Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



チョーリャン・リン(1960-)

Search results:10 件 見つかりました。

  • ヴィヴァルディ:四季

    (2012/03/28 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:NBD0016

  • 詳細

    A TO Z ストリング・プレイヤーズ

    何とも胸躍る4枚組。この中に古今東西の名弦楽器奏者たちの演奏がたっぷりと詰まっています。総勢69名の時代を超えた演奏家たち。演奏スタイルや解釈は時代によって異なりますが根底に流れている音楽への情熱は普遍です。咽び泣く音色、輝かしい音色、これぞ「琴線に触れる音楽」です。じっくりとお楽しみください。650ページを越える解説書(英語のみ)ではアッカルドからズッカーマンまで300人を越える演奏家たちのバイオグラフィが掲載されており価値ある資料として役立つものです。(2014/10/22 発売)

    レーベル名:Naxos Educational
    カタログ番号:8.558081-84

  • 詳細

    ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」(チョーリャン・リン/ニューマン/セジョン)

    誰でも知ってるクラシック音楽賞でもあれば、絶対ノミネート間違いなしの「四季」ですが、この曲集は「和声と創意の試み」というタイトルの曲集の第1~4曲に相当しています。ソネットを掲げ、その内容を描写的に音楽化するということは、文字通り「和声と創意の試み」であり、ヴィヴァルディの旺盛な意欲が込められた作品となっています。絶大な人気は、題材の親しみやすさだけでなく、音楽そのものが優れているからこそといえましょう。当盤はモダン楽器による演奏となっていますが、ベテランのチョー=リャン・リンとアンソニー・ニューマンのコンビが、近年隆盛のピリオド楽器による過激路線に負けない、豊かな表現力を発揮しています。(2007/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557920

  • 詳細

    ゲーバー:室内楽作品集 - ピアノ三重奏曲/二重奏曲/夜想曲/ガーシュウィニアーナ(ニッカネン/チョーリャン・リン/ベロウヒーム/スミス/ビュークナー)

    未知の作曲家のアルバムを手にとり、どんな音楽が聴こえてくるのかに思いを巡らす至福の時。このアルバムは間違いなくそんな楽しい思いを味わうことができるでしょう。ゲーバーは1948年に生まれたアメリカの作曲家で、すでにCHANDOSなどからいくつかのCDをリリース。その多様な作風は世界中のモダニストたちから愛されているのです。ここに収録された作品も、民謡からの引用だったり、過去の作曲家へのオマージュだったりと、その楽想の源は様々です。それに伴い出来上がった音楽も実に幻想的で、聴き手の心を幻惑してやみません。(2009/08/26 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559618

  • 詳細

    シェン:春の夢/3つの幻想曲/チベット人の踊り(チョーリャン・リン/シンガポール・チャイニ-ズ/葉聡)

    中国系アメリカ人作曲家、シェンの作品集です。中国やチベット、あるいはカザフスタンの音楽を素材として用いた、まるで金の糸で織られたような光り輝く音楽は、どこか儚げで夢の中のような響きを持っています。例えば「真夜中のベル」での、絶妙に組み合わされた懐かしい音色の合間をよぎる不安気な音の塊は、聴き手の背中をぞくぞくさせる何かにほかなりません。ともあれ、この特徴的な音は、さまざまな文化が行き交うアメリカにおいて絶大なる人気を誇っています。(2009/03/25 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570601

  • 詳細

    タワー:ヴァイオリン協奏曲/ストローク/チェンバー・ダンス(チョーリャン・リン/ナッシュヴィル響/ゲレーロ)

    アメリカを代表する女性作曲家、ジョーン・タワー(1938-)。彼女はニューヨークのニューロシェルで生まれましたが、9歳の時に家族がラパス、ボリビアに引越したため、少女時代をこの地で過ごしています。この地で過ごした経験は彼女に強い影響を与え、特に打楽器の使い方には独特の感性を見せることとなります。高校生のときにアメリカに戻り、ベニントン・カレッジに入学、その後コロンビア大学で芸術の博士号を取得します。この時期にたくさんの先人たちの音楽の影響を吸収することで、より柔軟なスタイルと作風を構築したのです。彼女は現代音楽を積極的に促進し、自身の作品を発表するために「DA CAPOプレーヤーズ」を設立し、多くの作品を演奏し続けています。このアルバムには比較的最近の3つの作品が収録されています。「ストローク」は彼女の弟(病気のために半身不随)に捧げられた曲で、病に対する怒りが込められたという幾分感情的な作品です。ヴァイオリン協奏曲は、名ヴァイオリニスト、エルマー・オリベイラのために書かれた曲で、印象派風の部分とジャズ風の部分が入り混じる面白い作品です。「チェンバー・ダンス」はオルフェウス室内管弦楽団の委嘱作で、「指揮者を持たないアンサンブル」として知られる彼らの妙技を存分に生かしたコンパクトな作品です。どの曲も明快な筆致と色彩豊かな響きを持つ、アメリカ現代を代表する名作と言えるでしょう。(2015/06/24 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559775

  • 詳細

    タン・ドゥン:アウト・オブ・ペキン・オペラ/死と炎/オーケストラル・シアター II (ヘルシンキ・フィル/タン)

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE864-2

  • 詳細

    チン:二重協奏曲/台湾の四季(チョーリャン・リン/カンザス・シティ響/M. スターン)

    1957年台湾生まれのゴードン・チンは、今日同国を最も代表する作曲家の一人となっています。彼が同じく台湾出身の世界的ヴァイオリニストである、チョー=リャン・リンの求めに応じ作曲したのが、「台湾の四季」です。もともとの依頼が、ヴィヴァルディの「四季」と同じ機会に演奏できるようにという趣旨であり、伴奏が弦楽のみという編成になっています。また元祖と同じように楽曲の内容に対応した、作曲者自作の中国語による詩までついています(英訳がブックレットに掲載)。同時収録の二重協奏曲とともに、作曲者独特の叙情性が前面に出た作風で、直接的な中華風エキゾティシズムの要素は希薄です。(2007/06/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570221

  • 詳細

    ティントナー:ヴァイオリン・ソナタ/ショパンの主題による変奏曲/ピアノ・ソナタ(チョーリャン・リン/ヘレン・ホワン)

    ティントナーといえば、NAXOSのブルックナー交響曲全集でお馴染みのように、指揮者としての顔が一番よく知られているといえましょう。しかし、彼は(特に古い世代の)多くの指揮者と同様に作曲家でもあり、本人も自分を指揮もする作曲家であると考えていたといいます。その作品は、手法の上で斬新な機軸を打ち出したものではありませんが、聴き手の耳を傾けさせる実質的な内容に富んでいます。暗い情熱を湛えたピアノ・ソナタ、演奏効果に富むショパンの主題による変奏曲(胃腸薬のCMで有名なイ長調前奏曲による)、濃厚なロマンティシズムに彩られたヴァイオリン・ソナタなど、いずれもさらなるリヴァイバルを期待させるような作品ばかりです。(2007/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570258

  • 詳細

    ラウス:救われたアルベリヒ/狂喜 /ヴァイオリン協奏曲(グレニー/リン/ヘルシンキ・フィル/セーゲルスタム)

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE1016-2