Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ウィーン国立歌劇場管弦楽団

Search results:33 件 見つかりました。

  • SCHOENBERG: Moses und Aron (Vienna State Opera, 2006) (NTSC)

    (2007/05/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101259

  • アリベルト・ライマン:歌劇「メデア」[DVD]

    アリベルト・ライマンは現在、世界で最も重要視されている作曲家の一人です。彼の作品は世界中で演奏され大人気を博しています。この歌劇「メデア」は彼の最新作です。ギリシャ神話に登場する復讐に囚われた女性メデアについての物語は、30名を越える芸術家たちによって、その姿を様々な形で表現されていますが、ライマンの心を捉えたのは、オーストリアの劇作家グリルパルツァー(1791-1872)の戯曲でした。その昔、アルゴ船に乗って金の羊の毛皮を獲りに来たイアーソンに一目惚れした魔女メデアは、彼と結婚することを条件に、毛皮の持ち主である父王アイエーテースを裏切りイアーソンに力を貸しました。しかし、今ではそのイアーソンも彼女を顧みることはありません。遠きコリントスの地において、母国や素性、過去への思いを断ち切るために、思い出の毛皮を埋めるメデア。その上、愛しいイアーソンはコリントス王の娘クロイサと結婚を決意し、メデア自身は国外追放の命を受けます。自らの子どもすら手放さなくてはいけなくなった彼女は、復讐のため、コリントス王とクロイサに火を放ち、自分の子どもたちも手にかけてしまいます。メデアを歌うペーターゼンは、ウィーンで大人気のソプラノです。このようなおどろおどろしい役を歌うかと思えば、フィガロでスザンナを歌ったりと八面六臂の活躍です。また名カウンター・テナー、チェンチッチもスパイスの効いた役回りを演じています。(2011/04/13 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101551

  • アリベルト・ライマン:歌劇「メデア」

    アリベルト・ライマンは現在、世界で最も重要視されている作曲家の一人です。彼の作品は世界中で演奏され大人気を博しています。この歌劇「メデア」は彼の最新作です。ギリシャ神話に登場する復讐に囚われた女性メデアについての物語は、30名を越える芸術家たちによって、その姿を様々な形で表現されていますが、ライマンの心を捉えたのは、オーストリアの劇作家グリルパルツァー(1791-1872)の戯曲でした。その昔、アルゴ船に乗って金の羊の毛皮を獲りに来たイアーソンに一目惚れした魔女メデアは、彼と結婚することを条件に、毛皮の持ち主である父王アイエーテースを裏切りイアーソンに力を貸しました。しかし、今ではそのイアーソンも彼女を顧みることはありません。遠きコリントスの地において、母国や素性、過去への思いを断ち切るために、思い出の毛皮を埋めるメデア。その上、愛しいイアーソンはコリントス王の娘クロイサと結婚を決意し、メデア自身は国外追放の命を受けます。自らの子どもすら手放さなくてはいけなくなった彼女は、復讐のため、コリントス王とクロイサに火を放ち、自分の子どもたちも手にかけてしまいます。メデアを歌うペーターゼンは、ウィーンで大人気のソプラノです。このようなおどろおどろしい役を歌うかと思えば、フィガロでスザンナを歌ったりと八面六臂の活躍です。また名カウンター・テナー、チェンチッチもスパイスの効いた役回りを演じています。(2011/04/13 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101552

  • OPERA HIGHLIGHTS, Vol. 1 (NTSC)

    (2007/05/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102047

  • OPERA HIGHLIGHTS, Vol. 3 (NTSC)

    (2007/07/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102051

  • プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」全曲[DVD]

    プッチーニの最後のオペラである「トゥーランドット」は、未完であるにもかかわらず、彼の最高の作品として評価されています。大胆な和声を用いたエキゾチックな表情を湛えた音楽は、まるで映画音楽のように壮大であり、また永遠に解決することのない男女間の愛の論争も、ここでは一つの美しい解決を見ることになります。主役を歌うトゥーランドットには、圧倒的な存在感と声量が求められますが、稀代のソプラノ、マルトンはその欲求に120%応え、実に見事な姫を演じています。カレーラスのカラフ、リッチャレッリのリューも文句なしです。ここでは指揮者もマゼールもたっぷり目のテンポで、重厚な音楽を丁寧に描きだしています。この名演、終演後の拍手は、なんと45分間も続き、指揮のマゼールと歌手たちに惜しみない賞賛が送られたそうです。熱い熱い上演記録です。1983年ウィーン国立歌劇場ライブ収録/収録時間:139分/音声:ステレオ2.0/字幕:英・独・仏・西・伊・日/画面:4:3(2011/09/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107319

  • プラシド・ドミンゴBOX[DVD]

    最近は指揮者としても活躍中、まだまだ新境地を開拓している現代最高のテノール歌手、プラシド・ドミンゴ(1941-)の名唱を楽しむDVD-BOXです。イタリア物だけでなく、フランス物やドイツ物までの多彩なレパートリーと、陰影のある美しい声、卓越した演技力に加え、颯爽たる舞台姿。どこを取っても素晴らしいの一言です。注意・・・「サムソンとダリラ」のみPAL仕様ですので、パソコン以外の装置では、再生できない場合があります。ご了承ください。《DVD1-2》1988年 サンフランシスコ歌劇場 収録/《DVD3》1983年 ウィーン国立歌劇場 収録/《DVD4》1981年 サンフランシスコ歌劇場 収録/収録時間:本編470分/音声:ステレオ2.0/ドルビー・デジタル5.1サラウンド(DVD)/字幕:独・英・仏・西・伊(100202…英・独・西)/画面:4:3/片面2層ディスク/NTSC…100217&100233/PAL…100202/REGIONCode:0…100217&100233/REGIONCode:2,5…100202(2011/11/09 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107511

  • リヒャルト・シュトラウスBOX[DVD,7Discs]

    2014年に生誕150周年を迎えるリヒャルト・シュトラウス。後期ロマン派を代表する音楽家であり、また数々の交響詩や歌劇の斬新な作風は、当時の音楽界に大きな衝撃を与えたものでした。このBOXには、そんなシュトラウスの7つの歌劇映像が収録されています。収録年代も幅広く、古いものでは、カール・ベームの伝説的な「ナクソス島のアリアドネ」から、新しいものは2011年の「ダナエの愛」とほぼ50年に渡り、歌劇演出の変遷も感じることができる画期的なセットとなっています。「影のない女」での市川猿之助の刺激的な演出も、後世に残るべき伝説を創り上げたものです。シュトラウスの歌劇は、他にもいくつかありますが、衝撃度で言えば「サロメ」「エレクトラ」が頂点であり、それ以降は編成も和声も親密なものになり、「ばらの騎士」や「影のない女」では明らかにモーツァルトへの回帰も見られます。また彼の歌劇の特徴の一つとして、女性の感情表現の巧みさも挙げられるでしょう。名台本作フーゴ・フォン・ホフマンスタールやシュテファン・ツヴァイックとの共同作業によって生み出されたヒロインたちは、どことなくシュトラウスの妻であったパウリーネの面影も抱きながら、その個性を発揮しています。興味深い作品が詰まったこのスペシャル・エディション。どうぞお手元に!(2014/12/24 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107539

  • ポンキエッリ:歌劇「ラ・ジョコンダ」[DVD]

    あの愛らしいバレエ音楽「時の踊り」のみが知られているポンキエッリ(1834-1886)の歌劇「ジョコンダ=陽気な女」。しかし、この物語の内容はあまり知られていません。なぜならば上演の機会がとても少ないからです。この作品、ヒロインには特定の名前は与えられておらず、全ての出来事は彼女の周囲で起きるのみ。彼女が心惹かれた人エンツォは他の女性ラウラに思いを寄せており、また彼女に執拗にまとわりつく悪役バルナバは、振られた腹いせに復讐を企みます。エンツォへの怒り、そしてラウラへの嫉妬…これらを全て胸に収め、最後は自ら命を絶つことで全てに幕を下ろす彼女。確かに通常のヒロインとは違う宿命を背負わされた女性を、エヴァ・マルトンが強靭な声で演じるのです。ドミンゴ演じる一本気なエンツォもさることながら、バルナバ役で渋い魅力を放つマヌグエラからも目が離せません。アダム・フィッシャーの指揮棒から紡ぎだされるウィーン歌劇場管弦楽団の芳醇な音色も、この悲劇に花を添えています。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109088

  • ポンキエッリ:歌劇「ラ・ジョコンダ」[Blu-ray]

    あの愛らしいバレエ音楽「時の踊り」のみが知られているポンキエッリ(1834-1886)の歌劇「ジョコンダ=陽気な女」。しかし、この物語の内容はあまり知られていません。なぜならば上演の機会がとても少ないからです。この作品、ヒロインには特定の名前は与えられておらず、全ての出来事は彼女の周囲で起きるのみ。彼女が心惹かれた人エンツォは他の女性ラウラに思いを寄せており、また彼女に執拗にまとわりつく悪役バルナバは、振られた腹いせに復讐を企みます。エンツォへの怒り、そしてラウラへの嫉妬…これらを全て胸に収め、最後は自ら命を絶つことで全てに幕を下ろす彼女。確かに通常のヒロインとは違う宿命を背負わされた女性を、エヴァ・マルトンが強靭な声で演じるのです。ドミンゴ演じる一本気なエンツォもさることながら、バルナバ役で渋い魅力を放つマヌグエラからも目が離せません。アダム・フィッシャーの指揮棒から紡ぎだされるウィーン歌劇場管弦楽団の芳醇な音色も、この悲劇に花を添えています。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109089