Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



アシュケナージ, ウラディーミル(1937-)

Search results:21 件 見つかりました。

  • 詳細

    タネーエフ:協奏的組曲/歌劇「オレステイア」序曲(クーシスト/ヘルシンキ・フィル/アシュケナージ)

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE959-2

  • 詳細

    タネーエフ:ピアノ協奏曲/ピアノ小品集(バノウェツ/ロシア・フィル/T. ザンデルリンク)

    (2007/03/01 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0042

  • 詳細

    ドヴォルザーク:ヴァイオリン、ヴィオラとピアノのための歌曲編曲集(スーク/アシュケナージ)

    ドヴォルザークは「最高のメロディストの一人」として知られていますが、それは彼の作品のほんの一部であり、歌曲についてはまだまだ未知の分野と言っても差支えありません。しかしながら彼の旋律の根源は歌曲にあると言っても差支えないでしょう。ここでは、ドヴォルザークの曾孫にあたるヨゼフ・スーク(彼の祖父がドヴォルザークの娘と結婚していた)の愛情溢れる編曲によって一連の歌曲がヴァイオリン及びヴィオラのための作品として生まれ変わりました。「わが母が教えたまいし歌」以外は、歌われることすら稀なこれらの愛すべき歌曲集を独特の甘い音色を持つスーク自身のヴァイオリンで思う存分お聴きください。素朴な味わいと渋さが同居する「聖書の歌」の美しさも格別です。アシュケナージによるピアノ伴奏がこれまた素晴らしく、これこそまさに極上の1枚と呼ぶにふさわしいアルバムです。(2010/04/21 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0100

  • 詳細

    ブルックナー:交響曲第00番 ヘ短調/弦楽五重奏曲 ヘ長調 - アダージョ(弦楽オーケストラ編)(ベルリン・ドイツ響/アシュケナージ)

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE920-2

  • 詳細

    ベルリオーズ:イタリアのハロルド/パガニーニ:ヴィオラのためのソナタ(カーペンター/ヘルシンキ・フィル/アシュケナージ)

    (2011/10/12 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE1188-2

  • 詳細

    マルティヌー:序曲/ピアノ協奏曲第2番, 第4番/ピエロ・デッラ・フランチェスカのフレスコ画(コリンスキ/バーセル響/アシュケナージ)

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE1158-2

  • 詳細

    モーツァルト:クラリネット協奏曲/ピアノ五重奏曲 K. 452 (D. アシュケナージ/オーイセン/クレーバー/ロース/チェコ・フィル/V. アシュケナージ)

    アシュケナージ父子の共演による2曲のモーツァルト。このアルバムは父アシュケナージの生誕80年を記念して製作された1枚です。息子ドミトリーは優れたクラリネット奏者として20年以上に渡り演奏活動を行っていますが、時折父との共演をすることで、自身の音楽性を再確認しているといいます。このアルバムでは2002年に録音された「クラリネット協奏曲」、2008年に録音されたピアノ五重奏曲を収録、親子2人の結びつきと、成熟度が示されています。(2018/01/26 発売)

    レーベル名:Paladino Music
    カタログ番号:PMR0091

  • 詳細

    ラウタヴァーラ:カントゥス・アンティクス/天使たちの訪れ/秋の庭/アポテオシス/ヴィジリア/ピアノ協奏曲第1番(セーゲルスタム/アシュケナージ/ポンマー/フランク/ヌオラネ)

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE1079-2D

  • 詳細

    ラウタヴァーラ:ピアノ協奏曲第3番/秋の庭(ヘルシンキ・フィル/アシュケナージ)

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE950-2

  • 詳細

    ラフマニノフ:歌劇「モナ・ヴァンナ」/歌曲集(イソコスキ/モスクワ音楽院学生響/アシュケナージ)

    ラフマニノフ(1873-1943)の未完のオペラ「モナ・ヴァンナ」は極めて珍しい作品です。これまでI.ブケトフによる補筆版がリリースされていましたが、こちらは英語歌唱によるもので、聴き手としては若干の不満の残るものであったことを考えると、この新しい録音は歓迎されるものとなるでしょう。メーテルランクの戯曲に基づくこのオペラは、かの「モナ・リザ」を主人公にしたもの。もちろん彼女については、何人もの芸術家たちが音が絵画にしているものですが、ラフマニノフもこの美しい女性に魅了されたようで、このオペラを完成すべく、アメリカ亡命の際にもスコアを携えていったのです。しかし、結局完成されることはなく、そのまま忘れ去られてしまいました(このオペラが完成しなかった理由の一つは、メーテルリンクが他の作曲家、フェヴリエにオペラにする権利を与えてしまったため、ラフマニノフが作曲を続けることができなかったようです)。結局このオペラが初演されたのは、1984年、ニューヨークで前述のブケトフ版を用いてのものでした。今回はより新しい研究に基づいたベロフによる補筆版でお楽しみください。余白にはイソコスキによるラフマニノフ歌曲を収録しています。(2014/11/26 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE1249-2