Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



トットーラ, アンドレア・レオーネ(-1831)

Search results:9 件 見つかりました。

  • ロッシーニ音楽祭コレクションDVD BOX

    毎年8月にロッシーニの生誕の地であるペーザロで開催される「ペーザロ・ロッシーニ音楽祭」。ロッシーニの全作品を上演することを目的として1980年に発足したこの音楽祭は、それまでほとんど上演の機会のなかった作品までをも、通常のレパートリーとして定着させるほどの人気を勝ち取り、現在ではロッシーニ・マニアの聖地として、世界中から聴衆が集まる「夏の風物詩」となっています。このBOXにも珍しい作品が含まれており、様々な工夫が凝らされた演出も相俟って、ロッシーニ作品への新たな興味を喚起させる貴重な映像を見ることができます。注…DVD BOXとBlu-ray BOXでは収録されている作品数が違います。(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OA1180BD

  • ロッシーニ音楽祭コレクションBD BOX

    毎年8月にロッシーニの生誕の地であるペーザロで開催される「ペーザロ・ロッシーニ音楽祭」。ロッシーニの全作品を上演することを目的として1980年に発足したこの音楽祭は、それまでほとんど上演の機会のなかった作品までをも、通常のレパートリーとして定着させるほどの人気を勝ち取り、現在ではロッシーニ・マニアの聖地として、世界中から聴衆が集まる「夏の風物詩」となっています。このBOXにも珍しい作品が含まれており、様々な工夫が凝らされた演出も相俟って、ロッシーニ作品への新たな興味を喚起させる貴重な映像を見ることができます。注…Blu-ray BOXには「絹のはしご」は収録されていません(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OABD7214BD

  • 詳細

    ベル・カント・バリー - 伝説的オペラ興行主ドメニコ・バルバイヤの音楽遺産

    ドメニコ・バルバイヤ(1777-1841)はナポリを拠点とし30年間に渡ってヨーロッパ歌劇場を支配した伝説の興行主でした。彼は当時ナポリで瀕死状態にあった、サン・カルロ歌劇場の復興を足掛かりとし、すぐさま活躍の幅を広げ、ロッシーニやウェーバーなど多くの作曲家や歌手たちと契約を結び、「新しい歌劇を聴衆に届ける」というビジネスプランを構築したのです今も昔もオペラの上演には膨大な資金が必要ですが、当時のイタリアは、この敏腕興行主バルバイヤがいたおかげで、数多くの名作が生まれたと言っても過言ではありません。。彼は「どんな作品が受けるか」ということを本能的に感じ取っていたようで、それは1815年に契約したロッシーニの活躍ぶりをみてもおわかりでしょう。しかしロッシーニは大胆にも、バルバイヤの愛人コルブランと愛の逃避行を試み、起こったバルバイヤがすぐさまドニゼッティを契約を交わしたというエピソードも知られています。そんなバルバイヤの尽力(?)で生まれた数々の作品からチョイスした名アリア集をご堪能ください。(2013/05/22 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.578237

  • 詳細

    ベル・カントの芸術(ルチア・アリベルティ/レナート・ブルゾン/アルフレード・クラウス)

    (2012/01/11 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C7035

  • 詳細

    ロッシーニ:歌劇「エジプトのモーゼ」(1819年ナポリ版)(レガッツォ/天羽明惠/ギールラッハ/ヴュルテンベルク・フィル/フォグリアーニ)

    この「エジプトのモーゼ」は後に改作され「モゼ」と名付けられます。あまり人気のない演目なのか滅多に演奏される機会はありませんが、若きロッシーニの野心あふれる意欲作であり、もっと知られてもよい作品です。日本でも人気のバス、レガッツォと天羽さんの熱演。第3幕は見事の一言です。(2008/02/06 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.660220-21

  • 詳細

    ロッシーニ:歌劇「湖上の美人」

    ウォルター・スコットの恋愛詩を原作にしたロッシーニの中期の傑作オペラです。あまり録音には恵まれておらず(以前、ピアニストのポリーニが指揮したことで話題となりましたが)久々の名演登場と言ったところでしょうか。ガナッシ、ミロノフらの実力派を起用しゼッダが生き生きとした音楽を作り上げています。マニア垂涎!(2008/04/09 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.660235-36

  • 詳細

    ロッシーニ:序曲全集 1 (プラハ・シンフォニア管/ベンダ)

    NAXOSの膨大なレパートリーの中にありそうでなかったのが、ロッシーニ(1792-1868)歌劇の序曲全集です。もちろん有名曲を一通りつまんだアルバム(8.550236)など、一部の曲は楽しめたのですが、折角ならば全曲を聴いてみたいと熱望するファンの声に応えて、この度4枚からなる全集を企画、その第1集となるのがこちらというわけです。さて、冒頭から聴いてみてください。抜けの良い録音と闊達なるベンダの指揮は、耳をわくわくさせること間違いなし。第3曲目はタイトルこそ「イギリスの女王エリザベス」ですが、使い回しの多いロッシーニのこと、今では「セビリアの理髪師」の序曲として知られているものです。喜劇あり悲劇ありのロッシーニの奥深い世界、まずは序曲から足を踏み入れてみませんか?(2012/11/21 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570933

  • 詳細

    ロッシーニ:ソプラノのためのオペラ・アリア集(レベカ/バイエルン放送合唱団/ミュンヘン放送管/アルミリアート)

    マリーナ・レベカは、ラトビアのリガ生まれ。2007年7月、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院を卒業し、アルベルト・ゼッダ指導によるアカデミア・ロッシニアーナで研鑽を積みました。/2007年にはペーザロの「ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル」に出演し、ロッシーニ歌手としての評価を高めました。2009年には来日公演も果たし、圧倒的な歌声で聴衆を魅了しています。/2013年にはモーツァルトのアリア集をリリースし話題となったレベカですが、2018年のロッシーニ没後150年に向けていよいよ本命「ロッシーニ・アリア集」をBRKLASSIKからリリースします。/あまり耳にする機会の多くない歌劇から選ばれたこれらのアリアですが、どれも非常に説得力に富んだすばらしい曲ばかり。技術的に難しいだけでなく、高い表現力も求められるアリアですが、レベカは安定した技巧をもってこれらを完璧に歌いこなしています。(2017/09/29 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900321

  • 詳細

    ロッシーニ:メゾ・ソプラノのためのアリア集(ボトレシ/ハンガリー国立歌劇場管/モランディ)

    オペラを作曲することにかけては天下無双の存在だったロッシーニは、18世紀前半の音楽界きっての人気者でした。今でもマイナーなオペラが再評価されることがあるなど、世界中の劇場はロッシーニを演奏 し続けています。代表作「セビリャの理髪師」からの有名なロジーナのアリア『今の歌声は』をはじめ、ここに収録されたアリアは、腕に覚えのある女性歌手達の格好のレパートリーとして、永遠に歌い継がれていくことでしょう。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553543