアノ、合唱など音楽に親しみ、地元の音楽院を卒業後多くの歌劇場で経験を重ね、2009年からパリ国立オペラの音楽監督、2014年からはウィーン交響楽団首席指揮者の要職に就きました。このベートーヴェンは、伝統を踏襲しながらも随所に若々しい意欲にあふれた"新感覚"の交響曲全集です。1番、2番といった初期の作品ではハイドン、モーツァルトを思わせる流麗で滑らかなフレーズを歌わせながらも、第3番以降ではベートーヴェンの個性を重視し、強靭な構成力と、各々の曲に横溢する実験的な要素も含め、「これぞ21世紀のベートーヴェン」といった音楽をジョルダンが丁寧に紡ぎだしていく姿が克明に捉えられています。その映像は、現在求め得る最高の品質であり、凝ったカメラワークとともに、目にも楽しいものとなっています。まさに指揮者になるべくしてなったフィリップ・ジョルダン。50分を越えるライナー.E.モーリッツによるドキュメンタリー映像では、幼い頃の思い出から、音楽に対する姿勢、愛情が彼自身によって存分に語られています。彼の目に映った父アルミンの姿や、他の演奏家たちに対する話、また指揮をしている時の厳しさとは違う柔和でユーモラスな表情を見ることができる点でも、興味深いインタヴューとなっています。(2016/09/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109249

  • 「シッダールタ」[DVD]

    フランスのコンテンポラリー・ダンス振付家アンジュラン・プレルジョカージュ(アルバニア語の発音は「プレリオチャイ)がパリ国立オペラ座バレエ団のために制作した4つ目の作品となる「シッダールタ」世界初演の映像。少年時代にヘルマン・ヘッセの「シッダールタ」を読み感銘を受けたという彼によるこの作品は、シッダールタが王位を棄ててから悟りを開くまでの苦悩と挑戦を描きだしており、疫病の犠牲となった人々、大騒ぎする人々を見ての彼の心の葛藤は、「目覚め」を伴う瞑想によって単なる物語を超えた強い感銘をもたらします。才能ある若いフランスの音楽家、ブルーノ・マントヴァーニが担当する形に囚われない音楽と、クロード・レヴェックによる独特な装置もこの作品の本質を鋭く抉り出しています。(2016/09/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109284

  • 「シッダールタ」[Blu-ray]

    フランスのコンテンポラリー・ダンス振付家アンジュラン・プレルジョカージュ(アルバニア語の発音は「プレリオチャイ)がパリ国立オペラ座バレエ団のために制作した4つ目の作品となる「シッダールタ」世界初演の映像。少年時代にヘルマン・ヘッセの「シッダールタ」を読み感銘を受けたという彼によるこの作品は、シッダールタが王位を棄ててから悟りを開くまでの苦悩と挑戦を描きだしており、疫病の犠牲となった人々、大騒ぎする人々を見ての彼の心の葛藤は、「目覚め」を伴う瞑想によって単なる物語を超えた強い感銘をもたらします。才能ある若いフランスの音楽家、ブルーノ・マントヴァーニが担当する形に囚われない音楽と、クロード・レヴェックによる独特な装置もこの作品の本質を鋭く抉り出しています。(2016/09/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109285

  • シェーンベルク:モーゼとアロン[DVD]

    旧約聖書の「出エジプト記」の第3、4、32章を下敷きとしてシェーンベルク自身が台本を作成したこの「モーゼとアロン」。もともとはカンタータ「モーゼと燃える柴」として構想され、様々な変遷を経て最終的に3幕のオペラとして作曲が進められました。1931年に第1幕、その翌年1932年には第2幕が完成するも、第3幕のスケッチをしている時にナチスの迫害によってアメリカに移住。それとともに第3幕の方向性も変化し、逡巡の末、最晩年まで第3幕を推敲したのですが、結局は完成を見ずにシェーンベルクはこの世を去っています。全編十二音技法を駆使して書かれており、演奏はとても困難。もちろん聴き手にも大変な緊張と集中が求められます。その上、カステルッチの演出も非常に大胆かつ難解であり、とりわけ近未来的な装置が置かれた舞台上の裸の女性と、黒いインクをかけられる雄牛、またビデオ・テープで緊縛される男性が何を象徴しているのかを理解するのは困難かもしれません。しかし繰り返して観ることで、ジョルダンが紡ぎ出す音楽の無機質な美しさも含め、全体像が見えてくる壮大で詩的な映像です。/(2017/05/26 発売)

    レーベル名:Bel Air Classiques
    カタログ番号:BAC136