Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ティペット, マイケル(1905-1998)

Search results:11 件 見つかりました。

  • TIPPETT, M.: King Priam (Kent Opera studio production, 1985) (NTSC)

    (2007/11/28 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102087

  • ティペット:歌劇「プリアモス王」(映画)[Blu-ray Disc]

    1962年に作曲されたマイケル・ティペット(1905-1998)の歌劇「プリアモス王」。ギリシア神話に登場する人物で、イーリオス(トロイア)の王ラーオメドーンの子であり、トロイア最後の王となったとされています。正妻ヘカベとの間に10人以上の子を成したほか、母親の違う子供たちが100人以上(息子50人、娘50人)いたとされる豪傑ですが、トロイア落城の際にアキレウスの子、オプトレモスに殺害されてしまいます。高潔な人格者であり、その人柄は他国にも知れ渡っていたようですが、神託を信じ息子パリスを山に捨てるなど、流されやすい面も持っています。この映像は1985年の演奏を収録したもので、簡素な装置と白を基調にした衣装、照明は時代を超越した人間ドラマを描き出します。各々の歌手の名唱もさることながらノリントンの作りだす意欲的で刺激的な音楽は耳を捉えて離しません。まずは冒頭の金管楽器の咆哮をお聞きください。凄すぎです。(2016/01/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109179

  • 詳細

    ウォルトン/ブリテン/ティペット/バークリー/ベネット:歌曲集(イギリス歌曲の1世紀 1)(レナード)

    20世紀の始めから連綿と書き連ねられてきた英国歌曲の数々。このシリーズではブリテンやウォルトンなど良く知られた作曲家から、ほとんど無名の作曲家まで、多数の曲を採り上げ演奏しています。第1集ではブリテンを中心にウォルトンやティペットなど、主として20世紀前半の歌曲が選ばれており、その多くは民謡風の旋律を持つ素朴なものです。名伴奏者マルコム・マルティノーのピアノも聴きどころです。(2019/01/18 発売)

    レーベル名:SOMM Recordings
    カタログ番号:SOMMCD213

  • 詳細

    ティペット:オラトリオ「われらの時代の子」(バーミンガム市響/ティペット)

    20世紀イギリスを代表する声楽曲「われらの時代の子」は、ティペットの出世作で、彼の名前を語り継がせるに足る名作であり、第2次世界大戦の開始時に、人類の人類に対する残酷をテーマに作曲された問題作なのです。ヘンデル「メサイア」をモデルとし、音楽的な頂点は、バッハのカンタータにおけるコラールのように配置された5曲のスピリチュアルです。よく知られた旋律を用い、シンプルにアレンジを施したこれらの5曲において、人類の歴史を通じて虐げられた人々の苦しみがこだまし、聴く者を大きな感動へ導きます。作曲者の自作自演盤は永遠に輝き続けることでしょう。コリンズ・レーベルの移行発売盤です。(2005/04/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557570

  • 詳細

    ティペット:ピアノ協奏曲/歌劇「真夏の結婚」 - 典礼舞曲(フリス/BBCスコットランド響/ハースト)

    20世紀英国を代表する作曲家ティペット、その名前だけは知っていても、作品を知らない人は多いかも。そんな貴方が管弦楽曲ファンなら「典礼舞曲」(あのチェリビダッケも演奏したことあり!)に是非とも触れておきましょう。作曲者初のオペラ中の舞曲を演奏会用に仕立てたのですが、原曲を知らなくても大丈夫。特に音楽が突然立ち止まるサビの部分は、不思議と耳について離れません。同時期の作品で性格的に共通点があり、作曲者はピアノを歌わせることを意図した「ピアノ協奏曲」には、名ピアニストのカッチェンが“演奏不能”と判断した逸話があります。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553591

  • 詳細

    ティペット:弦楽四重奏曲集 1 - 第1番, 第2番, 第4番(ティペット弦楽四重奏団)

    音楽辞典には「穏健な作風」とありますが、この弦楽四重奏曲集を聴いて、それに同意できるのはごくわずかな人なのではないでしょうか。確かに至るところに叙情性が溢れ、時としてはっとするほど美しい瞬間もありますが、それはほんの一瞬。せわしない感情の流れと、底辺に流れる僅かばかりの狂気のようなものが聴く者の心を蝕みます。作曲家の名を冠した弦楽四重奏団による理知的な演奏で。(2008/12/10 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570496

  • 詳細

    ティペット:弦楽四重奏曲集 2 - 第3番, 第5番(ティペット四重奏団)

    同じ団体による第1集(8.570496)をお聴きになった方ならおわかりの通り、この第2集もすばらしい出来栄えです。ティペットにほれ込み、団体の名前に据えてしまうほどの若きイギリスの演奏家たちによるこの第3番と第5番の弦楽四重奏曲は、どちらもティペットが敬愛していたベートーヴェンの影響が見てとれます。後年のティペットに見られるような劇的な作風ではなく、ソナタ形式に基づき、要所要所で対位法を用いた、ある意味古典的なフォルムを用い、そこに現代的な味付けを施したこれらの曲は20世紀の室内楽作品の中でも極めて重要な作品として数えられることでしょう。(2009/12/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570497

  • 詳細

    ティペット:ピアノ・ソナタ集(ドノホー)

    演奏の難度ゆえに、ティペットのピアノ・ソナタはピアニストにとっても敷居の高い存在ですが、イギリス・ピアノ音楽なら行くところ可ならざるはなしのドノホー、今回も無敵の演奏を繰り広げています。時にジャズ的な要素が顔を出しますが、そういった部分ではセンス抜群のノリのよさですし、とりわけ第1番の第3楽章や、第3番の第3楽章のような急速系の楽章における、細かい音符の粒立ちのよさは鳥肌モノの素晴らしさで、圧倒的なクライマックスを築き上げることに成功しています。はっきりしたメロディーの輪郭を持たない、第2番や、第3番のように、晦渋な面もある辛口の楽曲達を、ここまで楽しませてくれるとは、ちょっとオドロキです。(2006/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557611

  • 詳細

    ティペット/ホッジ/ラヴェル/F. クープラン/ドビュッシー:ピアノ作品集(セリック)(1941-1942)

    イギリスの女性ピアニスト、フィリス・セリック(1911-2007)。1937年に結婚した夫シリル・スミスとデュオを組み、たびたびプロムスで演奏。夫が病気で左手の機能を失ったときには、マルコム・アーノルドが彼らのために「3手のためのピアノ協奏曲」を作曲、大切なレパートリーとして演奏活動を続けたことでも知られています。このアルバムは2007年に95歳でこの世を去った彼女への思い出として制作されたもの。明快な表現と巧みなテクニックで演奏されたバロックから近代に至る一連の作品は、セリックの優れた資質を克明に描き出しています。(2019/03/29 発売)

    レーベル名:SOMM Recordings
    カタログ番号:SOMMCD079

  • 詳細

    バーグマン:パストラーレ/ティペット:4つのインヴェンション/リドー:独白(リメンバリング・アルフレッド・デラー)

    偉大すぎるカウンターテナー、アルフレッド・デラーへのオマージュ・アルバムです。イギリスに生まれ、地元の教会の聖歌隊で歌っていた彼は、変声期を過ぎた後でも高い声で歌い続け、最終的にカウンターテナーを職業にするようになりました。当時、この声種は一般的でなく、男子のみの権威ある合唱団の中でだけ活躍する場があったのですが、作曲家マイケル・ティペットがデラーを賞賛してことで、その存在が注目され、カストラートに続く、ルネサンス、バロック期の音楽を演奏する際に重用されるようになったのです。このアルバムはカウンターテナー歌手のデラーだけでなく、デラー・コンソートの主宰者としての彼に焦点をあて、その偉大な業績を様々な角度から賛美したものです。(2015/03/25 発売)

    レーベル名:Divine Art
    カタログ番号:DDA25114