Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



クルマン, エリザベート

Search results:6 件 見つかりました。

  • アリベルト・ライマン:歌劇「メデア」[DVD]

    アリベルト・ライマンは現在、世界で最も重要視されている作曲家の一人です。彼の作品は世界中で演奏され大人気を博しています。この歌劇「メデア」は彼の最新作です。ギリシャ神話に登場する復讐に囚われた女性メデアについての物語は、30名を越える芸術家たちによって、その姿を様々な形で表現されていますが、ライマンの心を捉えたのは、オーストリアの劇作家グリルパルツァー(1791-1872)の戯曲でした。その昔、アルゴ船に乗って金の羊の毛皮を獲りに来たイアーソンに一目惚れした魔女メデアは、彼と結婚することを条件に、毛皮の持ち主である父王アイエーテースを裏切りイアーソンに力を貸しました。しかし、今ではそのイアーソンも彼女を顧みることはありません。遠きコリントスの地において、母国や素性、過去への思いを断ち切るために、思い出の毛皮を埋めるメデア。その上、愛しいイアーソンはコリントス王の娘クロイサと結婚を決意し、メデア自身は国外追放の命を受けます。自らの子どもすら手放さなくてはいけなくなった彼女は、復讐のため、コリントス王とクロイサに火を放ち、自分の子どもたちも手にかけてしまいます。メデアを歌うペーターゼンは、ウィーンで大人気のソプラノです。このようなおどろおどろしい役を歌うかと思えば、フィガロでスザンナを歌ったりと八面六臂の活躍です。また名カウンター・テナー、チェンチッチもスパイスの効いた役回りを演じています。(2011/04/13 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101551

  • アリベルト・ライマン:歌劇「メデア」

    アリベルト・ライマンは現在、世界で最も重要視されている作曲家の一人です。彼の作品は世界中で演奏され大人気を博しています。この歌劇「メデア」は彼の最新作です。ギリシャ神話に登場する復讐に囚われた女性メデアについての物語は、30名を越える芸術家たちによって、その姿を様々な形で表現されていますが、ライマンの心を捉えたのは、オーストリアの劇作家グリルパルツァー(1791-1872)の戯曲でした。その昔、アルゴ船に乗って金の羊の毛皮を獲りに来たイアーソンに一目惚れした魔女メデアは、彼と結婚することを条件に、毛皮の持ち主である父王アイエーテースを裏切りイアーソンに力を貸しました。しかし、今ではそのイアーソンも彼女を顧みることはありません。遠きコリントスの地において、母国や素性、過去への思いを断ち切るために、思い出の毛皮を埋めるメデア。その上、愛しいイアーソンはコリントス王の娘クロイサと結婚を決意し、メデア自身は国外追放の命を受けます。自らの子どもすら手放さなくてはいけなくなった彼女は、復讐のため、コリントス王とクロイサに火を放ち、自分の子どもたちも手にかけてしまいます。メデアを歌うペーターゼンは、ウィーンで大人気のソプラノです。このようなおどろおどろしい役を歌うかと思えば、フィガロでスザンナを歌ったりと八面六臂の活躍です。また名カウンター・テナー、チェンチッチもスパイスの効いた役回りを演じています。(2011/04/13 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101552

  • 詳細

    ミヒャル・ギーレン・エディション 6 - マーラー:交響曲第1番 - 第10番/管弦楽伴奏歌曲集(ギーレン)(1988-2014)

    2017年7月20日に生誕90年を迎えたドレスデン生まれの指揮者、ミヒャエル・ギーレンの集大成BOXの第6集。冷徹、完璧と称されるギーレンの特徴が最も味わえるのは、なんといってもマーラーの交響曲でしょう。複雑なスコアを隅々まで見通し、鮮烈な響きの音楽として聴かせる手腕は他の指揮者の追随を許しません。とりわけ「交響曲第7番」はギーレンの十八番。この1993年の録音は、第3楽章のスケルツォをはさむ「2つの夜の音楽」でのコントラストが聴きもの。興奮に満ちた音楽が展開されていきます。ギーレンによるマーラーの交響曲は、最初に1曲ずつ分配で発売され、その後、1988年から2003年までの録音がBOX化されていますが、今回の新装BOXには、2004年以降の録音も含まれた完全盤。また歌曲集には《さすらう若人の歌》と《リュッケルトの詩による5つの歌》の初出音源も含みます。そしてこのBOXで初めてお目見えするのは、2003年収録の「交響曲第9番」の映像です。この演奏はギーレンにとっても快心の出来であり、彼が尊敬していたクレンペラーに捧げたもの。この演奏会にはクレンペラーの娘ロッテも招待されていましたが、病床にあった彼女は出席することができず、奇しくもコンサートの翌日にこの世を去ってしまいました。ブックレットにはこれらのエピソードも収録されるなど(英語、ドイツ語)、ギーレン・ファンにとって必携のBOXとなっています。(2017/09/22 発売)

    レーベル名:SWR Classic
    カタログ番号:SWR19042CD

  • 詳細

    ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス(キューマイアー/クルマン/パドモア/ミュラー=ブラッハマン/バイエルン放送合唱団&交響楽団/ハイティンク)

    この「ミサ・ソレムニス(荘厳ミサ曲)は、もともとはベートーヴェン(1770-1827)の庇護者であった、ルドルフ大公の"大司教就任祝いのための厳粛なミサ"として書き始められたのですが、ベートーヴェンの構想があまりにも壮大であったため、就任式に間に合わず、結局のところ5年後の1823年にようやく完成したという大作です。全ての楽章が緊密な関係を持ち、全体が統一されたこの作品は随所に見事な対位法が用いられ、またサンクトゥスでは独奏ヴァイオリンが活躍するなど、内容も音楽も充実したベートーヴェン晩年の傑作として讃えられています。BR KLASSIKレーベルとしても初となる、この「ミサ・ソレムニス」の演奏を担うのは、当時85歳のベルナルト・ハイティンクです。ハイティンクと言えば、2013年録音のハイドン「天地創造」でも、見事な世界の始まりを体感させてくれましたが、このベートーヴェンでは更なる高みと深みに到達した彼の姿を知ることになるでしょう。(2015/05/27 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900130

  • 詳細

    ベートーヴェン/ブルックナー/ハイドン/マーラー:合唱と管弦楽作品集(バイエルン放送合唱団&交響楽団/ハイティンク)

    2019年3月4日 ハイティンク90歳の誕生日を祝して!ハイドン「四季」は初出!アムステルダム出身、オランダが誇る大指揮者ハイティンク。1961年から1988年まで長きに渡り、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者を務め、楽団の発展に力を尽くしました(1960年代から70年代にかけて、コンセルトヘボウ管と完成させたマーラーの交響曲全集は、当時巻き起こった“マーラー・ブーム”の潮流に乗って多くの人に愛された名演です)。1980年代頃までは「正統的、かつ穏当な解釈をする指揮者」として評価されていましたが、21世紀になってから、ライヴ録音が広く知られるようになり「熱い指揮者」としても認知され、現代を代表する巨匠としての地位を確立しました。バイエルン放送交響楽団とは長い間良好な関係を築いており、このBOXに収録された音源でも、ハイドン、ベートーヴェン、ブルックナー、マーラーとウィーン古典派からロマン派の音楽で目覚ましい演奏を披露。なかでもハイドンの「四季」は今回初収録の音源であり、大規模な声楽パートを操り、躍動的で生き生きとした音楽を紡ぎ出しています。(2019/03/15 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900174

  • 詳細

    ワーグナー:楽劇「ラインの黄金」(フォッレ/クルマン/コニエツニ/ウルリヒ/バイエルン放送響/ラトル)

    全ヨーロッパが注目した、バイエルン放送とサイモン・ラトルによる「ラインの黄金」(コンサート形式)の登場です。リハーサル風景も映像で公開されていたり、またベルリン・フィルとの演奏が素晴らしかっただけに期待値が高かったりと、何かと話題になったこの演奏です。現在考えられる最上のキャストを揃え、万全の体制で行われたこの「ラインの黄金」は、ラトルの的確な指揮とバイエルン放送交響楽団のいぶし銀のようなまろやかな音色…序曲の豊かな響きを聴くだけでもこの演奏が極上であることを確信するでしょう…を得て、これ以上望むべくもないワーグナー(1813-1883)が表出されています。(2015/10/28 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900133