Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



クヴィエチェン, マリウシュ(1972-)

Search results:12 件 見つかりました。

  • モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》 K527《DVD》

    モーツァルト(1756-1791)の歌劇の中でも最も高い人気を誇る演目の一つが、この「ドン・ジョヴァンニ」です。彼はすでに、容姿や年齢、身分は関係なく、3003人の女性をものにし、これをカタログにしてレポレッロが保存しているというから大したものです。この2014年のロイヤル・オペラ・ハウスでの上演は、流行のプロジェクション・マッピングを効果的に使い、彼の誇る「女性のリスト」を壁面に映し出して見せてくれます。この映像は時折に彼の心情を表現し、悲しい時には一緒に嘆き、酔っ払った時には歪んだ世界を映し出してくれるのです。ドン・ジョヴァンニを歌うマリウシュ・クヴィエチェンは、当代最高の「ドン・ジョヴァンニ」歌手として名声を得ている歌手であり、ここでも納得のいくドン・ジョヴァンニ像を表出しています。もう少しイヤなヤツでもいいかなと思う人もいるかもしれませんが、演出家のホルテンは「ドン・ジョヴァンニの時代には奔放な生活は暗い場所に抑圧されていた」ということで、そういう面は舞台の見えない部分で演じられている模様です。ここでもレポレッロ役のエスポージトの演技は最高。特にコミカルな演技は並ぶ者なしの素晴らしさです。女声陣も素晴らしく、しっとりとしたヴェロニク・ジャンスと迫力たっぷりのマリーン・バイストレム、キュートなエリザベス・ワッツと、現在最高の歌手が熱演しています。指揮のルイゾッティも軽快なモーツァルトを奏でています。(2014/10/22 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OA1145D

  • カロル・シマノフスキ:歌劇《ロジェ王》[DVD]

    異教徒の新しい教えが民衆に広まることを懸念したロジェ王と、その側近の賢者エドリシ。王は教えを広めているという正体不明の羊飼いと会うことにします。しかし、その美しい姿に魅了されてしまったのが王の妻ロクサーナ。一度は辞去した羊飼いが再度宮殿にやってきたとき、ロクサーナをはじめ、宮殿内の全ての人々は自制を失い、やがては彼を追って姿を消してしまうのです。妻を探し求めるロジェ王の前に現れたのは豊穣と狂乱の神ディオニューソスでした。そう、謎の羊飼いはディオニューソスは姿を変えていたのです。最後は神の誘惑に打ち勝ったロジェ王ですが……。12世紀のシチリアに実在した王ルッジェーロ2世をモデルにしたこのオペラ、この中で描かれているのは「異文化、異教の侵入」と、それに踊らされる人々の姿。そして反抗する君主の姿です。本来の幕切れは、全ての人が姿を消し、ロジェ王と側近エドリシのみの2人が残されることになっていますが、ホルテンの演出では、ほんの少しだけ救いが残されています。シマノフスキ(1882-1937)の音楽は神秘的で美しく、第2幕の狂乱の場では恐ろしいまでの官能的な響きを聴くことができます。パッパーノはスコアを丹念に読み解き、この複雑な音を丁寧に拾っていきます。ロジェ王を歌うクヴィエチェンはこの役を当たり役にしている人で、ここでも余裕の歌唱を聴かせます。ロクサーナ役のジャーマンはこれがロイヤル・オペラへのデビュー作となります。衣装、装置はシンプルですが、余分なものがないだけに一層神秘的な雰囲気が際立つ名演です。(2015/12/23 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OA1161D

  • ROYAL OPERA COLLECTION (THE) (2003-2015) (22-DVD Box Set) (NTSC)

    このコレクションは古典から現代まで15の名作オペラを網羅したBOXです。世界有数の歌手、指揮者、そして気鋭の演出家による舞台は、見る者全てを魅了してやみません。/美麗なブックレットに満載の舞台写真、そして凝った装丁によるBOX…ロイヤル・オペラよりオペラを愛する全ての人への贈り物です。(2017/08/30 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OA1244BD

  • PUCCINI, G.: Bohème (La) [Opera] (Royal Opera House, 2017) (NTSC)

    パリの裏町に住むボヘミアンたちの生き生きとした生活や恋を描いた、最も人気のあるオペラの一つ「ラ・ボエーム」。英国を代表する大御所演出家、リチャード・ジョーンズによる新演出が登場しました。本国アメリカのみならず英国ロイヤル・オペラでも確固たる人気を誇るテノール、マイケル・ファビアーノによるロドルフォ。近年人気上昇中のオーストラリア出身ソプラノ、ニコール・カーによる新鮮味あふれるミミ。そして指揮を執るのはロイヤル・オペラハウス音楽監督のアンドレア・パッパーノ。舞台である19世紀パリの様子を再現した新演出は、貧しい芸術家の卵たちの住む世界と華やかなクリスマスの町との鮮やかな対比など、作品の世界観を期待通りに広げてくれる美しいもので、オペラを観る喜びを改めて感じさせてくれます。(2018/10/05 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OA1272D

  • MOZART, W.A.: Nozze di Figaro (Le) / Don Giovanni / Così fan tutte (The Da Ponte Operas) (Royal Opera House, 2006-2016) (5-DVD Box Set) (NTSC)

    ロレンツォ・ダ・ポンテによる自由奔放な物語にモーツァルトがつけた崇高な音楽。この3つの歌劇にはユーモア、ロマンス、ドラマが詰まっています。このBOXにはロイヤル・オペラで上演された話題の舞台が収録されています。(2018/08/24 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OA1275BD

  • モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》 K527《BD》

    モーツァルト(1756-1791)の歌劇の中でも最も高い人気を誇る演目の一つが、この「ドン・ジョヴァンニ」です。彼はすでに、容姿や年齢、身分は関係なく、3003人の女性をものにし、これをカタログにしてレポレッロが保存しているというから大したものです。この2014年のロイヤル・オペラ・ハウスでの上演は、流行のプロジェクション・マッピングを効果的に使い、彼の誇る「女性のリスト」を壁面に映し出して見せてくれます。この映像は時折に彼の心情を表現し、悲しい時には一緒に嘆き、酔っ払った時には歪んだ世界を映し出してくれるのです。ドン・ジョヴァンニを歌うマリウシュ・クヴィエチェンは、当代最高の「ドン・ジョヴァンニ」歌手として名声を得ている歌手であり、ここでも納得のいくドン・ジョヴァンニ像を表出しています。もう少しイヤなヤツでもいいかなと思う人もいるかもしれませんが、演出家のホルテンは「ドン・ジョヴァンニの時代には奔放な生活は暗い場所に抑圧されていた」ということで、そういう面は舞台の見えない部分で演じられている模様です。ここでもレポレッロ役のエスポージトの演技は最高。特にコミカルな演技は並ぶ者なしの素晴らしさです。女声陣も素晴らしく、しっとりとしたヴェロニク・ジャンスと迫力たっぷりのマリーン・バイストレム、キュートなエリザベス・ワッツと、現在最高の歌手が熱演しています。指揮のルイゾッティも軽快なモーツァルトを奏でています。(2014/10/22 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OABD7152D

  • カロル・シマノフスキ:歌劇《ロジェ王》[Blu-ray Disc]

    異教徒の新しい教えが民衆に広まることを懸念したロジェ王と、その側近の賢者エドリシ。王は教えを広めているという正体不明の羊飼いと会うことにします。しかし、その美しい姿に魅了されてしまったのが王の妻ロクサーナ。一度は辞去した羊飼いが再度宮殿にやってきたとき、ロクサーナをはじめ、宮殿内の全ての人々は自制を失い、やがては彼を追って姿を消してしまうのです。妻を探し求めるロジェ王の前に現れたのは豊穣と狂乱の神ディオニューソスでした。そう、謎の羊飼いはディオニューソスは姿を変えていたのです。最後は神の誘惑に打ち勝ったロジェ王ですが……。12世紀のシチリアに実在した王ルッジェーロ2世をモデルにしたこのオペラ、この中で描かれているのは「異文化、異教の侵入」と、それに踊らされる人々の姿。そして反抗する君主の姿です。本来の幕切れは、全ての人が姿を消し、ロジェ王と側近エドリシのみの2人が残されることになっていますが、ホルテンの演出では、ほんの少しだけ救いが残されています。シマノフスキ(1882-1937)の音楽は神秘的で美しく、第2幕の狂乱の場では恐ろしいまでの官能的な響きを聴くことができます。パッパーノはスコアを丹念に読み解き、この複雑な音を丁寧に拾っていきます。ロジェ王を歌うクヴィエチェンはこの役を当たり役にしている人で、ここでも余裕の歌唱を聴かせます。ロクサーナ役のジャーマンはこれがロイヤル・オペラへのデビュー作となります。衣装、装置はシンプルですが、余分なものがないだけに一層神秘的な雰囲気が際立つ名演です。(2015/12/23 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OABD7162D

  • ROYAL OPERA COLLECTION (THE) (2003-2015) (18-Blu-ray Disc Box Set)

    このコレクションは古典から現代まで15の名作オペラを網羅したBOXです。世界有数の歌手、指揮者、そして気鋭の演出家による舞台は、見る者全てを魅了してやみません。/美麗なブックレットに満載の舞台写真、そして凝った装丁によるBOX…ロイヤル・オペラよりオペラを愛する全ての人への贈り物です。(2017/08/30 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OABD7223BD

  • PUCCINI, G.: Bohème (La) [Opera] (Royal Opera House, 2017) (Blu-ray, HD)

    パリの裏町に住むボヘミアンたちの生き生きとした生活や恋を描いた、最も人気のあるオペラの一つ「ラ・ボエーム」。英国を代表する大御所演出家、リチャード・ジョーンズによる新演出が登場しました。本国アメリカのみならず英国ロイヤル・オペラでも確固たる人気を誇るテノール、マイケル・ファビアーノによるロドルフォ。近年人気上昇中のオーストラリア出身ソプラノ、ニコール・カーによる新鮮味あふれるミミ。そして指揮を執るのはロイヤル・オペラハウス音楽監督のアンドレア・パッパーノ。舞台である19世紀パリの様子を再現した新演出は、貧しい芸術家の卵たちの住む世界と華やかなクリスマスの町との鮮やかな対比など、作品の世界観を期待通りに広げてくれる美しいもので、オペラを観る喜びを改めて感じさせてくれます。(2018/10/05 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OABD7248D

  • MOZART, W.A.: Nozze di Figaro (Le) / Don Giovanni / Così fan tutte (The Da Ponte Operas) (Royal Opera House, 2006-2016) (4-Blu-ray Disc Box Set)

    ロレンツォ・ダ・ポンテによる自由奔放な物語にモーツァルトがつけた崇高な音楽。この3つの歌劇にはユーモア、ロマンス、ドラマが詰まっています。このBOXにはロイヤル・オペラで上演された話題の舞台が収録されています。(2018/08/24 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OABD7251BD