Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



デンマーク国立室内管弦楽団

Search results:18 件 見つかりました。

  • モーツァルト:交響曲全集

    (2013/12/18 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.201201

  • ホルンボー:室内協奏曲とシンフォニア集[6枚組]

    ユトランド半島のホーセンスで、音楽を愛する商人の家に生まれたホルンボーは、14歳から正式な音楽の勉強を始めてすぐに頭角を顕し、16歳の時にはニールセンの推薦で王立デンマーク音楽院に入学を果たしました。生涯に渡って様々なジャンルによる370点の作品を残し、その中には13曲の交響曲や、20曲の弦楽四重奏曲も含まれています。このコレクションは、ホルンボーの13曲の室内管弦楽のための作品と、4曲のシンフォニアが収録されており、これらは一人、もしくは複数の独奏者を必要とする新古典派の様式で書かれた作品。東欧の民謡からの影響も感じられる落ち着いた雰囲気と明確な旋律線を持っています。4つのシンフォニアは各々別々の作品でありながら、第4番を解体して、第1番から第3番に組み込んだ「一つの作品」としても成立しています。ハンヌ・コイブラは1960年生まれのフィンランドの指揮者。名教師ヨルマ・パヌラに学び、1995年から1999年までデンマーク放送シンフォニエッタの首席指揮者として活躍しました。(2018/05/25 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.206004

  • ワイゼ:代表的作品集

    (2010/10/13 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226105-06

  • 詳細

    シュミット/コッペル/ローゼ/ノアゴー:アコーディオン作品集(モーゲンセン)

    デンマーク生まれの若きアコーディオン奏者ビャルケ・モーゲンセンによるアコーディオンのための協奏曲集です。彼は1985年生まれで、7歳からアコーディオンを演奏し始め、瞬く間に名手と呼ばれるようになりました。彼自身も編曲、作曲を行い、既に何枚かのCDもリリースするなど、その将来を嘱望されています。このアルバムでは4人の作曲家の作品を収録、コッペルとローゼの2つの曲はモーゲンセンのために作曲されたものです。古典的な曲、タンゴ風、ジャズ風と様々な表情を見せる音色に注目してください。アコーディオンの持つ可能性の限界に挑戦するかのような、挑発的でエキサイティングな演奏がたまりません。(2012/05/16 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:6.220592

  • 詳細

    メシアン:合唱作品集(デンマーク国立声楽アンサンブル/デンマーク国立コンサート合唱団&室内管弦楽団/クリード)

    メシアン(1908-1992)の音楽には、多くの暗示と啓示があります。彼が作り出した非凡な情景を味わった後に、人々はいろいろなことを考えることでしょう。このアルバムにはメシアンの3つの代表的な合唱作品が収録されています。オンド・マルトノやピアノ、弦楽、そして多くの色彩的な打楽器と18人のソプラノが織り成すきらびやかな「3つの小典礼」、ルネサンス時代のシャンソンの様式とインドのリズムの融合、そして言葉を巧みに使った「5つのルシャン=繰り返し」、荘厳で神々しい「おお、聖なる饗宴」と、様式は違いながらも、どれも陶酔的で、人知を超越した美しさを持つ作品と言えるでしょう。もちろん演奏はとても困難ですが、名手マルクス・クリードは絶対的なアンサンブルと響きを大切にした上で、声を自由に飛翔させているところがさすがです。(2015/05/27 発売)

    レーベル名:OUR Recordings
    カタログ番号:6.220612

  • 詳細

    モーツァルト:交響曲集 2 - 第6番, 第7番, 第7a番, 第8番, 第55番(デンマーク国立室内管/A. フィッシャー)

    天才モーツァルトの11歳から12歳にかけての交響曲集。まだ少年とは言え、すでに数多くの曲を書き、一流の作曲家として認められていたモーツァルト(1756-1791)。ここでも瑞々しい感性に溢れた一連の作品を聴くことができます。1767年の年末に完成された第6番、1768年の1月に書かれた第7番。この同時期に書かれたのが番号なしの変ロ長調 K45Bとなります。年末に第8番が書かれますが、この間にはオペラ「バスティエンとバスティエンヌ」が書かれており、日を追って成熟を究めるモーツァルトの姿を目の当りにすることができるでしょう。K45Aは、もう少し早い時期(1766年?)に書かれたものとされ、「ランバッハ」の通称でも知られます。フィッシャーはどの曲も念入りに扱い、単純さの中から現れる見事な息吹を目の前に見せてくれます。Sound Engineer: Lars C. Bruun Executive Producers & Artistic Managers: Tatjana Kandel and Klaus Ib Jorgensen(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:6.220537

  • 詳細

    モーツァルト:交響曲集 3 - 第9番 - 第11番, 第44番, 第45番, 第47番(A. フィッシャー)

    アダム・フィッシャーによるモーツァルト(1756-1791)交響曲全集の第6作となります。ここでは1769年から1770年に作曲された3つの番号付きと、3つの番号なしの合計6つの交響曲を収録。13歳から14歳のモーツァルトはザルツブルクの宮廷楽団でコンサート・マスターに任命されたり(無給!)イタリアへ旅行したりと、活発な活動を行っていた時期に書かれたこれらの曲は、イタリア序曲の様式を持ち、活発で明るい楽想が特徴です。偽作と思われる作品については、本当のところはどうなのだろう?と考える楽しみも残されています。録音 2010年 コペンハーゲン DRコンサートハウス 第2スタジオ(2011/08/10 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:6.220538

  • 詳細

    モーツァルト:交響曲集 4 - 第12番 - 第14番/K. 96 (デンマーク国立室内管/A. フィッシャー)

    モーツァルト15歳に書かれた4曲の交響曲です。その前年の暮れに「ポンテの王ミトリダーテ」を初演し、ミラノの聴衆の度肝を抜いた彼ですが、この当時に書かれた作品には明らかにイタリア様式の影響が見て取れます。この年の3月に一度はザルツブルクに戻りますが、また8月になると2度目のイタリア旅行に出かけ、また大きな成長を遂げます。1772年に書かれた第14番あたりからは、作風も変わり青年期の作品になっていくのです。(2010/06/16 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:6.220539

  • 詳細

    モーツァルト:交響曲集 5 - 第15番, 第16番, 第17番, 第18番(デンマーク国立室内管/A. フィッシャー)

    (2007/05/01 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:6.220540

  • モーツァルト:交響曲集 6 - 第19番, 第20番, 第21番, 第26番(デンマーク国立室内管/A. フィッシャー)

    トランペットの音色が祝祭的な気分を盛り上げる第20番、ノーブルな香り漂う第19番、躍動感溢れる第21番、これらは全て16歳のモーツァルトによって書かれています。そして第26番になると、もっと複雑で独自の音楽へと変貌していくのです。この進化の早さは驚くばかり。 ( 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:6.220541

  • ( 発売)

    レーベル名:フィッシャーはいつものように、瑞々しく元気のよい音楽を作り上げています。指揮者のフィッシャーは、変ホ長調の響きに、早くも「魔笛」の萌芽を感じ取っているそうです。
    カタログ番号

  • /sharedfiles/images/cds/others/6.220541.gif

    1 ( 発売)

    レーベル名
    カタログ番号:2010.05.26