Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



デッサウ・アンハルト・フィルハーモニー管弦楽団

Search results:6 件 見つかりました。

  • エンゲルベルト・フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(DVD)

    3幕 グリム童話…原作 アーデルハイト・ヴェッテ…台本
    貧しいほうき職人の夫婦には2人の子どもがいました。それは兄のヘンゼル、そして妹のグレーテル。彼らはある日、留守番をしていたのですが、言いつけられた用をしなかったため母親にこっぴどく叱られてしまいます。そしていちご摘みを命じられた兄妹は森に行き、お約束通り、魔女が作った「お菓子の家」へと行くのですが、もちろん悪い魔女は懲らしめられて、兄妹は両親の元に帰るのです。誰もが知っているグリム童話の中の物語「ヘンゼルとグレーテル」。お菓子の家に憧れを抱いている大きな子どもたちも多いことでしょう。子どものためのオペラですが、作曲したのはワーグナーの弟子でもあるフンパーディンク(1854-1921)。書かれている音楽は想像以上に重厚であり、有名な前奏曲でもわかるとおり、聞きごたえはたっぷりです。ハッピーエンドで終わるため、ヨーロッパでは慣例的にクリスマスに上演される場合が多いのですが、この演出は随所で戦時中の映像が流されるなど、かなり風刺と示唆に富むもの。また父親と魔女が一人二役というところにも深い意味が隠されていることは間違いありません。おとぎ話の持つ残酷さに知らず知らずに気づかされる作品となっています。(2013/10/23 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101321

  • エンゲルベルト・フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(BD)

    3幕 グリム童話…原作 アーデルハイト・ヴェッテ…台本
    貧しいほうき職人の夫婦には2人の子どもがいました。それは兄のヘンゼル、そして妹のグレーテル。彼らはある日、留守番をしていたのですが、言いつけられた用をしなかったため母親にこっぴどく叱られてしまいます。そしていちご摘みを命じられた兄妹は森に行き、お約束通り、魔女が作った「お菓子の家」へと行くのですが、もちろん悪い魔女は懲らしめられて、兄妹は両親の元に帰るのです。誰もが知っているグリム童話の中の物語「ヘンゼルとグレーテル」。お菓子の家に憧れを抱いている大きな子どもたちも多いことでしょう。子どものためのオペラですが、作曲したのはワーグナーの弟子でもあるフンパーディンク(1854-1921)。書かれている音楽は想像以上に重厚であり、有名な前奏曲でもわかるとおり、聞きごたえはたっぷりです。ハッピーエンドで終わるため、ヨーロッパでは慣例的にクリスマスに上演される場合が多いのですが、この演出は随所で戦時中の映像が流されるなど、かなり風刺と示唆に富むもの。また父親と魔女が一人二役というところにも深い意味が隠されていることは間違いありません。おとぎ話の持つ残酷さに知らず知らずに気づかされる作品となっています。(2013/10/23 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101322

  • WAGNER, R.: Tristan und Isolde (Anhalt Theater, 2007) (NTSC)

    (2009/03/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101325

  • 詳細

    クルークハルト:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op. 68/交響曲第3番(デッサウ・アンハルト・フィル/ベルク)

    偉大なるブラームスとブルックナー。この2つの山脈の影にひっそりとそびえるクルクハルトの音楽です。彼はザクセンの一都市ケーテンに生まれ、15歳の時にデッサウに引っ越します。その翌年ピアニストとしてデビューし、1867年からは指揮者として活動を始めます。若き頃は、フランツ・リストに認められ、ワーグナーからも強く影響を受けていたのですが、後にその派閥から離れ、どちらかというとシューベルト、シューマンよりの作風を愛するようになり、伝統的な形式を遵守した音楽へと推移していきます。木管五重奏曲やチェロ協奏曲などは、今までにも僅かに聴く機会がありましたが、このアルバムではヴァイオリン協奏曲と交響曲第3番という珍しい曲が収録されています。ヴァイオリニスト、チョップがこの曲の大ファンとのこと。共感溢れる演奏が楽しめます。(2011/02/16 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777465-2

  • 詳細

    クルークハルト:交響曲第4番/3つの小品 Op. 87 (デッサウ・アンハルト・フィル/ヘルムス)

    ケーテンで生まれ、10歳でピアノを作曲を学び始めたというクルークハルト(1847-1902)。相当才能に恵まれていたようで、1年後には作品を発表し、16歳でデッサウに移住した翌年にはピアニストとしてデビュー。その後は着々と才能を開花させ、ヴァイマールの宮廷劇場を皮切りに、ノイシュトレリッツ、デッサウの宮廷劇場で指揮者として目覚ましい活躍を遂げます。その間ヴァイマールではフランツ・リストに会い、また1876年にバイロイト音楽祭に出かけ「指環」の上演に感銘を受け、1882年にはデッサウの劇場で指揮者として「指環」を演奏しているのですから、こちらもすごい実績と言えるでしょう。彼は交響曲を6曲書いて(最初の1曲は番号なし)いて、この第4番は、まさにワーグナーやリストの後継者の音楽。重厚な響きとライトモティーフが用いられた優れた音楽です。かたやタイトルのない「3つの小品」は、ロッシーニやヴェルディを思わせる気楽な曲。こちらも興味深いものです。(2015/08/26 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777740-2

  • 詳細

    ネルーダ:チェロ協奏曲第1番 - 第5番(アルテンブルク/デッサウ・アンハルト・フィル/ベルク)

    (2006/08/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777192-2