Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



シューベルト, フランツ(1797-1828)

Search results:373 件 見つかりました。

  • CHRISTMAS WITH JOSE CARRERAS (1990) (NTSC)

    (2006/12/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101407

  • フィッシャー=ディースカウBOX ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ85歳の誕生日を記念して[DVD]

    《DVD1》シューベルト:歌曲集「冬の旅」D911/ボーナス…リハーサル映像《DVD2》シューベルト:歌曲集「美しき水車屋の娘」D795/ボーナス…フィッシャー=ディースカウとフランツ・ツォクロイアーとの対話/あらゆる歌曲集の中でも、とりわけ美しく、また解釈の難しさで群を抜く「美しき水車屋の娘」と「冬の旅」。この2つの連作歌曲を、ドイツの名バリトン歌手フィッシャー=ディースカウが歌います。「冬の旅」は1979年の収録で、名ピアニスト、ブレンデルとの共演。深淵な解釈が光る名演を楽しませてくれます。彼らは1975年から1989年にかけて、世界中でこの歌曲集を演奏するほどの名コンビであり、気心のしれた親密なやり取りが見てとれます。「美しき水車屋の娘」は1991年、アンドラーシュ・シフとの共演です。実は、こちらの歌曲集、20年間公式の場では歌っていなかったというフィッシャー=ディースカウですが、ここではシフのピアノに触発されてか、しなやかで瑞々しい歌唱を披露しています。収録時間:本編135分+ボーナス77分/音声:ステレオ2.0/字幕:独、英、仏、伊、西/画面:4:3//DVD…片面単層ディスク&片面二層ディスク(2011/09/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101509

  • ラクリンとの対話[DVD]

    音楽と劇の素晴らしいコラボレーションです。出演者はメゾ・ソプラノ歌手マリー・クロード・シャピュイと、ピアニストのイナ・ペッチェニウク(この2人は実際のコンサートでも数多く共演を重ねています)そして、俳優ニコラス・ブリーガーの3人。舞台は第2次世界大戦、ナチス・ドイツが崩壊する直前の1944年という緊迫した時期の強制収容所。彼らは絶望の中で語り、また歌います。迫りくる狂気を静かに描いた問題作です。(2011/04/13 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101541

  • ズービン・メータ/ギュヘル&ジュヘル・ペキネル:イン・コンサート《CD》

    こちらはDVD(102191)と同内容の2枚組CDです。トルコの双子デュオ、ギュヘル&ジュヘル・ペキネルと名指揮者ズービン・メータが共演したエキサイティングなバルトークの「2台のピアノと打楽器のための協奏曲」は2012年のライヴで、その他の演奏は2010年のルートヴィヒスブルク国際音楽祭のライヴ。彼女たちのスタイルと音楽性を知るためには、最良のプログラムと言ってよいでしょう。2人は時に協力し、またはぶつかり合って素晴らしい音楽を創り上げていきますが、ここには「常人には計り知れない不思議なテレバシー」が存在すると彼女たちは語ります。これはまさに奇跡です。(2014/10/22 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101792

  • LUDWIG, Christa: Christa Ludwig - The Birthday Edition (NTSC)

    (2008/03/26 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102089

  • Vocal Recital (Lieder): Ludwig, Christa - SCHUBERT, F. / WOLF, H. / MAHLER, G. / STRAUSS, R. / BERNSTEIN, L. (NTSC)

    (2009/05/13 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102149

  • ズービン・メータ/ギュヘル&ジュヘル・ペキネル:イン・コンサート《DVD+CD》

    トルコ出身の双子ピアノ・デュオ、ギュヘル&ジュヘル・ペキネルの最新作。「双子ならではの不思議な第六感…テレパシーを持つ」と語る彼女たちの恐ろしいまでに息のあった演奏は、ここでも健在です。注目は2012年のフィレンツェ五月音楽祭でのバルトーク。ここで演奏されているのは、「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」の管弦楽伴奏のヴァージョンで、指揮はズービン・メータが担当しています。ここでの彼女たちは珍しく向かい合ってピアノを演奏、まさに迫真のバルトークを奏でています。2010年 ルートヴィヒスブルク国際音楽祭では、2台ピアノ、連弾と様々な演奏を見せてくれます。ここでは2台のピアノはいつものように同じ向きに置かれ、姉妹はお互いの感覚のみで一糸乱れぬアンサンブルを繰り広げるのです。様々な解釈が可能なドビュッシーの「白と黒で」や、彼女たちが得意としているルトスワフスキの「パガニーニ変奏曲」など、まさにため息がでるような華麗でエキサイティングな演奏が続きます。シューベルトの幻想曲は連弾であり、2人は並んで1台のピアノに向き合い、親密で美しい響きを紡ぎだします。また、この映像にはライブコンサートの一部を収録したCDが同梱されています。(2014/10/22 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102191

  • シューベルト:歌曲集『冬の旅』 Op.89, D.911[DVD]

    シューベルトの晩年の名作「冬の旅」。人々はこの連作歌曲に様々な思いを託します。もちろん、この作品を歌う歌手には多くの事を求め、また歌手たちも思い思いの感情をこの歌曲集に込めるのです。ドイツの名バリトン、フィッシャー=ディースカウもこの例にもれません。彼は経歴の中で、幾度となく音による旅を繰り返し、その都度新しい解釈で、この道行から新たな風景を手繰りよせます。この演奏は1979年1月自由ベルリン放送の録音です。ピアノを演奏しているのはアルフレート・ブレンデル。ディースカウとブレンデルは1975年から1989年の間にしばしば、この曲を共演しています。添えられた56分のドキュメンタリーには、彼らがどのようにこの曲を構築していくかが記録されています。(2011/05/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107229

  • シューベルト:歌曲集「美しき水車屋の娘」[DVD]

    この1991年のフェルト教会における「美しき水車屋の娘」のライブ録音は、偉大なるバリトン歌手フィッシャー=ディースカウにとって、実に20年ぶりの“公式演奏”でした。67歳のディースカウにとって、青春の煌めきの結晶とも言えるこの歌曲集を演奏することについてどのような思いを抱いていたのでしょう?円熟というより老練な渋さを加えた彼の声は、名手アンドラーシュ・シフの暖かいピアノの音色と相俟って、人生の悲哀や儚さ、そして希望を聴き手に確かに届けています。この演奏会の6年前に行われたインタビューは、「フィッシャー=ディースカウにおけるシューベルト」がはっきりと捉えられた興味深い内容であり、残念ながら字幕はありませんが、歌を愛する人ならば深い共感を呼ぶこと間違いありません。ボーナス…1985年、シューベルティアーデにて(フィッシャー=ディースカウとフランツ・ツォクロイアーとの対話) ※101509の分売(新装盤)(2012/11/21 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107269

  • フィッシャー=ディースカウBOX シューベルト:歌曲集「冬の旅」&「美しき水車屋の娘」[DVD]

    あらゆる歌曲集の中でも、とりわけ美しく、また解釈の難しさで群を抜く「美しき水車屋の娘」と「冬の旅」。この2つの連作歌曲を、ドイツの名バリトン歌手フィッシャー=ディースカウが歌います。「冬の旅」は1979年の収録で、名ピアニスト、ブレンデルとの共演。深淵な解釈が光る名演を楽しませてくれます。彼らは1975年から1989年にかけて、世界中でこの歌曲集を演奏するほどの名コンビであり、気心のしれた親密なやり取りが見てとれます。「美しき水車屋の娘」は1991年、アンドラーシュ・シフとの共演です。実は、こちらの歌曲集、20年間公式の場では歌っていなかったというフィッシャー=ディースカウですが、しなやかで瑞々しい歌唱を披露しています。(2012/12/19 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107523