Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



コロンヌ管弦楽団

Search results:5 件 見つかりました。

  • 詳細

    エル=コーリー:嵐/断片化された空間/夜の詩/愛の歌(ドゲ/プラッツ/P. ヤルヴィ/イェンセン/ガッティ/コールマン)

    レバノン出身の作曲家エル=コーリーは、自身の作品の中にしばしばレバノンの風景を描き出します。演奏会序曲「嵐」には、混沌とした自然現象や、雷の閃光、劇的な嵐などが巧みに音楽に取り入れられていますが、決してベルリオーズやリヒャルト・シュトラウスのような物理的な風景ではなく、エル=コーリーが少年時代から感じていた嵐の時の心理的恐怖が反映されています。この作品はパリ管弦楽団の委嘱によって書かれ、2013年シーズンのオープニング・コンサートでパーヴォ・ヤルヴィによって初演されました。交響詩「空間の断片」は、ダニエレ・ガッティとフランス国立管弦楽団による“ベートーヴェン交響曲全曲演奏会”のための現代作品委嘱作。ベートーヴェンと同じ楽器編成で作曲することが求められ、この曲は第2番と第6番の間に演奏されました。ピエール・ランパル没後10年の記念に書かれた「夜想の詩」、リヒャルト・シュトラウスの「四つの最後の歌」をモデルに書かれた「愛の歌」と、この1枚で多才な作曲家エル=コーリーの様々な作品を聴くことができます。(2017/06/23 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573617

  • 詳細

    エル=コーリー:管弦楽作品集(コロンヌ管/デルヴォー)

    レバノンの出身でパリで修行を積んだ、エル=コーリーの管弦楽曲集の第2弾です。彼の音楽は、明らかにヨーロッパ流の旋律やリズムとは異質な感覚に満たされていますが、単なるエキゾティシズムやオリエンタリズムの垂れ流しとは異なり、エル=コーリーという坩堝で様々な要素が渾然一体となった、極めて個性的な世界をなしているといえましょう。当盤は作品番号の若い曲が含まれ、エル=コーリーの音楽の成熟の過程をうかがえる内容となっています。また演奏が、往年のレコード時代からの懐かしい名前であり、作曲者自身とも縁がある(2の被献呈者)デルヴォーの指揮によることも、大いに注目されるところです。Forlaneレーベルの再発売盤です。(2006/06/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557691

  • 詳細

    エル=コーリー:メディテーション・パシティーク/ピアノ協奏曲/詩曲第1番,第2番(プーレ/ライヴリー/コロンヌ管/デルヴォー)

    (2009/03/12 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557692

  • 詳細

    ビレット・アーカイヴ・エディション 11 - サイグン:ピアノ協奏曲第1番/12の前奏曲/フランセ:ピアノ・ソナタ/アルカン:鉄道

    今でこそ、トルコの作曲家アフメト・アドナン・サイグンの作品は、耳にする機会が比較的多いのですが、この演奏が行われた1958年当時は、まだまだ広くは認められていませんでした。そんな彼のピアノ協奏曲を堂々たる身のこなしで演奏したのが、17歳の若きピアニスト、イディル・ビレットだったのです。サイグン自身の指揮と彼女の演奏により、この曲の持つ雄弁な表現法と、独創的で知的なイディオムが広く知れることとなり、聴衆たちは、作曲家と演奏者ともどもに熱い拍手を送ったのです。また、フランス屈指の技術を持つオーケストラ・コロンヌの役割も大きなもので、このような新しい音楽を演奏すること自体、冒険であったはずですが、彼らは期待以上の働きをしています。サイグンの信頼を得たビレットは、ソロ作品でも素晴らしい演奏をしていて、それは「12の前奏曲」で目の当りにすることができるでしょう。フランセの作品もビレットのために書かれたもので、こちらはウィットに富んだ軽やかな、いかにも「フランス風」の曲。アルカンとバラキレフの2曲は超絶技巧のオンパレード。ビレットでなくしては成立しない1枚といえるでしょう。(2012/02/15 発売)

    レーベル名:Idil Biret Archive
    カタログ番号:8.571288

  • 詳細

    イディル・ビレット - 20世紀ピアノ・エディション

    モーツァルト、ベートーヴェンはもちろんのこと、どんな作品でも完璧に弾きこなすトルコの女性ピアニスト、イディル・ビレット。初期のNAXOSレーベルの立役者でもあった彼女は、現在、各レーベルに散らばっている自らの録音を集約し、「イディル・ビレット・アーカイヴズ」として世に出しています。そんなビレットが最も得意としているのはなんと言っても「現代の作品」であり、デビュー直後からブーレーズやリゲティ作品をバリバリ弾きこなすことで評判を取っていたことでも知られています。この15枚組には、バルトークからストラヴィンスキー、そして前述のブーレーズやリゲティまで、1950年代から2010年代までの演奏が収録されています。彼女の恩師であるヴィルヘルム・ケンプの「バッハ編曲集」や、トルコの作曲家サイグン自身が指揮してバックを務めた協奏曲など、興味深い作品が並んでいます。(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Idil Biret Archive
    カタログ番号:8.501504