Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



イングリッシュ・ノーザン・フィルハーモニア

Search results:22 件 見つかりました。

  • 「音楽の旅」シリーズ - 「ロンドン」ロンドン、オックスフォードの音楽の旅 *日本語解説書付き[DVD]

    (2004/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.110501

  • 死の舞踏集 - 背筋も凍る恐いクラシック -

    (2010/03/17 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557930-31

  • クラシック・メディテーション

    (2010/08/18 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570364-65

  • 詳細

    アニマルズ・イン・ミュージック

    何世紀もの間、作曲家たちは動物の姿を音楽に写しだすことで、作品に色彩と品格をもたらしました。もちろん動物たちはメシアンの「鳥のカタログ」のように、丁寧にあからさまに描写されていることもあれば、シベリウスの「トゥオネラの白鳥」のような死を示唆したものや、サン=サーンスの「ピアニスト」のように強烈な皮肉を込められたものもあります。人間と動物が自然に共存できる世界は、なんと喜ばしいことでしょう。(2014/12/24 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.578281-82

  • 詳細

    イギリスの弦楽小品集 2 (イングリッシュ・ノーザン・フィルハーモニア/ロイド=ジョーンズ)

    弦楽合奏王国イギリスより、爽やかな珠玉の作品たちをお届けします。比較的ライトなものからどっしりとした本格派まで、様々なスタイルの作品が収録されていますが、どの曲もしなやかに、そして豊かに歌う弦楽器の特性を存分に活かしきり、紳士の国の品らしい上品な美しさに貫かれていて、聴くものの耳を魅了します。特に1曲紹介するならば、自由な形式の作品が多い中で異彩を放っている、クラシック色の強いウッドの「幻想協奏曲」でしょうか。相当にヴィルトゥオジックな書法も駆使した力作で、第3部での対位法的展開なども見事です。BGMとしても最高級品ばかりですが、秘曲マニアの方にも強くおすすめしたい一枚です。(2001/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555068

  • 詳細

    ベスト・オブ・ヴォーン・ウィリアムズ

    のどかな田園風景から敬虔なる大聖堂、そして映画音楽を思わせる豊かな響き。それらを全て持ち合わせたイギリスの国民的作曲家、ヴォーン・ウィリアムズ。この1枚には彼の音楽の聴きどころがぎっしり詰まっています。押しつけがましさは一切ないのに、いつの間にか心に棲みついている・・・そんなさりげなさが愛おしい音楽の数々をどうぞお楽しみください。(2008/08/06 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.556835

  • 詳細

    ヴォーン・ウィリアムズ:仮面劇「ヨブ」/揚げひばり(イングリッシュ・ノーザン・フィルハーモニア/ロイド=ジョーンズ)

    ヴォーン=ウィリアムズは英国音楽の近代から現代への橋渡し役を担い、いかにもイギリス的な穏健な作風のイメージがありますが、ラジカルな音楽に走る時期もありました。その成果の一つが旧約聖書から題材をとった「ヨブ」で、ブラスのマッシブな圧力が聴き手を押し潰さんばかり。かと思うと涙線をゆるめてくれるパヴァーヌがあったりと、多彩な楽しさ限り無し。田園風景の中、天空を自由自在に舞うヴァイオリン独奏がこよなく美しい、定評ある名曲「揚げひばり」と共にどうぞ。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553955

  • 詳細

    ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲/チェロ協奏曲(ドン=スク・カン/ティム・ヒュー/ダニエル)

    ウォルトンのヴァイオリンとチェロの両協奏曲は、それぞれの楽器で20世紀を代表する大演奏家であるハイフェッツとピアティゴルスキーのために作曲されたものだけあって、楽器の能力を最大限生かした大変な力作です。それだけに技巧的なパッセージの難度には凄まじいものがありますし、さらにはウォルトンのオーケストラ書法が極めて充実しているため、音楽としてはかなり大仕掛けな部類のものといえましょう。しかし一聴してわかるように、楽曲全体は華やかさよりもむしろメランコリックな色が支配的で、いかにもイギリス紳士の手による、アダルトな雰囲気の漂う音楽となっており、聴けば聴くほど味のある逸品です。 (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554325

  • 詳細

    ウォルトン:交響曲第1番/パルティータ(イングリッシュ・ノーザン・フィルハーモニア/ダニエル)

    20世紀イギリスの名作曲家ウォルトンは遅筆で知られた人でしたが、その中でもとりわけ苦労したのが第1交響曲でした。書いては止まり、止まっては変更して3年半。でき上がった作品は恐ろしくエネルギッシュな傑作となりました。管弦楽のためのパルティータは第1交響曲から約20年後に指揮者セルの依頼で作られた作品です。当時スランプと噂されていたウォルトンが、持ち前のオーケストレーションの妙技を駆使して仕上げ、反証したと言われています。両端楽章の推進力は凄じく、特に終曲は「リズムのドンチャン騒ぎ」です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553180

  • 詳細

    ウォルトン:交響曲第2番/ヴィオラ協奏曲/ヨハネスバーグ祝祭序曲(トムテル/イングリッシュ・ノーザン・フィルハーモニア/ダニエル)

    ウォルトンの交響曲は2曲しかありませんが、第1番が有名で、第2番は陰に隠れた存在です。しかし58才で作曲されただけあって円熟した技法が盛りこまれており、特に終楽章のパッサカリアは傑作で、徐々に盛り上がり、息詰まるコーダーが待っています。「ヴィオラ協奏曲」はこの独奏楽器のための貴重なレパートリーと言えます。また珍しい「ヨハネスバーグ祝祭序曲」もウォルトンならではの躍動的な作品。新鮮な演奏による好録音です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553402