Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ペンティネン, ローランド(1963-)

Search results:6 件 見つかりました。

  • CHOPIN AT THE OPERA (Documentary, 2010) (NTSC)

    その短い生涯に、一度もオペラを書くことはなかったにせよ、ショパンにおいてオペラというものは「最も高貴な芸術」であったのです。彼はペッリーニやドニゼッティの美しいメロディに憧れ、その「歌う」という行為をそのままピアノ演奏においても追求したのです。(これらのアリアは名歌手カサロヴァによって歌われます)この映像は、ある晩秋の一週間、ジョルジュ・サンドの城に集まったショパンの専門家、ピアニスト、声楽家たちが共に生活し語り合いながら、また音楽を演奏しながら、ショパンのオペラ体験について掘り下げてゆく姿を追ったものです。ショパンの生前、彼の親しい友人であったポーリーヌ・ヴィアルドがマズルカを歌曲にしており、こちらもここで歌われ、少しずつ、ショパンのピアノ曲がオペラ・アリアとして変貌していく様子を見ることができます。完成した一連の作品はボーナス映像でご覧ください。(2010/10/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101513

  • レーガー:ヴァイオリン・ソナタ Op.22/ヴァイオリンとピアノのための組曲 Op.103a

    (2008/02/06 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777296-2

  • 詳細

    エリアッソン:ヴァイオリンとピアノと弦楽オーケストラのための二重協奏曲/弦楽のためのシンフォニア(ヴァリン/ペンティネン/スウェーデン放送響/グスタフソン)

    (2008/12/10 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777334-2

  • 詳細

    ブゾーニ:ピアノ作品集(ペンティネン)

    ブゾーニはイタリアの作曲家ですが、母方の祖父はドイツ人であり、彼自身もバッハとモーツァルトに深く傾倒していました。ピアニストとしても才能に恵まれた彼は、先人の作品を研究し、自分自身の創造性を高める目的で、これらを編曲。新たな表情を持たせたのです。中でもよく知られているのが、J.S.バッハ作曲「無伴奏ヴァイオリンのためのシャコンヌ」のピアノ編曲でしょう。この曲は、ブラームスなど他の作曲家もピアノ独奏への編曲を試みていますが、やはり絢爛たる超絶技巧を駆使したブゾーニ版は一歩抜きんでた存在であり、ピアニストの憧れの1曲と言ってもよいだけの風格を備えています。その他のバッハ作品を始め、モーツァルトやショパンのトランスクリプションは、原曲の要素を残しながらも、全く新しいものとして捉えてみてください。ピアニスト、ペンティネンは正統派のレパートリーを極めながらも、このような編曲物も得意とする、「超絶技巧マニア」にとっては嬉しい存在です。ここでも、芯の通った素晴らしい演奏で聴き手を魅了します。(2011/12/14 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777427-2

  • 詳細

    レーガー:ヴァイオリン・ソナタ Op. 3, 41/アルバムの綴り/ロマンス(ヴァリン/ペンティネン)

    43年という、決して長くはない生涯にレーガーは驚くほど多くの作品を残しました(ただし交響曲とオペラは1曲もありません)。その中にヴァイオリン・ソナタは無伴奏も含めて20曲あり、そのどれもが拡張された和声と、精緻な対位法を用いて書かれていて、極めて渋く美しい光を放つものです。このアルバムでは、かなり初期の作品である第2番のソナタが収録されていますが、18歳の時の作品にもかかわらず、すでに分厚い和声と、諧謔的な表情が見える見事な作品となっています。アルバムのページは、ちょっとした風景を切り取ったかのような彼の作品を完璧に演奏するのは至難の業ですが、ヴァーリンとペンティネンは、豊かな表現力でその高い壁を乗り越えています。2つの小品の、ちょっとひねった味わいもレーガーならではのものです。(2012/05/16 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777445-2

  • 詳細

    レーガー:ヴァイオリンとピアノのための作品全集/チェロ・ソナタ全集(ヴァリン/ペンティネン/コルップ/マイスター)

    2016年はレーガー没後100年の記念年ということで様々なアルバムが発売されていますが、こちらはcpoレーベルの2種のシリーズ、ヴァイオリンとピアノのための作品全集と、チェロ・ソナタ全集を併せてBOX化しました。バッハの伝統を継承する数多くのオルガン作品で知られるレーガーですが、ヴァイオリン作品ではより自由な作風が用いられており、時には聴衆や評論家を揶揄するようなフレーズが用いられていたり、また時には敬愛するブルックナーやグリーグの影響も散見される興味深い書法が見られたりと、レーガーの興味深い一面を知ることができます。一方チェロ・ソナタはブラームスを思わせる重厚な響きに満ちた美しい曲。作曲年代にはかなりの開きがありますが、どれも落ち着いた雰囲気を持っています。レーガー作品を積極的に演奏しているヴァリン、コルップの風格ある演奏は、レーガー入門に最適です。(2016/11/23 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:555062-2