Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ケルビーニ, ルイジ(1760-1842)

Search results:16 件 見つかりました。

  • オンスロウ:弦楽五重奏曲 ホ短調 Op.19/同ト短調 Op.51/ケルビーニ:弦楽五重奏曲

    (2006/05/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777187-2

  • ウィーン少年合唱団 他 - ミサ曲集[10CD]

    (2013/04/24 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C7161

  • ケルビーニ:ミサ曲集

    ドイツのケルンを拠点とし、古楽演奏の草分け的存在であるカペラ・コロニエンシス。古典派の珍しいレパートリーを積極的に復刻することでも知られるアンサンブルです。このケルビーニのミサ曲のアルバムも、発売当時に話題となった1枚です。指揮を務めるガブリエーレ・フェッレはイタリア・オペラの権威で、同じくケルビーニの宗教曲の蘇演に尽力しているムーティとも親友です。(2017/01/25 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C8013

  • 《比類なきチェリビダッケ》トリノ・ライヴBOXセット《DVD》

    世紀の大指揮者セルジウ・チェリビダッケの伝説的コンサートである「トリノ・ライヴ」をまとめたBOXセットです。1954年にフルトヴェングラーが死去した際、まるで追い出されるかの如くベルリン・フィルと決別したチェリビダッケは、その後、イタリア放送協会(RAI)に属する複数のオーケストラをはじめ、スウェーデンやデンマークのオーケストラに客演、1971年に南ドイツ放送交響楽団(後のシュトゥットガルト放送交響楽団)の創立25周年コンサートを指揮し、このオーケストラにひと時の安住の地を見出したことで知られています。この「トリノ・ライヴ」はそんな彼の流浪の時代における秘蔵映像ともいえるものです。(2014/10/22 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OA1152BD

  • 詳細

    18世紀のイタリア・オペラ序曲集 1 - ヴィヴァルディ/サンマルティーニ/レーオ/ヴィンチ/トラエッタ

    DYNAMICレーベルが誇る様々な歌劇全曲録音から、各々の序曲を3つの時代にわけて収録したシリーズの第1作。18世紀のイタリア歌劇は、タイトルすらも知られていない作品が多く、このアルバムの中にも、そんな隠れた名曲がいくつもあります。各々の作品は、どれもこのような作品の専門家たちによって演奏されており、バロック期から初期ロマン派までのスタイルの変遷を知るためにも貴重な1枚となっています。(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Dynamic
    カタログ番号:CDS7761

  • 詳細

    カペラ・コロニエンシス:1954-2004 録音集

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C49382

  • 詳細

    ケルビーニ:歌劇「メデア」(カラス/ヴィッカーズ/カーライル/コッソット/コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団&管弦楽団/レシーニョ)(1959)

    もし、最も偉大なソプラノ歌手マリア・カラス(1923-1977)がいなかったら、現在のオペラのレパートリーは随分さびしいものになっていたことでしょう。このケルビーニのオペラ「メデア」も決して上演されることはなく音楽史の片隅に埋もれたまま忘れ去られたに違いありません。なぜなら、この主人公メデアを歌うには強烈な存在感を備え、なおかつ完璧なベルカント唱法と幅広い声が必要だからです。もちろんカラスが出現するまでにも、素晴らしいソプラノ歌手は存在していましたが、ベッリーニやドニゼッティ、そしてこのケルビーニなどのいくつかのレパートリーの主人公は、生半可なソプラノでは全く歯が立たないものだったのです。バーンスタインが彼女の事を「オペラのバイブル」と呼んだほどに、彼女のドラマティックな歌唱は際立ったものであり、他の追従を許すことはありませんでした。愛した男ジャゾーネに裏切られ、復讐のためにジャゾーネの新恋人グラウチェを毒殺、また可愛いわが子までを手にかけるという強烈な女性を演じきれるのは、やはりカラスをおいて他にはいません。このアルバムはICA独自のルマスターによる素晴らしい音質が自慢です。(2013/09/25 発売)

    レーベル名:ICA Classics
    カタログ番号:ICAC5110

  • 詳細

    ケルビーニ/ガルッピ/クレメンティ:2台のオルガンのための作品集

    「2台のピアノ演奏があるならば、2台のオルガン演奏があったっていいじゃないか!」とは、「どこで演奏するのか?」といった問題もあり、そうはなかなかならないのですが、なってしまった例を集めてみました。18世紀から19世紀中庸にかけての温厚系作品が中心となっているため、物量作戦的な大音響の洪水というよりも、「対話(ダイアローグ)」の盤タイトルにふさわしい、掛け合いの楽しさや、1人の奏者ではなしえない多声的な書法など、2台のオルガンの絡み合いの楽しさが前面に出たものとなっています。歌劇「アイーダ」の編曲となる最終トラックはやや異色ですが、まさにこの編成におあつらえ向きの楽想といえましょう。(2004/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557131

  • 詳細

    ケルビーニ:カンタータ集(ド・ヴィユトレイ/アイッティンガー/カラシアク/ケルン・アカデミー/ヴィレンズ)

    1827年にベートーヴェンが没した時、彼を継ぐ作曲家として最も有力な存在と目されたのが、ルイジ・ケルビーニ(1760-1842)でした。彼は当時の最も優れたオペラ作曲家であり、彼が執筆した対位法の教則本はショパンやシューマンが用いたほどでした。しかし、その作品の素晴らしさとは裏腹に、大衆の人気を得ることはできず、数多くの歌劇も一時は劇場で上演されたものの、彼の死後はほとんど忘れられてしまい、その名声が復活するのは100年以上の年月を待たなくてはいけなかったことは誰もが知る通りです。そんな彼、オペラだけでなく宗教音楽も数多く書きましたが、この盤に収録さrているのはもっと珍しいカンタータです。これらはギリシャ神話を題材にしながらも、当時の民衆たちの怒りや悲しみを丁寧になぞり、曲に反映させたもので、歌劇作曲家とはまた違うケルビーニを知ることができるのではないでしょうか。(2013/12/18 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777776-2

  • 詳細

    ケルビーニ:弦楽四重奏曲全集

    (2003/04/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999949-2