Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ドラックマン, ジェイコブ(1928-1996)

Search results:2 件 見つかりました。

  • 詳細

    ドラックマン:弦楽四重奏曲第2番,第3番(グループ・フォー・コンテンポラリー・ミュージック)

    フィラデルフィア生まれのドラックマンの音楽は、技巧的にもかなり凝って、濃密、複雑に書き込まれており、心地のよい音符の奔流を味わうことができます。ジュリアード弦楽四重奏団のために作曲された、弦楽四重奏曲第2番は、一歩間違えると雑音になってしまうような、数々の特殊奏法が聴きものといえましょう。第3番は、やや穏健になっていますが、それでもグリッサンドやピチカートが多用され、独特の音響性世界が構築されています。「水の本性の反映」は、マリンバのための超絶技巧練習曲集といった趣向ですが、当盤では演奏者が作曲者の子息であるといったところにも注目です。Koch Internationalの再発売盤です。(2006/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559260

  • 詳細

    バーンスタイン:組曲「ペンシルヴァニア・アヴェニュー1600番地」/スラヴァ!/CBSミュージック/バーンスタインの誕生日の祝宴(サンパウロ響/オルソップ)

    2018年に生誕100年を迎えた偉大な音楽家バーンスタイン。このアルバムは彼が愛した作品や、折に触れて書いていた小品を集めた1枚です。冒頭に置かれているのは、ついつい一緒に「マンボ!」と掛け声をかけたくなる《ウェスト・サイド・ストーリー》の名曲「マンボ」。次はバーンスタインの親友、チェリストのロストロポーヴィチのために書かれた「スラヴァ!(ロストロポーヴィチの愛称)」。ショーを愛したバーンスタインらしい軽快な音楽の中に「政治的な批判」が込められた作品です。この曲のもとになったのは、数年前に書かれ、初演が不評に終わったミュージカル「ペンシルヴァニア通り1600番地」の主題。トラック3ではその“失敗作”ミュージカルのいくつかの曲を集めリサイクルした組曲を聴くことができます。短くとも印象的な「オン・ザ・タウン」のタイムズ・スクエア・バレエも強烈な印象を残します。1978年に放送されて以来、演奏されることのなかった「CBSミュージック」とバーンスタインの70歳を祝して友人たちが贈った「誕生日の祝宴」は世界初録音となります。8人の作曲家たちの思い思いの作品をお楽しみください。
    バーンスタインを尊敬してやまないオルソップの愛情がたっぷり込められています。
    (2018/10/31 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559813