Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ヘンデル祝祭管弦楽団

Search results:9 件 見つかりました。

  • HANDEL, G.F.: Admeto (Handel-Festspiele Halle, 2006) (NTSC)

    (2007/04/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101257

  • HANDEL, G.F.: Admeto (Handel-Festival Halle, 2006) (Blu-ray, NTSC)

    (2009/07/15 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101258

  • HANDEL, G.F.: Barockstar (Film, 2009) (NTSC)

    (2010/05/19 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101375

  • ヘンデル・フェスティヴァル:コレクション[8DVD+2CD]

    ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685-1759)は音楽史の中において、数多くの作品を残した作曲家です。42のオペラ、25のオラトリオを筆頭にカンタータ、管弦楽曲、鍵盤のための作品、無数の室内楽、そして宗教曲など、その全容は計り知れないほどです。ARTHAUSレーベルでは「ヘンデル・フェスティヴァル・コレクション」と名づけたBOXを企画し、3つの歌劇作品とヘンデルの生涯を辿るドキュメンタリー映像「バロックスター」を併せて発売します。これを機会にヘンデルの素晴らしい世界に触れてみませんか?(2015/02/25 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107548

  • ヘンデル:歌劇「アドメート」[2DVDs+1BD+2CDs]

    1727年にロンドンで初演された『アドメート』(テッサリアの王アドメート)は、ヘンデル(1685-1759)の生涯におけるオペラ時代の中盤に生まれ、最も成功した作品として知られています。不治の病を患うアドメートを救うために自らの命を投げ出す王妃アルチェステ。題材としてはグルックのオペラ「アルチェステ」と同じものになりますが、ヘンデルの作品は技巧的なアリアを駆使したエンタテインメント性の高いものとなっています。バロック・オペラの最近の傾向に洩れず演出は現代的です。清潔な病院、エンジン音を轟かせて舞台に登場する車、最新の衣装、など一体いつの話?と頭が混乱するかも知れませんが、愛する人を想う気持ちはいつの世も同じ。いつしか物語に同化してしまいます。アドメート役のレクスロートは数々の舞台で高い評価を受けるカウンターテノール。高い技術には驚くばかりです。 長いお話ですが、見どころ聴きどころが満載。片時も飽きることがありません。この2006年のヘンデル祝祭音楽祭での収録が世界初映像となりますが、今回は、DVDとBlu-ray、そしてCDをセットし、この作品を多角的に楽しんでいただける企画となっております。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109067

  • 詳細

    ヘンデル:アリア集(ケーラー/ヘンデル祝祭管/アーマン)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C10547

  • 詳細

    ヘンデル:アリア集(コヴァルスキー/C.P.E. バッハ室内管/ヘンヒェン)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C71024

  • 詳細

    ヘンデル:ソロ・カンタータ集/オペラ・アリア集(ケーラー)

    ヘンデルが活躍した当時のローマでは、法王がオペラの上演を禁止してしまいました。そこでヘンデルは偉大なるA.スカルラッティのスタイルを用い、カンタータの形を借りて、歌手たちが活躍できる場を作り上げました。彼の書いた数多くのイタリア語によるカンタータは、当時有名だった歌手たちの声域に適していて、彼らは思う存分美声を張り上げることができたのです。その歌の多くは、通奏低音のみを伴う小規模なものですが、ごく一部の作品は壮麗な管弦楽をバックに歌われます。ここで活躍する2人の男声アルト歌手、コヴァルスキーとケーラーは各々全く違うアプローチでヘンデルのアリアに臨み、素晴らしい解釈を与え、この難しいアリアを現代に蘇らせています。(2010/04/21 発売)

    レーベル名:Phoenix Edition
    カタログ番号:Phoenix404

  • 詳細

    モーツァルト/ロッシーニ/ビゼー/グノー:テノールのためのオペラ・アリア集(アライサ)

    1950年、メキシコ生まれの名テノール、フランシスコ・アライサの名唱集です。彼は1977年にチューリッヒの歌劇場のレギュラーメンバーを皮切りに、1988年にはウィーン国立歌劇場の「宮廷歌手」になり、同時に世界の歌劇場で大活躍してきました。またモーツァルトとロッシーニの名解釈者として知られ、その明るく輝かしい声は多くのファンに愛されています。ここでは違った年代の歌唱が収められており、脂の乗り切った80年代後半の歌から、ヘビーなレパートリーとして選んだという2007年の「ワルキューレ」まで声の変遷を聴くことができます。例えば同じワーグナーでも1990年の「ローエングリン」と2007年の「ワルキューレ」での声質の違いや表現力の細やかさの違いを聞き分けるのも一興でしょう。(2014/01/22 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SM194