Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



オークランド, ベン

Search results:3 件 見つかりました。

  • 詳細

    ジ・インク・スポッツ 初期録音集「スウィング・ハイ、スウィング・ロウ」(1935-1941)

    誰もがミルス・ブラザースは知っているが、インク・スポッツってのは初めてだ。しかし、ユルユルですなあ。でもブルージーで悪くはないっすよ。歌詞も凄いテキトー。黒人音楽の「底なし沼」を垣間見る思いである。コーラスの音程もアンサンブルもアバウト。バックのつつましいギターやベースもとってもアバウト。時々かかるかけ声やスキャットがこれまたイイ加減。でもこれが妙に合ってるんですなあ。(2001/06/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120534

  • 詳細

    ペギー・リー:「イッツ・ア・グッド・デイ」オリジナル・レコーディングス1941-1950

    ペギー・リーは戦前のアメリカン・ドリームの体現者だ。ノース・ダコタという田舎(ホントに凄いぞ)に北欧系の血を引いて生まれ、ウェイトレスしながら地元のラジオ局で歌い、メル・パウエルに見いだされてベニー・グッドマンに紹介される・・・なかなか無い強運の持ち主ですなあ。だけど、美人で、美声で、だけどちょっと意地の悪そうな歌い方で・・・、世の中の男がほっとく訳ないです。アメリカには、白人美人ボーカリストの系譜、というのが確立されているが、テレサ・ブリューワーにしろ、アニタ・オデイにしろ、ローズマリー・クルーニーにしろ、歌が上手い。「上手くて、可愛くて」で当然なのですね。さあ、聴きましょう。(2002/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120642

  • 詳細

    テッド・ヒース&ヒズ・ミュージック: 「ソー・イージー」オリジナル・レコーディングス 1948-1952

    1960年代にはデッカのフェイズ4へ、タイトなリズムとエキサイティングなハーモニーに彩られた名演盤を残しているテッド・ヒースの出発点を確認できる好アルバムです。ドーシー兄弟、グレン・ミラー、レス・ブラウン、ケントン、ハーマンといったアメリカの人気バンドの特徴を巧みに採り入れながら、凡百のイギリス系ダンス・バンドと一線を画したスピード感とノリを打ち出して、耳に心地よく、しかも思わず踊り出したくなるようなサウンドが決まっています。日本ではあの牧伸二の《やんなっちゃった節》として有名な《ハワイアン・マンボ》をはじめ、《ボギー大佐》やタッド・ダメロンのバップ・ナンバーに至るまで、とにかくお見事。ご機嫌です!(2003/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120717