Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ウェーバー, カール・マリア・フォン(1786-1826)

Search results:86 件 見つかりました。

  • 450 YEARS SÄCHSISCHE STAATSKAPELLE DRESDEN - Live Concert from the Semperoper Dresden (Sinopoli) (NTSC)

    (2000/09/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:100029

  • WEBER: Freischutz (Der) (NTSC)

    (2001/02/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:100107

  • カルロス・クライバー リハーサルと本番~魔弾の射手、こうもりを創り上げる若き奇才の姿[DVD]

    これまで幾度も再発され、その都度深い感銘を与える映像がARTHAUSに登場しました。本番では即興的とも言える自由自在な演奏を繰り広げるクライバーですが、リハーサルでは入念でデリケートな指示を与え、何度も何度も執拗なまでに音を追い続ける姿は、まさに音楽の神が乗り移ったかのようです。本番の映像では、細部に至るまで、完璧に作り上げた上で、新たな創造を加える彼の姿を見ることができるでしょう。1970年の闊達な姿をごらんください。(2011/04/13 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101063

  • CULT OPERA OF THE 1970s (Hamburg State Opera, 1967-1971) (NTSC) (11 DVD set)

    (2008/12/17 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101261

  • シュターツカペレ・ドレスデン 450周年記念演奏会[DVD]

    ドイツ・ザクセン州の州都ドレスデンにある州立歌劇場。人々は親しみを込めて「ゼンパー・オーパー」と呼びます。このゼンパーとはドイツの建築家ゴットフリート・ゼンパー(1803-1879)のことで、ドレスデンの宮廷劇場やウィーンのブルク劇場を建てた人です。しかしここの専属オーケストラであるシュターツカペレ・ドレスデンは更に歴史が古く、1548年にザクセン選帝侯の宮廷楽団として設立、現存するオーケストラとしては1448年に設立されたデンマーク王立管弦楽団に次ぐ長い歴史を有する楽団です。この映像は、そのオーケストラの創立450年を祝して行われたコンサートの模様です。選ばれた作品は全てこのオーケストラに関連するものであり、ヴィヴァルディの作品は、名前の通りこのオーケストラのためのもの。ウェーバーの「歓呼」はザクセン王国国王フリードリヒ・アウグスト1世の在位55周年を記念する祝典のための作品、ワーグナーの「リエンツィ」は1842年にこの劇場で初演され、ワーグナーの輝かしいキャリアを作る基盤となった作品、そして「アルプス交響曲」も1915年にこのオーケストラが初演をした作品…とどれもが密接な関わりを持つ曲なのです。指揮をしているのはイタリアの名指揮者ジュゼッペ・シノーポリ。2002年からザクセン州立歌劇場の音楽総監督に就任する予定でしたが、その直前の2001年4月20日、「アイーダ」の上演中に急逝、その約束は幻となってしまったことも知られています。(2014/06/25 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102321

  • ニコラウス・アーノンクール&チューリヒ歌劇場 オペラ・コレクション《BD》

    2014年12月6日で85歳の誕生日を迎える指揮者ニコラウス・アーノンクール。もともとはチェロ奏者として頭角を現し、平行して古楽器奏法を探求、1953年に立ち上げた「ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス」は古楽オーケストラの草分けとして、当時の聴衆に大きな刺激を与えました。バッハやヘンデル作品を次々と演奏しながら、オペラの分野にも進出。1970年代からチューリッヒ歌劇場をホームグラウンドとして、ジャン=ピエール・ポネルの演出によるバロック・オペラとモーツァルトを皮切りに、数々のオペラを上演し、その都度、聴衆を混乱と興奮の渦に引き込んだことでも知られています。アーノンクールとチューリヒ歌劇場はそれ以降も密接な関係を維持し、ロマン派のオペラでも大いなる成果を上げ、独特の解釈とユニークな演出が話題となっています。この3つのオペラも、それぞれ発売時から注目されているもので、フリムが演出した「フィデリオ」での簡素かつ骨太の装置、ベルクハウス演出の「魔弾の射手」では不気味さとユーモラスさが融合した不思議な世界、そしてクシェイ演出の「ゲノフェーファ」では白を基調にした装置に飛び散る鮮やかな血痕の鮮烈さなど、見るべきところが多いものです。また「フィデリオ」では当時新進気鋭のテノール、ヨナス・カウフマンを起用し、その才能を見出す目の確かさにも驚かされました。(2014/10/22 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:108129

  • ウェーバー:魔弾の射手ミサ/ハイドン:聖チェチーリア・ミサ[DVD]

    ウェーバー(1786-1826)が作曲した「聖なるミサ曲 第1番」はなぜか「魔弾の射手ミサ」と呼ばれていますが、実際のところは、この有名な歌劇とは何の関係もありません。1818年、当時のザクセン王アウグスト・フリードリヒ1世の命名の日にウェーバー自身の指揮で初演されましたが、恐らくこの作品の知名度をあげるために、後の誰かがウェーバーの代表作「魔弾の射手」の名前をつけて広めようとしたのではないかとされています。作品は実に壮麗で、独唱パートはまるでオペラのように華麗です。このホルスト・シュタインの演奏は、知られざる作品の蘇演として高く評価されているものです。もう1曲は、ハイドン(1732-1809)の「聖チェチーリア・ミサ」で、こちらは円熟期のクーベリックによる燃焼度の高いもの。ルチア・ポップの可憐な歌唱を筆頭に優れた歌手による敬虔で素晴らしい世界を楽しむことができます。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109106

  • ウェーバー:魔弾の射手ミサ/ハイドン:聖チェチーリア・ミサ[Blu-ray]

    ウェーバー(1786-1826)が作曲した「聖なるミサ曲 第1番」はなぜか「魔弾の射手ミサ」と呼ばれていますが、実際のところは、この有名な歌劇とは何の関係もありません。1818年、当時のザクセン王アウグスト・フリードリヒ1世の命名の日にウェーバー自身の指揮で初演されましたが、恐らくこの作品の知名度をあげるために、後の誰かがウェーバーの代表作「魔弾の射手」の名前をつけて広めようとしたのではないかとされています。作品は実に壮麗で、独唱パートはまるでオペラのように華麗です。このホルスト・シュタインの演奏は、知られざる作品の蘇演として高く評価されているものです。もう1曲は、ハイドン(1732-1809)の「聖チェチーリア・ミサ」で、こちらは円熟期のクーベリックによる燃焼度の高いもの。ルチア・ポップの可憐な歌唱を筆頭に優れた歌手による敬虔で素晴らしい世界を楽しむことができます。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109107

  • ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」[DVD,2Discs]

    ウェーバー(1786-1826)の傑作「魔弾の射手」を、伝説の名ディレクター、ルート・ベルクハウスが現代的な世界に甦られた不思議、かつ少々不気味な映像です。全体的に歌手たちの年齢が高めな分、落ち着いた雰囲気を醸していますが、各々の性格描写がなかなか思わせぶりで、ついつい物語を深読みしてしまうのが面白いところでしょう。ザイフェルトのマックスが少しずつ魔に魅せられていく過程には思わず背筋がぞくぞくするのではないでしょうか。対して、アーノンクールが指揮するチューリヒ歌劇場管弦楽団の演奏が実に折り目正しく、まさにドイツの精神を表出するもの。ウェーバーの音楽が持つロマン性よりも、ドイツ音楽の伝統を重視した硬質の響きに耳を奪われます。(2016/03/30 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109194

  • ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」[Blu-ray Disc]

    ウェーバー(1786-1826)の傑作「魔弾の射手」を、伝説の名ディレクター、ルート・ベルクハウスが現代的な世界に甦られた不思議、かつ少々不気味な映像です。全体的に歌手たちの年齢が高めな分、落ち着いた雰囲気を醸していますが、各々の性格描写がなかなか思わせぶりで、ついつい物語を深読みしてしまうのが面白いところでしょう。ザイフェルトのマックスが少しずつ魔に魅せられていく過程には思わず背筋がぞくぞくするのではないでしょうか。対して、アーノンクールが指揮するチューリヒ歌劇場管弦楽団の演奏が実に折り目正しく、まさにドイツの精神を表出するもの。ウェーバーの音楽が持つロマン性よりも、ドイツ音楽の伝統を重視した硬質の響きに耳を奪われます。(2016/03/30 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109195