Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ミュラー, ルーファス

Search results:7 件 見つかりました。

  • テレマン:カンタータ集(フリンマー/ミュラー/ヒルトライター/シュワルツ)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C10797

  • 詳細

    テレマン:カンタータ集/ミサ・ブレヴィス(ダス・クライネ・コンツェルト/マックス)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C49498

  • 詳細

    テレマン:序曲(組曲)「ハンブルクの潮の満干」 TWV55:C3/オラトリオ「ハンブルク鎮守府の音楽」(スルス/プシー/ミュラー/ヘルビッヒ)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999373-2

  • 詳細

    バッハ:ルカ受難曲(シュペーゲレ/イヴェン/ミュラー/ベルネ/シュレッケンベルガー/ブレーメン・バロック管/ヘルビッヒ)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999293-2

  • 詳細

    ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(ゴーヴァン/ブレイズ/ミュラー/ポレガート/ターフェルムジーク室内合唱団&バロック管弦楽団/タウリンス)

    ターフェルムジークによる「メサイア」の最新録音です。ヘンデル(1685-1759)独自の様式を持つ孤高の宗教作品である「メサイア」だけあって、この曲を幾度となく演奏してきた彼らにとっても、毎回の演奏が新たなチャレンジとなっていることは間違いありません。この2011年の演奏も、すばらしいソリストたちを交えた白熱のドラマが繰り広げられたもので、聴衆と批評家から大絶賛されています。(2012/11/21 発売)

    レーベル名:Tafelmusik
    カタログ番号:TMK1016CD2

  • 詳細

    ボンド:啓示の道具/フレスコ画と灰/レオポルド・ブルームの帰郷/二進法(ミュラー/ジェニー・リン/ヴィノクール/シカゴ・プロ・ムジカ)

    ヴィクトリア・ボンドはアメリカを拠点とする女性現代作曲家。これまでに「クララ・シューマン」を主人公にしたオペラやオラトリオなどの大規模な作品から歌曲、ピアノ曲まで幅広いジャンルの作品を書き、広く絶賛されています。このアルバムには21世紀になって作曲された4曲の室内楽曲を収録。魅惑的な作品を楽しむことができます。「啓示の道具」は3枚のタロットカードからインスパイアされた楽章で構成された曲。第1曲目は“魔術師”、第2曲目には“大巫女”、第3曲目は“愚か者”とそれぞれ特徴豊かなキャラクターが描かれています。2008年のロサンゼルス美術館の委嘱作「フレスコ画と灰」では、様々な暗喩を音で表現、《ユリシーズ》にインスパイアされた「レオポルド・ブルームの帰郷」、コンピューターの進歩を描いた「二進法」と、どれも時代に即したユニークな音楽です。(2019/04/26 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559864

  • 詳細

    マイヤー:逃れゆくアタランタ(プラット/エヴェーラ/ミュラー/ヴィストライヒ)

    薔薇十字思想の擁護者で、医学と哲学の博士号を持ち、神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世にも仕えたという錬金術師ミハエル・マイヤー。(1569-1622)生没年もはっきりしない彼の代表作「逃げるアタランタ」(1618年出版)は、神話の神々や英雄たちと錬金術の関係性を説くもので、ギリシャ神話に登場する女狩人アタランテをテーマに錬金術の奥義が寓意の形で表現されているのだそうです。この書には50枚の銅版画が掲載され、その一つ一つにラテン語の六行詩と、フーガが添えられています。しかし、その「フーガ」は対位法は駆使されているものの、バッハの作品のような厳格なものではなくあくまでも歌い交わしであり、思想を理解するための補助として考えるのが良いというものなのです。この不可思議な世界に身を浸してみてください。(2015/11/25 発売)

    レーベル名:Claudio Records
    カタログ番号:ClaudioCR5468-2