Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



スタイン, ジューリー(1905-1994)

Search results:16 件 見つかりました。

  • 詳細

    テディ・ウィルソン「アイ・ウォント・トゥ・ビー・ハッピー」オリジナル・レコーディングス(1944-1947)

    何たってテディ・ウィルソンは上手い! 「巨匠」というより「名人」「達人」の域ですな・・と。神経の行き届いたプレイは今日でも大きなお手本です。両手のバランスがいいからストライドがうるさくない、イントロつけるのが最高に上手い、オブリガートは勿論、ベースソロのコンピングに至るまで気配り十分のフレージング、タッチが良いから音の粒立ちクッキリ・・・。ああホメ言葉ばかり。モダン期には、フラナガン、アル・ヘイグ、ハンク・ジョーンズと後継者が出たけれど、今は? 強いて言えばハロルド・ダンコやフレッド・ハーシュか?(2001/08/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120538

  • 詳細

    フランク・シナトラ:アーリー・イヤーズ第2集(1939-1945)

    「若い娘にはキャーキャーと騒がれているけど、いずれ消えるだろう」。エルヴィスも、ビートルズも、人気に火がつき始めた時に、わけ知り顔をした業界人や評論家にそんなことを言われましたが、実は若き日のフランク・シナトラもまったく同じようなことを言われていたのです。しかし、ハリー・ジェイムス楽団からトミー・ドーシー楽団へと転じて、シナトラの人気はさらに急上昇。やがて映画にも進出し、押しも押されもせぬスーパー・スターになっていきます。その時期の彼の魅力といえば、なめらかなヴェルヴェット・ボイス!ある時はスウィンギーに、またある時は甘く歌われる、数々のヒット・チューンは今も色褪せぬ魅力を湛えています。(2002/06/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120586

  • 詳細

    セロニアス・モンク「モンクス・ムーズ」オリジナル・レコーディングス (1944-1948)

    モンクの曲を演奏することは、その人のジャズに対するセンス、志向、技術、経験、といったものを露わにすることだと思う。1940年代に書いた幾多の曲が、「良い」のみならず、この21世紀においても「謎」とか知性あるミュージシャンの「好奇心」を呼ぶ、とはタダゴトではない。こんな曲を書いたモンクはガイキチとしか思えない。この50年間以上、プレイズ・モンクという企画は幾多もあるが、「新たな可能性」をどこかに残しているからこそ、今後も絶えないだろう。そんなモンクの名高いブルーノート・セッション。一家に一枚。(2002/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120588

  • 詳細

    エツィオ・ピンツァ: 「魅惑の宵」オリジナル・レコーディングス1949-1954

    名指揮者ワルターともオペラ・アリア集をレコーディングした名歌手ピンツァは、やがてブロードウェイ・ミュージカルの《南太平洋》に出演。クラシック音楽ファンの枠を越えて、大人気を獲得しました。当ディスクは、1949年にラジオ番組に出演して歌った、《南太平洋》のナンバーを3曲収録。本来はピンツァの持ち歌ではない〈バリ・ハイ〉が入っているのが貴重ですね。艶のある声質を活かして、朗々と歌い上げたワイル、アーレン、カーンらのナンバーも、実に魅力的。しかも、MGMの音楽部長であったジョニー・グリーンが指揮したオーケストラが、スウィートでゴージャスな世界を醸し出し、ピンツァの名唱に華を添えているあたりも大きな聴きどころになっています。(2005/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120643

  • 詳細

    ドリス・デイ:「イッツ・マジック」ジ・アーリー・イヤーズ オリジナル・レコーディングス1947-1950

    《ケ・セラ・セラ》や《先生のお気に入り》といった大ヒット・ナンバーや、アンドレ・プレヴィンと組んだ小粋なデュオ・アルバムなどを通じて高名なドリス・デイの若き日の快唱を集めたアルバムの登場です。ちょっぴりハスキーだけど、とってもフレッシュで愛らしい彼女の魅力が満喫できることでしょう。当盤吹き込み時のドリスは、20代半ばという若さだったわけですが、すでにバツ2だったことを考えると、この初々しさが匂い立つような歌唱スタイルは、まさに天性のものだといえそうです。《イッツ・マジック》やハリー・ジェイムスのトランペットが冴えわたる《君を想いて》等で耳にできる、甘みを含んだ訴えかけるような味わいも実に見事です。(2003/06/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120669

  • 詳細

    フローレンス・フォスター・ジェンキンス&フレンズ:「ハイCsの殺戮」オリジナル・レコーディングス(1937-1951)

    レコード史上、世紀の衝撃(笑撃?)作として名高いフローレンス・フォスター・ジェンキンスの迷唱を集めた1枚です。殺人的な音痴にもかかわらず、自らの美声に自信を持ち、しかも大金持だった彼女は、1944年10月25日にカーネギー・ホールでリサイタルを開き、その翌月に急逝。生前に吹き込んだSP盤は、後にRCAからLP盤で発売され、大ベストセラーになりました。当アルバムは、彼女が残した全9曲の迷唱を完全な形で収録。その凄まじい表現力のほどが、狙って達成できるものでは到底ありえないということは、1曲でも聴いていただければ、たちどころにご理解いただけると思います。爆笑するか、あきれ果てるかは、まさにあなた次第です!(2003/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120711

  • 詳細

    サラ・ヴォーン第2集「トラブル・イズ・ア・マン」オリジナル・レコーディングス1946-1948

    テディ・ウィルソン・オクテットとの共演(1946年)に始まり、Musicraftへの録音を中心にMGM録音(2曲)をミックスさせた一枚。多くが1947年録音ですが、1948年唯一のスタジオ録音(2曲)も収録しています。(2005/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120763

  • エッセンシャル~カリタ・マッティラ

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE252-2D

  • 詳細

    ヴィンテージ・ブロードウェイ - オーケストラル・セレクション

    楽しい音楽なら何でもやっちゃうリチャード・ヘイマンがお届けするのは、「ヴィンテージ・ブロードウェイ」。幾多の名作を世に送り出してきたブロードウェイ・ミュージカルの黄金時代、40~60年代の作品から、ポーター、ロジャーズ、スタイン、レーンの手による名曲を7つ選び、ジュークボックスのようなメドレーに仕立て上げたのが当盤です。美しい旋律を惜しげもなく、どこまでもゴージャスに歌い上げるオーケストラ・サウンドに耳を傾ける快楽がここにあります。各トラックの選曲の詳細は、欧文解説を参照してください。*8.990042の新装再発売です。(2005/06/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555025

  • 詳細

    歌のないブロードウェイ(リチャード・ヘイマン&ヒズ・オーケストラ)

    ブロードウェイのとびっきりの名曲を14曲。音の魔術師ヘイマンの華麗なる編曲でお楽しみください。思わず体が踊り出す・・・そんな快感をお約束いたします。(2010/03/17 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.578039-40