Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ヴァインベルク, ミェチスワフ(1919-1996)

Search results:34 件 見つかりました。

  • ミェスチワフ・ヴァインベルク:歌劇「パサジェルカ-女旅行者」Op.97(1967-1968)[DVD, 2Discs]

    第2次世界大戦中、アウシュヴィッツの強制収容所で働いていたリーザ。戦争が終わって彼女は外交官夫人となり、ブラジルへ赴く船上の人となります。そこで出会った女性「マルタ」の風貌は、強制収容所でガス室送りになった女性と瓜二つ。当時の悪夢のような生活を思い出したリーザは、少しずつ精神に異常をきたし、幻影に苛まれていきます…。ポーランドで生まれ、ロシアで活躍した作曲家、ヴァインベルク(1919-1996)にとって、このオペラの原作である「パサジェルカ」(旅行者…日本では女船客とも訳される)の物語はとても興味を引くものであったに違いありません。ホロコーストでのユダヤ人を扱った内容であり、強制収容所からかろうじて生還したポスムイシの体験は、自らの家族全てを迫害で失ったヴァインベルクの体験とも重なるもので、ショスタコーヴィチの助言を受けながら、彼は1年でこの歌劇を書き上げます。しかし結局この作品はソビエト時代に上演されることはなく、彼の死後、10年を経て演奏会形式での上演が実現し(モスクワ)、2010年のこのブレゲンツ音楽祭でようやく世界初演の日を迎えることとなったのでした。話題の指揮者クルレンツィスによる指揮にもご注目ください。(2015/10/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109079

  • ミェスチワフ・ヴァインベルク:歌劇「パサジェルカ-女旅行者」Op.97(1967-1968)[Blu-ray Disc]

    第2次世界大戦中、アウシュヴィッツの強制収容所で働いていたリーザ。戦争が終わって彼女は外交官夫人となり、ブラジルへ赴く船上の人となります。そこで出会った女性「マルタ」の風貌は、強制収容所でガス室送りになった女性と瓜二つ。当時の悪夢のような生活を思い出したリーザは、少しずつ精神に異常をきたし、幻影に苛まれていきます…。ポーランドで生まれ、ロシアで活躍した作曲家、ヴァインベルク(1919-1996)にとって、このオペラの原作である「パサジェルカ」(旅行者…日本では女船客とも訳される)の物語はとても興味を引くものであったに違いありません。ホロコーストでのユダヤ人を扱った内容であり、強制収容所からかろうじて生還したポスムイシの体験は、自らの家族全てを迫害で失ったヴァインベルクの体験とも重なるもので、ショスタコーヴィチの助言を受けながら、彼は1年でこの歌劇を書き上げます。しかし結局この作品はソビエト時代に上演されることはなく、彼の死後、10年を経て演奏会形式での上演が実現し(モスクワ)、2010年のこのブレゲンツ音楽祭でようやく世界初演の日を迎えることとなったのでした。話題の指揮者クルレンツィスによる指揮にもご注目ください。(2015/10/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109080

  • 詳細

    ヴァインベルク:24の前奏曲/無伴奏チェロ・ソナタ第1番(フェイゲルソン)

    最近、様々なレーベルからヴァインベルクのチェロ作品集がリリースされるようになりましたが、この録音時(1996年)は、この演奏が世界初録音でした。そんなヴァインベルクの独奏チェロのための24の前奏曲は、バッハの平均律、および、ショパンやショスタコーヴィチの「24の前奏曲」と同じ目的を持って書かれたものです。それはもちろん調性の関係性を探ることだけでなく、楽器の特性を深く研究し、音楽様式と技術の頂点を極めることなのは間違いありません。名手ロストロポーヴィチに捧げられています。1960年に書かれた無伴奏チェロ・ソナタは3つの楽章からなる完成度の高い傑作です。ゆったりと瞑想的な第1楽章、諧謔的とも言える第2楽章、そして爆発的な昂りを見せる第3楽章、と聴きどころたっぷり。ロシア音楽好きの間で高く評価されていたソナタです。これらはまさに、1台のチェロの持つ無限の可能性をとことん引き出した20世紀の名作と言えるでしょう。30年以上のキャリアを持つ名手、フェイゲルソンによる納得の演奏です。(2011/02/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572280

  • 詳細

    ヴァインベルク:ヴァイオリン・コンチェルティーノ Op. 42/交響曲第10番(ノヴィツカ/ポーランド放送アマデウス室内管/ドゥチマル/ドゥチマル・ムロツ)

    cpoレーベルが進めているシリーズの一つに、ポーランド、ロシアの作曲家ヴァインベルク(1919-1996)の重要な作品集があります。ショスタコーヴィチとの関連性で知られる人ですが、その作風には確かに似通ったところがあるものの、かなり抒情的で、また標題性があることでも知られています。このアルバムには初期の作品であるヴァイオリンの協奏的作品と、やはり協奏的でありながら「交響曲」と名づけられた実験的な作品、そして「モルダヴィアの主題による狂詩曲」は失われてしまったと言われるヴァージョンをポーランドのヴァイオリニスト、作曲家ノヴィッカが復元したものを収録。ノヴィッカはヴァインベルクの諸作品を初演したことでも知られる名手であり、ここでも説得力ある演奏を繰り広げています。(2015/10/28 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777887-2

  • 詳細

    ヴァインベルク:ヴァイオリン・ソナタ集 1 - ヴァイオリン・ソナタ第1番, 第4番/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番/ヴァイオリン・ソナチネ(カルニッツ/チャーニ=ウィルス)

    最近、ヴァインベルグ(1919-1996)のCDもリリースが多くなってきました。TOCCATAレーベルではヴァイオリン・ソナタの全集完成を目論んでいます。これはその第1集目。第1番のヴァイオリン・ソナタはヴァインベルグがタシュケントに移り結婚した頃の作品で、民謡風の主題や、美しい第2楽章など独自性は乏しくとも聴きどころの多い曲です。第4番は1947年に書かれ、名ヴァイオリニスト、レオニード・コーガンに捧げられています。憂鬱なアダージョに始まり、身の置きどころのないような狂おしいアレグロへと移ります。1948年のソナチネはジダーノフ批判で彼の作品の演奏が禁止になった頃のもの。平易な作風ですが微妙にねじれている感が素敵です。一転、1960年の無伴奏は孤高の厳しさを備えた作品です。(2010/11/17 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0007

  • 詳細

    ヴァインベルク:ヴァイオリン・ソナタ第4番, 第5番/ヴァイオリン・ソナチネ(スワヴェク/ルジャンスキ)

    最近、数多くのCDがリリースされ、その存在がクローズアップされているポーランド出身の作曲家ヴァインベルク(1919-1996)のヴァイオリン・ソナタ集です。レオニード・コーガンに献呈された第4番は、あの悪名高き「ジダーノフ批判」の直後に作曲された作品です。ぽつぽつと呟くように音を置いていくピアノで始まり、ヴァイオリンは悲痛なメロディを美しく歌います。第2楽章はせわしないヴァイオリンとファンファーレを思わせるピアノ、そして終楽章は何かを諦めたかのような静かな音楽です。ソナチネは1949年の作で、彼の友人ボリス・チャイコフスキーに捧げられています。民族音楽由来の親しみやすい音楽です。第5番は1953年の作品。こちらはショスタコーヴィチに捧げられています。壮大な構成を持つシンフォニックなソナタでありて、彼の最高傑作のひとつとしても讃えられています。1988年生まれの若き女性ヴァイオリニスト、スワヴェクのデリケートな音色が魅力です。(2016/02/24 発売)

    レーベル名:CD Accord
    カタログ番号:CDAccordACD217

  • 詳細

    ヴァインベルク:ヴァイオリン・ソナタ第4番, 第5番/3つの小品(シュテファン&アンドレアス・キーパル)

    ショスタコーヴィチの親友であり、完璧なる理解者とされるヴァインベルクのヴァイオリン作品集です。ここに収録されたソナタは、第4番は確かにショスタコーヴィチの影響を受けてはいるものの、第5番における独創性はヴァインベルクが到達した境地とも言えるものでしょう。ユダヤの伝統音楽にしっかりと根ざした幅広く歌うメロディ、考え抜かれた楽曲の構成、とりわけ終楽章におけるデモーニッシュなフーガなど、ヴァインベルクの作品における最高峰と呼んでも差支えないでしょう。(2009/10/28 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777456-2

  • 詳細

    ヴァインベルク:ヴァイオリン・ソナタ全集 2 (カルニッツ/チャーニ=ウィルス)

    1996年にワインベルク(1919-1996)が死去して以来、世界中の音楽家や愛好家たちは彼の作品に注目し、世界中で演奏が繰り返され、埋もれていた作品もどんどん復興されています。ワルシャワで生まれ、第二次世界大戦勃発後ソビエトに亡命、ショスタコーヴィチと知り合い、強い影響を受けたワインベルクですが、当時社会を席巻していた「反ユダヤ主義」とジダーノフ批判からは逃れられず、1953年には逮捕されるなどの苦難の生涯を送ります。しかし創作意欲は衰えることなく、7つの歌劇を始め、26の交響曲、17の弦楽四重奏曲など、総計200曲以上もの作品を残しました。彼の作品にみられるショスタコーヴィチの作品への親近性と、独特のメロディの美しさなどが愛される所以でしょう。(2013/11/20 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0026

  • 詳細

    ヴァインベルク:ヴァイオリン・ソナタ全集/ヴァイオリン・ソナチネ(カリノフスキー/ゴンチャローヴァ)

    ショスタコーヴィチに比肩する、20世紀後半におけるロシアの優れた作曲家の一人として、最近人気が高まるヴァインベルク。いくつかのレーベルが挙って彼の作品をリリース、NAXOSからも何曲かの交響曲をはじめ、チェロ作品を中心とした器楽曲のアルバムがリリースされています。彼は交響曲や弦楽四重奏曲を手掛ける前に、ヴァイオリン・ソナタを書くということが「自身の作曲技法やイディオムを深化させるのに役立つ」と考えていたようで、これらの6曲のソナタは、彼の作曲技法の変遷を知る上でも、大変興味深い作品群と捉えられています。控えめな曲想で始まる第1番、感情表出が大きくうねる第2番を経て、ショスタコーヴィチの影響が強く感じられる第3番ではユダヤ的な作風が現れます。各楽章の変化が面白い第4番、彼の最高傑作とされる第5番、デュオという形式を放棄したかのような独特な音楽である第6番(最初は「無伴奏ヴィオラソナタ第4番」と同じ作品番号が誤って付されていた)と、個性的な曲が並びます。民謡風のメロディを持つ「ソナチネ」は耳馴染みのよい古典的な旋律をもち、彼の全作品の中でも演奏される機会の多い曲です。(2017/03/24 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572320-21

  • 詳細

    ヴァインベルク:ヴァイオリンとピアノのための作品集 2 (シュテファン&アンドレアス・キーパル

    ショスタコーヴィチの親友として知られる作曲家ヴァインベルク(1919-1996)。ポーランドに生まれ、ワルシャワ音楽院に学んだ後、第二次世界大戦が勃発したためソヴィエトに亡命、この地で活躍の場を見い出すこととなります。しかし激動の時代、ソヴィエトは決して住みやすい場所ではなく、彼の作品も全面的に評価されたとは言いがたい状況でした。最近、ようやくヴァインベルクの作品に注目が集まるようになり、次々と録音がリリースされ、色々な作品を実際に耳にすることができるようになりました。このcpoの「ヴァイオリンとピアノのための作品集」もそんなシリーズの一つ。彼の残した8曲のヴァイオリンソナタのうち、無伴奏を除いたソナタをはじめ、いくつかの小品が収録されています。ヴァインベルク自身はヴァイオリンを演奏することがなかったのですが、楽器の性能は熟知していたようで、どれも優れた技巧と抒情的なメロディを持った見事な作品となっています。(2016/10/21 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777457-2