Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



アンダーソン, ルロイ(1908-1975)

Search results:22 件 見つかりました。

  • びっくり箱~楽しすぎるクラシック名曲集

    (2010/09/15 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570124-25

  • GOLDEN AGE OF SALON MUSIC (The) (Schwanen Salon Orchestra, G. Huber)

    (2009/09/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.578003-04

  • 詳細

    ア・スタインウェイ・クリスマス・アルバム(ビーゲル)

    ジェフリー・ビーゲルが演奏する楽しいクリスマス・ピアノ曲集です。どの曲もステキなアレンジが施されていて聴いているだけでわくわくするものばかり。誰もが知ってるアンダーソンの「そりすべり」もピアノの美しい音色を存分に生かした重厚なアレンジが見事。まるで豪華純金製のそりに乗っているかのようなゴージャスさです。トラック13は、聞き覚えのあるリストの「ため息」がいつの間にかクリスマス・ソングに変わってしまうというもの。こんな仕掛けが至るところにあって、一つ一つ確かめていくだけでも楽しいはずです。(2012/12/19 発売)

    レーベル名:Steinway and Sons
    カタログ番号:Steinway30005

  • 詳細

    アイリッシュ・ラプソディー(リチャード・ヘイマン & ヒズ・オーケストラ)

    重厚長大だけがクラシックじゃない!というわけで、ライト・クラシカル方面で常にスマッシュヒットを飛ばすヘイマン&ヒズ・オーケストラ。今回のネタはアイルランドの旋律です。ルロイ・アンダーソンが編んだ組曲には「夏の名残のバラ」があり「庭の千草」として有名な旋律が含まれますし、「ロンドン・デリーの歌」も「ダニー・ボーイ」として誰もが知るメロディー。その他にも全編にわたり、クラシック・ファンならどこかで聴いたことがある断片が登場します。最後「シング・アロング・メドレー」では、「線路は続くよどこまでも」として知られるメロディーを景気よくぶっぱなして締めてくれるあたり、ヘイマンの選曲センスが嬉しいではありませんか。(2006/08/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555016

  • 詳細

    アンダーソン:管弦楽作品集 1 - ピアノ協奏曲 ハ長調/ゴールデン・イヤーズ/フィドル・フィドル(BBCコンサート・オーケストラ/スラットキン)

    2008年は、ルロイ・アンダーソンの生誕100年記念の年です。そこでNAXOSレーベルでは、誰もが知ってるチャーミングなメロディの宝庫である彼の管弦楽作品の全てをお届けする予定です。手始めの第1集のメインは「ピアノ協奏曲」。1989年にリバイバルされたこの作品は、すでに一部のファンの間では根強い人気を誇る名曲です。演奏は名指揮者スラットキンとBBCコンサート・オーケストラ。極上のひとときにしばし酔いましょう。(2008/04/09 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559313

  • 詳細

    アンダーソン:管弦楽作品集 2 - キャロル組曲/収穫祭/木星の歌(スラットキン)

    世界的ブームの兆し!アンダーソンの管弦楽曲集第2集です。残念なことにこのアルバムには超有名曲はほとんど入っていません。その代わりレアなトラックが目白押し(世界初録音5曲含む)!マニアにとっても嬉しい1枚であること間違いありません。どの曲もアンダーソンらしく、ウイットに富み楽しさ抜群で聴いているだけで幸せな気分になること請け合いです。(2008/06/11 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559356

  • 詳細

    アンダーソン:管弦楽作品集 3 - そりすべり/タイプライター/プリンク・プレンク・プランク!(BBCコンサート・オーケストラ/スラットキン)

    みんな大好きアンダーソン第3集。今回は有名曲が盛り沢山!そり滑り、タイプライター、トランペット吹きの子守歌・・・・まさにお約束の1枚です。もちろん珍しい曲もばっちりです。2つの音を華麗に彩るオーケストレーションが魅力の曲や、どこかで聴いた曲やびっくりするような曲など、聴けば聴くほど心のイオンが沸き起こります。(2008/08/06 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559357

  • 詳細

    アンダーソン:管弦楽作品集 4 - アイルランド組曲/スコットランド組曲/アルマ・マーテル/クリスマス・フェスティヴァル(BBCコンサート・オーケストラ/スラットキン)

    新作が出るたびに話題沸騰!アンダーソンの作品集第4集も興味深い曲が並んでいます。ヴァイオリンの音色が切ない「荒れ野のバラ」。どこかで聴いたことのあるメロディが目白押し、アイルランド組曲。おなじみ「ブルー・タンゴ」の歌入りもぞくぞくするほどの艶かしさです。そして注目のクリスマス・フェスティヴァル。早くこのアルバムを家に連れて帰って、すぐに聴いてあげてください!(2008/11/12 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559381

  • 詳細

    アンダーソン:管弦楽作品集 5 - ゴルディロックス/キャロル組曲(木管合奏版)(BBCコンサート・オーケストラ/スラットキン)

    「ゴルディロックス」とは元来、民話に出てくる少女の名前です。日本では「3匹の熊」という題名で知られていますが、そのエピソードが転じて“ちょうどよい”という塩梅をあらわす言葉として使われているようです。ここではミュージカル女優が大金持ちと映画監督のどちらを選ぶかという話。ありがちな話といえばそれまでですが、付けられた音楽はまさに夢のように美しく楽しいもの。木管合奏による「キャロル組曲」は、クリスマスだけでなく、1年中聴いていたいほど。(2008/12/10 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559382

  • 詳細

    アンダーソン:管弦楽作品集 - ブルー・タンゴ/シンコペーテッド・クロック/舞踏会の美女/サラバンド/サンドペーパー・バレエ(ケルン放送響/スタインバーグ)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C71021