Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



プロコフィエフ, セルゲイ(1891-1953)

Search results:151 件 見つかりました。

  • プロコフィエフ:歌劇「炎の天使」(DVD)

    さすらいの旅を続けていた騎士ルプレヒト。久しぶりに祖国に帰り、宿屋に泊ると、隣の部屋から恐怖におののく叫び声が聞こえてきます。悲鳴を上げていたのは若い少女レナータ。彼女は「私には悪霊がついている」といい、それを振り払うために苦しんでいるのでした。ルプレヒトは彼女から魔物を祓い、正気に戻ったレナータは、自分と炎の天使マディエリとの不思議で妖しい関係を語り始めるのです。マディエリが姿を変えた(と彼女が信じる)伯爵に捨てられたレナータ。彼女が必死に伯爵を探す姿に感銘を受けたルプレヒト。そして宿屋から彼女を追い出したい宿屋の女主人。その周囲をさまよう白塗りの悪霊たち(これは彼女の目にしか見えていない設定)。物語の途中には、あの有名なファウストやメフィストフェレスたちも現れて、不気味な雰囲気は最終幕まで続き、最後は阿鼻叫喚の世界が展開します。一人の女性の神秘体験が、多数の女性たちに伝播し、周囲の男たちの運命までもくるわせてしまうというこの物語。このオペラはソヴィエト社会主義国家の圧政の元に書かれており、様々な解釈が可能です。しかし、この上演は、ストーリーをかなり忠実に映像化し、頽廃的で奇怪な世界を目の当りに見せてくれるものとして仕上がっています。レナータの心の中に潜む悪霊は、白塗りのダンサーたちによって視覚化され、つねに彼女の周囲をうろついています。全体に裸体が多く出現しますが、これも許容範囲内・・・と言えるものでしょう。現代ではもっと過激な演出がありますから。しかし、この映像が収録された1993年の時点では、非常にセンセーショナルなものであり、同年、この歌劇が日本で上演された時にも大きな話題になったものです。もちろんゲルギエフの指揮、歌手たちについては、全く申し分ありません。(2014/05/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:100391

  • OPERA HIGHLIGHTS, Vol. 2 (NTSC)

    (2007/06/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102049

  • プロコフィエフ:ピーターとおおかみ《DVD》

    スージー・テンプルトンによるアニメーション「ピーターとおおかみ」はこれまで知っているこの物語の概念をすっかり覆すものです。町でもらった風船に絡まるカラスのリアルな姿や、太っちょの猫、ぎょろ目のアヒル、そしてかわいくないピーター、疲れ果てたおじいさん。彼らの姿は、初めてみる人にはちょっぴり怖いかもしれません。そしてお話が進んで行くのですが、このリアルな描写には誰もが驚くことでしょう。そして、おじいさんが作った小さな世界の中で生きていたピーターは、おおかみとの戦いを経て、自分を解放することにも成功したのです。そうそう、プロコフィエフ(1891-1953)が書いた音楽では、最後におおかみは猟師に捕まって連れられていきますが、その後のオオカミがどうなったかご存知ですか?この映像では、その疑問にも素晴らしい答えが与えられています。2008年アカデミー賞(短編アニメーション部門)を獲得した名作です。ボーナス映像には、メイキング映像や、インタヴューなど、作品の成立に関わる事項がたくさん収録されています。こちらも必見です。(2014/10/22 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102200

  • ダンサーズ・ドリーム ルドルフ・ヌレエフの偉大なるバレエ作品[DVD]

    (2011/05/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107209

  • プロコフィエフ:歌劇「3つのオレンジへの恋」全曲[DVD]

    超現実的でまるでおとぎ話のようなプロコフィエフのこの作品は、プロコフィエフが亡命先のニューヨークで書いたもので、彼自身「アメリカ人の好みを考慮して」わかりやすく書いたというように、全編聴きやすいメロディが横溢しています。とりわけ「行進曲」と「スケルツォ」が良く知られていますが、どの曲も軽快で抒情的な部分もあり、そして彼らしい皮肉もたっぷり。荒唐無稽さを的確に表現した映像も魅力です。カンブルランの入念な指揮が冴えます。(2011/05/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107241

  • プロコフィエフ:ピーターとおおかみ《BD》

    スージー・テンプルトンによるアニメーション「ピーターとおおかみ」はこれまで知っているこの物語の概念をすっかり覆すものです。町でもらった風船に絡まるカラスのリアルな姿や、太っちょの猫、ぎょろ目のアヒル、そしてかわいくないピーター、疲れ果てたおじいさん。彼らの姿は、初めてみる人にはちょっぴり怖いかもしれません。そしてお話が進んで行くのですが、このリアルな描写には誰もが驚くことでしょう。そして、おじいさんが作った小さな世界の中で生きていたピーターは、おおかみとの戦いを経て、自分を解放することにも成功したのです。そうそう、プロコフィエフ(1891-1953)が書いた音楽では、最後におおかみは猟師に捕まって連れられていきますが、その後のオオカミがどうなったかご存知ですか?この映像では、その疑問にも素晴らしい答えが与えられています。2008年アカデミー賞(短編アニメーション部門)を獲得した名作です。ボーナス映像には、メイキング映像や、インタヴューなど、作品の成立に関わる事項がたくさん収録されています。こちらも必見です。(2014/10/22 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:108113

  • プロコフィエフ:歌劇「戦争と平和」[DVD]

    トルストイの小説を題材にした歌劇「戦争と平和」は、プロコフィエフ(1891-1953)が生涯の最後の12年間を捧げた、ライフワークとも言える畢生の大作です。登場人物の多さと場面転換の多さで、なかなか完璧な上演が難しい作品ですが、このゲルギエフ率いるマリインスキー(キーロフ)歌劇場管弦楽団と最高の歌手たちによる演奏は、極めてエキサイティングであり、また文句なしの素晴らしさを誇るものです。ロシアの平和と愛国心を強く訴えかける問題作をぜひこの機会に。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109092

  • プロコフィエフ:歌劇「戦争と平和」[Blu-ray]

    トルストイの小説を題材にした歌劇「戦争と平和」は、プロコフィエフ(1891-1953)が生涯の最後の12年間を捧げた、ライフワークとも言える畢生の大作です。登場人物の多さと場面転換の多さで、なかなか完璧な上演が難しい作品ですが、このゲルギエフ率いるマリインスキー(キーロフ)歌劇場管弦楽団と最高の歌手たちによる演奏は、極めてエキサイティングであり、また文句なしの素晴らしさを誇るものです。ロシアの平和と愛国心を強く訴えかける問題作をぜひこの機会に。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109093

  • プロコフィエフ:バレエ「シンデレラ」[Blu-ray Disc]

    フランスの名コレオグラファー、マギー・マランの振付で観るプロコフィエフ(1891-1953)の名作バレエ「シンデレラ」です。マランは1951年、スペインからの亡命者であった両親の元に、フランスのトゥールーズで生まれ、幼い頃からクラシック・バレエを学び、最初はパリ国立高等音楽学校・舞踊学校に進学、ストラスブール・バレエ団で、クラシック・バレエのダンサーとなりますが、コンテンポラリー・ダンスに興味を持ち、1970年からはモーリス・ベジャールの主宰する「ムードラ・バレエ・スクール」に入学、その後、1974年に「20世紀バレエ団」に入団し、コンテンポラリー・ダンサーとしての才能を開花させます。1977年に退団、アルシュ・バレエ・シアターを結成し、その翌年には振付師としても認められ、素晴しい作品を創り上げることになるのです。この「シンデレラ」は登場人物が皆、無表情のかぶり物を付けることで、等身大の人形に変化するという設定で、彼らは生命を吹き込まれることで、初めて動きを得ることができるのです。全てはおもちゃ箱の中の世界であり、妖精はロボット、シンデレラはおもちゃの車に乗って王子と舞踏会へ出かけるのです。ここで観る者は全て、子ども時代を思い出すとともに、時として挿入される録音された子どもの声に攪乱され、少しずつ、この不思議な世界へと惹きこまれていくことでしょう。シンデレラを踊るフランソワーズ・ジュイエ(顔は見えません)の見事なダンスにも魅了されるはずです。(2016/01/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109183

  • 偉大なるアリア集:どこに行ってしまっのだ、あの青春の日々は ~ロシア・オペラの名アリアと場面集(DVD)

    ロシア・オペラの名アリア集。ロシア・オペラといえば「低声の魅力」を楽しむイメージがありますが、もちろんそれだけではありません。19世紀初頭、グリンカの登場で独自の路線を進み始めたロシアのオペラは、民俗色豊かな旋律と、プーシキンやトルストイなど、ロシアの作家の物語をもとにした重厚なストーリーに支えられた作品が数多く揃っています。この映像で、そんなロシア・オペラの名場面の数々を、選りすぐりの歌手たちの歌唱でお楽しみいただけることでしょう。タイトルはチャイコフスキーの「エウゲニ・オネーギン」の"あの輝かしい青春の日々はどこへ行ってしまったのか"から取られています。(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109246