Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



イザイ, ウジェーヌ(1858-1931)

Search results:15 件 見つかりました。

  • ティアンワ・ヤン サンクトペテルブルクでのコンサート・ライヴ

    (2014/05/28 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.110283

  • イザイ:ヴァイオリンと管弦楽のための作品集

    (2006/04/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777051-2

  • イザイ/ミヨー/オネゲル:2つのヴァイオリンのためのソナタ 他

    (2005/09/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777159-2

  • キャロライン・アドメイト - バッハ・トゥ・ジャズ

    (2012/05/09 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC834

  • 詳細

    イザイ:6つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Op. 27 (楊天堝)

    ベルギーが誇るヴァイオリニスト、作曲家&指揮者ウジェーヌ・イザイ(1858-1931)の代表作。作曲の動機となったのは、ヨーゼフ・シゲティが演奏するバッハの「無伴奏ソナタ」を聴いた時であり、全6曲のスケッチをたった一晩で書き上げたと言われるほどに、強い感銘を受けながら曲を完成させたのでした。各6曲は、彼と親交のあった6人のヴァイオリニストにそれぞれ献呈されていて、これらは、各人の雰囲気を見事に映し出したものとされています。対位法を駆使した第1番は、シゲティの特徴を描いていますが、同時にバッハ作品とも強い関連があります。第2番のモチーフとして使われているのは「怒りの日」。この20年後、ティボーの乗った飛行機がアルプスに衝突するという悲劇が起こるなんて、誰が想像したでしょう。短くとも印象的な第3番では民族音楽の香りが、古式ゆかしき舞曲をモティーフにした第4番はクライスラー、指導者としても名を馳せたベルギーの名奏者クリックボームには牧歌的な作品、そして「サラサーテの後継者」として目されたガリシアの名手キロガに献呈された第6番。この素晴らしい作品群をお馴染みティアンワ・ヤンのソロで。(2014/06/25 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572995

  • 詳細

    イザイ:弦楽三重奏曲「シメイ」/2つのヴァイオリンのためのソナタ/チェロ・ソナタ(クラッゲルード/メンセン/トムテル/リー)

    イザイと言えば、6つの無伴奏ソナタがとりわけ有名ですが、このベルギーの作曲家はヴァイオリンの更なる可能性について常に探究を怠ることはありませんでした。ここで聴ける「2つのヴァイオリンのためのソナタ」でのぞくぞくするような音楽的緊張感を味わってしまうと、もうイザイの魔力から逃れることは不可能でしょう。このソナタは1915年にベルギーのエリザベート王妃のために書かれていて(彼女はイザイにヴァイオリンを教わっていた)、実際に演奏されたかはわかりませんが、何ともロマンティックな響きを持っています。1927年に書かれた弦楽三重奏は、イザイの死後に初演されました。あまり演奏されることのない秘曲ですが、どことなくドビュッシー風の音も感じられる魅力的な作品です。最近めきめきと頭角を表しているクラッゲルードと彼を取り巻く仲間たちの、とろけるような名演でどうぞ。(2009/12/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570977

  • 詳細

    イザイ/サッリネン/ドビュッシー/レフコヴィッツ/J.S. バッハ:ヴァイオリン作品集(イーヴォネン)

    フィンランド出身のヴァイオリニスト、イーヴォネン。彼は2008年にYARLUNGのプロデューサー、ボプが見出した才能です(ボブの元に彼を紹介したのは、やはり名ヴァイオリニストであるハガイ・シャハムでした)。このCDは彼のデビュー盤であり、ボブが心底感心したというイザイのソナタの冒頭の美音から、ぞくぞくするほどの興奮が伝わってきます。考え抜かれたバッハ、そして彼のために作曲されたレフコヴィッツの作品をはじめ、色彩的なドビュッシーとサリネンにおける溢れる感情の世界をお楽しみいただけます。(2013/03/20 発売)

    レーベル名:Yarlung Records
    カタログ番号:YAR05787

  • 詳細

    イザイ/プロコフィエフ/マンツォーリ:ヴァイオリン・デュオ作品集(ピーマデュオ)

    ヴァイオリンのデュオというのは、特別な響きを醸し出します。時には対照的に、時には完璧に同調し、豊かな音色が紡ぎ出されるのです。このアルバムには3つの「ヴァイオリン・デュオ」の作品が収録されています。まるで協奏曲のように壮大なイザイの作品は、あまりの演奏の困難さを鑑みた出版社が、最初はヴィオラ・パートを付け加えたというエピソードを持つもの。プロコフィエフのソナタは、彼が亡命生活に見切りをつけ、故国に帰る途中に作曲された作品で、どことなく郷愁を感じさせる名作です。世界初演作であるマンツォーリの「組曲」は古典的な様式に則った「刺激的」な音楽。2台のヴァイオリンが競い合うように不可思議な音を紡いでいきます。(2015/12/23 発売)

    レーベル名:Dynamic
    カタログ番号:CDS7738

  • 詳細

    イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Op. 27 (カーラー)

    大ヴァイオリニスト/コンポーザーであったイザイにより作曲されたこの曲集、今や無伴奏ソナタとして、バッハやバルトークに並ぶ、必携のレパートリーとなりました。このように高く評価される理由は、もちろん技巧的な面白さや、独特の和声といった表面的な理由にとどまるものではありません。それらを駆使した結果生まれてきた、内容の深さ、多彩さはヴァイオリン史上、特筆すべきものといえましょう。楽曲の出来映えはもちろんのこと、各曲が、当時の次世代ヴァイオリニストであったシゲティ、クライスラー、ティボー、エネスコらといった面々に捧げられているということからも、ヴァイオリンという楽器に無限の未来を見ていた、作曲者の心意気が感じられるというものです。(2004/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555996

  • 詳細

    クライスラー:弦楽四重奏曲/ジンバリスト:弦楽四重奏曲/イザイ:夕べの調べ(ファイン・アーツ四重奏団/ヨーロッパ・フィル)

    伝説のヴァイオリニストたちによる弦楽四重奏曲をじっくりと。クライスラーについては、もう説明の必要もないでしょう。3歳からヴァイオリンを学び、作曲は一時期ブルックナーにも師事していたという彼、その演奏はもちろんのこと、数々の愛らしい作品も良く知られています。とは言え、彼が弦楽四重奏曲を書いていたとは!…とは言え、この曲は思いの他シリアスであり、そんな点が却って人気をなくしてしまったのかもしれません。ジンバリストも名ヴァイオリニストであり、クライスラーの友人でした。ロシアでユダヤ系の家庭に生まれ、1911年にボストン交響楽団と共演してからアメリカに定住、素晴らしい活動をしています。2人ともイザイを大変尊敬したいたと言い、このアルバムにはそんなイザイの知られざる作品「夕べのハーモニー」も収録されています。世紀末音楽とは全く違った世界に属する音がここにあります。(2012/02/15 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572559