Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



武満徹(1930-1996)

Search results:25 件 見つかりました。

  • LEAVING HOME: Orchestral Music in the 20th Century, Vol. 3: Colours (NTSC)

    (2005/10/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102037

  • LEAVING HOME: Orchestral Music in the 20th Century (NTSC)

    (2006/03/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102073

  • KYLIAN, Jiri: Svadebka / Symphony of Psalms / Torso (NTSC)

    (2009/07/15 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102115

  • イリ・キリアンのカーマン[Blu-ray]

    1947年プラハに生まれの振付師、イリ(イルジ)・キリアンの1970年代から80年代初期の3作品を収録しました。キリアンは、1967年英国ロイヤル・バレエ学校に入学。1968年ソリストとしてシュツットガルト・バレエに所属。ジョン・クランコに師事しながら振付を開始し、1975年にネザーランド・ダンス・シアターの副芸術監督、1978年には芸術監督に就任。この団体の発展に深く寄与した人です。彼の作品はしばしば謎めいていて、観る人に判断をゆだねる部分も多く、それこそが強い魅力であることは間違いありません。ストラヴィンスキーによる2作品は、合理的かつ躍動的な肉体の動きをまざまざと見せつけるもの。つくづく「ストラヴィンスキーの音楽は踊りに適しているんだな」と感じさせてくれます。「結婚」でのロシアの伝統的なセレモニーを模した動き、詩篇交響曲での控えめでありながら、強さ溢れる動きは、音楽と完全に溶け合い、強い感動を与えてくれるものです。一方、武満の音楽による「トルソ」も素晴らしいの一言。こちらは静止している体の美しさに思いが至ることでしょう。神秘的なコスチューム、計算し尽くされた照明、これらも、極限まで鍛え抜かれた肉体に彩りを添えています。(2015/02/25 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:108149

  • 「リーヴィング・ホーム」20世紀の管弦楽曲 (サー・サイモン・ラトルのガイドによる音楽旅行)[Blu-ray, 3Discs]

    2005年に発売されて以来、数多くの人々に愛されている「リーヴィング・ホーム」20世紀の管弦楽曲がデザインを一新して再発売となります。これはサイモン・ラトルとBBCによる、20世紀音楽を俯瞰する一大プロジェクトで、日本でもテレビ放送された全7回のプログラムで、CD録音のない曲やソリストとの共演も多く貴重な記録となっています。各回ともラトル自身がピアノ演奏をしながら作品をレクチャーし、バーミンガム市響などを指揮しての演奏場面も多数含まれており、まさに次世代へ繋げる貴重な映像と言えるものです。Blu-rayは初発売となります。(2016/04/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109222

  • 「リーヴィング・ホーム」20世紀の管弦楽曲 (サー・サイモン・ラトルのガイドによる音楽旅行)[DVD, 5Discs]

    2005年に発売されて以来、数多くの人々に愛されている「リーヴィング・ホーム」20世紀の管弦楽曲がデザインを一新して再発売となります。これはサイモン・ラトルとBBCによる、20世紀音楽を俯瞰する一大プロジェクトで、日本でもテレビ放送された全7回のプログラムで、CD録音のない曲やソリストとの共演も多く貴重な記録となっています。各回ともラトル自身がピアノ演奏をしながら作品をレクチャーし、バーミンガム市響などを指揮しての演奏場面も多数含まれており、まさに次世代へ繋げる貴重な映像と言えるものです。Blu-rayは初発売となります。(2016/04/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109237

  • 詳細

    ギターリサイタル:リカルド・ガレン

    日本でも才能ある若者達が活躍中ですが、20世紀末になって、ギター音楽の世界もイケてきましたね。かっこいい作品も増えました。当盤でもキューバ出身の作曲家による2や14のように、弾き終わって「決まった…」と思わずつぶやきたくなるような。武満徹の名作が聴けるのも日本人には嬉しいところ。「フォリオス」の10ではバッハの「マタイ受難曲」が、その武満と親交のあったギタリスト、ブローウェルの「ソナタ」の4ではベートーヴェンの交響曲「田園」が引用されるのも、大事なチェックポイント。前途洋々たる若手奏者の眩いばかりの才能をご堪能ください。(2001/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554832

  • 詳細

    桂冠ヴァイオリニスト:神谷美千子(ベートーヴェン/サン=サーンス/武満/他)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554401-02

  • 詳細

    サッリネン:フルート協奏曲「アルルカン」/武満徹:海へII/ペンデレツキ: フルート協奏曲(アランコ/タピオラ・シンフォニエッタ/カム)

    まずは武満作品をお聴き下さい。東洋的ながらドビュッシー顔負けの印象派ぶりで、何て夢一杯のキレイな響き!フィンランドの珍しいサッリネン作品は正に掘出し物で、特に第3楽章の技巧性と抜群の機知による描写は最高です!ポーランドのペンデレツキ作品は、いかにも「現代」っぽい作曲技法を駆使した(でも決して超難解ではありません)協奏曲。20世紀という時代による、フルートの三者三様の表情の演出を満喫しましょう。フルートのアランコと指揮のカム、フィンランドを代表する名演奏家達が透徹した音空間をお届けします。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554185

  • 詳細

    実験工房 - 武満徹/佐藤慶次郎/湯浅譲二/鈴木博義/福島和夫(園田高弘/一柳慧)(NHK「現代の音楽」アーカイブシリーズ)

    1951年から1957年までのおよそ6年間のみ存在した「実験工房」は、多彩な分野で活躍する最先端の芸術家たちが自発的に集結し、自らも前衛芸術を提唱した詩人、瀧口修造を後見人とした総合芸術グループです。彼らによって生み出された作品は、ダンス、演劇、バレエ、映画など多岐に渡りますが、とりわけ音楽の分野では、最先端の海外作品を紹介しながら、日本ならではの音楽を創り上げるなど活発な動きがありました。彼らによる作品群は当時の人々に大きな驚きをもたらしたことは間違いありません。このアルバムには、中心的メンバーであったピアニスト園田高弘による1957年の演奏会の録音を中心に、独学で作曲を志しながらも「実験工房」に参加したことで独自の作風を確立した福島和夫の作品などを収録しています。この福島作品は、林リリ子と林光のデュオによる貴重な録音で、これまで聴くことのできた既存音源とは一線を画したものとして評価されることでしょう。そして、アルバムの核となる、園田の演奏する武満徹、佐藤慶次郎、湯浅譲二、鈴木博義の音楽は、当時彼らが強く影響を受けたであろうオリヴィエ・メシアンの音楽を一瞬彷彿させながらも、新しいものを模索しようともがく「先導者」たちの姿を浮き彫りにします。(2013/01/23 発売)

    レーベル名:Naxos Japan
    カタログ番号:NYNG-013