Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



シチェドリン, ロディオン・コンスタンチノヴィチ(1932-)

Search results:14 件 見つかりました。

  • SHCHEDRIN, R.: Seagull (The) (Bolshoi Ballet, 1980) (NTSC)

    (2010/05/19 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101477

  • マイヤ・プリセツカヤを讃えて 2010年11月20日 彼女の85歳の誕生日を祝して[DVD]

    20世紀を代表する名バレリーナ、マイヤ・プリセツカヤは、1925年ロシア在住のユダヤ人の名門に生まれました。しかし1938年に彼女の父親がスターリンの粛正により処刑されたことで、一家は離散。彼女はバレリーナであったおばの家の養女となります。1943年にボリショイ・バレエ団に入団しますが、出自がユダヤということで、その才能が開花される機会に恵まれず、「瀕死の白鳥」の芸術性の高い舞踊で高い評価を受けるも、国外公演に同行することすら許されなかったと言います。そんな彼女がようやく名声を掴んだのは1959年のこと。初めて彼女のバレエを目にした西側の人々は、彼女の高い技術と美しさに感嘆しました。またその前年に作曲家のシチェドリンと結婚した彼女は、二人三脚で「カルメン組曲」を始めとした素晴らしい作品を創り上げていくことになります。彼女の踊りに魅せられた振付師たちも数知れず。ここではベジャールやプティらが彼女のために、とびきりの振付を施した演目を目の当たりにすることができるでしょう。(2011/04/13 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101539

  • ロディオン・シチェドリン-ロシアの作曲家[DVD]

    「このDVDは、音楽家としての私の生涯の功績についてのドキュメンタリーです。私のキャリアはインタヴューと、保存された資料、そしてライヴ・パフォーマンスによって映し出されます。私がこれまでに達成してきたことがここに記録されています」…ロディオン・シチェドリン《br》1932年生まれのシチェドリンは、旧ソ連の指導的な作曲家の一人であり、1973年からソ連作曲家同盟の議長も務めました。彼の妻はバレリーナ、マイヤ・プリセツカヤであり、彼女のために多くの舞台音楽も書いています。「カルメン組曲」などを始めとする民族音楽をルーツとする色彩的な管弦楽法や、音列技法を用いた荒々しい作品など、特徴的な音楽を多く書き、最近ではスケート選手らも、好んで彼の作品を使っていることでも知られています。このドキュメンタリーは彼にとっても初の試みであり、ヴォルフ・ゼーゼマンは彼の内面にまで深く切り込む見事な映像を構築。この魅力的な作曲家をもっと深く知るための、絶好の資料となることは間違いありません。コンサート映像も魅力的で、彼の理解者であるプレトニェフの華麗な棒捌きから繰り出される迫力ある音楽には、思わず耳と目がひきつけられることでしょう。(2012/12/19 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101663

  • エレガンス‐ジ・アート・オブ 《マイヤ・プリセツカヤ》5つのバレエを讃えて

    “私の人生における最も重要なマイルストーンがこのような形でまとめられるのを見て、私はとても幸せです。/この映像には、ローラン・プティからモーリス・ベジャールまで、私と素晴らしい共同作業を行った振付師の仕事も含んでいます。素晴らしい!”マイヤ・プリセツカヤ20世紀を代表する名バレリーナ、マイヤ・プリセツカヤは、1925年ロシア在住、ユダヤ人の名門家庭に生まれました。しかし1938年に彼女の父親がスターリンの粛正により処刑されたことで、一家は離散。彼女はバレリーナであったおばの家の幼女となります。1943年にボリショイ・バレエ団に入団しますが、出自がユダヤだったため、その才能を開花させる機会になかなか恵まれず、「瀕死の白鳥」の芸術性の高い舞踊で高い評価を受けるも、国外公演に同行することすら許されなかったと言います。彼女がようやく名声を掴んだのは1959年のこと。初めて彼女のバレエを目にした西側の人々は、その高い技術と美しさに感嘆しました。またその前年に作曲家のシチェドリンと結婚、二人三脚で「カルメン組曲」を始めとした素晴らしい作品を創り上げていくことになります。彼女の踊りに魅せられた振付師たちも数知れず。この映像ではベジャールやプティと言った人々が「彼女だけのために」とびきりの振付を施した演目を目の当たりにすることができるでしょう。/(2017/02/24 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109321

  • 詳細

    PAPERNO, Dmitry: Piano Recital

    (2011/08/10 発売)

    レーベル名:Cedille
    カタログ番号:CDR90000-074

  • 詳細

    ヴァスクス/カウエル/シチェドリン/シェーンフェルト:ピアノ三重奏曲集(アダストラ・ピアノ三重奏団)

    「Akademos弦楽四重奏団」の第1ヴァイオリン奏者アンナ・シェベルカ、ポーランド国立放送交響楽団の首席チェロ奏者ルーカス・フラント、カトヴィツェ音楽大学で教えるピアニスト、ジョアンナ・ガロン=フラント。この3人で結成されたアダストラ・ピアオン三重奏団のデビュー・アルバム。20世紀アメリカとバルト海周辺という作風の違う作品を並べた異色のプログラムは、彼らの技術、音楽性を問うと同時に、聴き手にとっても興味がそそられる楽しいものです。/(2017/05/26 発売)

    レーベル名:CD Accord
    カタログ番号:CDAccordACD231

  • 詳細

    シチェドリン:管弦楽のための協奏曲第4番, 第5番/クリスタル・グスリ(ボーンマス響/カラボワツ)

    ロシアの現代作曲家シチェドリンは小さな町アレクシンで幼い頃を過ごしましたが、そこでは川に浮かぶボートからいつもアコーディオンやバラライカ、人々の歌う声や、時には、葬式で嘆く人々の声すらも聞こえてきたと彼は述べています。このアルバムに収録された3つの作品は、全て彼の幼年期の思い出に基づいた曲でノスタルジックな雰囲気を湛えています。「輪舞」は古いスラブのお祭りの風景です。若者たちの歌と踊りが聞こえてきますが、どれも本物のロシア民謡ではなく、シチェドリンの空想の中にある音で構成されています。「4つのロシアの歌」は1曲だけ本当のロシア民謡が使われています。これはリムスキー=コルサコフも自身の民謡集に収めたものですが、ここでは現代的な衣装を纏って目の前に現れます。「クリスタル・グズリ」は彼の友人でもあった武満徹の記念祭のために書かれた曲で、シチェドリンの武満に対する強烈な賛美が表現されています。(2010/06/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572405

  • 詳細

    シチェドリン:カルメン組曲/管弦楽のための協奏曲(ウクライナ国立響/クチャル)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553038

  • 詳細

    シチェドリン:チェロ協奏曲/かもめ組曲(ユロネン/ヘルシンキ・フィル/ムストネン)

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE955-2

  • 詳細

    ショスタコーヴィチ/デシャトニコフ/シチェドリン/シュニトケ/フォーレ:チェロとピアノのための作品集(ヴェデルニコフ/ゴリボル)

    2015年に48歳の若さで生涯を閉じたロシアのチェリスト、オレグ・ヴェデルニコフ。才能に恵まれた奏者でありながらも、存分に名声を勝ち得たとは言えない不遇の演奏家の一人です。スヴェドロフスクでエンジニアの家庭に生まれたヴェデルニコフは、ウラルで学んだ後、1989年にモスクワ音楽院の大学院に入学、ナタリア・シャコフスカヤに師事、ソロ活動を始めてすぐにピアニストのアレクセイ・ゴリボルとデュオを結成して活動を始めます。1991年にイタリアのトラーパニで開催された室内楽コンクールで1位を獲得、ロシア同時代の作曲家たちの作品の初演を数多く行う演奏家として知名度を上げました。2001年には北京交響楽団の首席チェロ奏者となり、10年以上中国で活躍、帰国後はモスクワ現代音楽アンサンブルのソリストを務めていましたが、病を得て、2015年6月11日に惜しまれつつこの世を去りました。この1993年に録音されたアルバムは、当時デュオを組んでいたゴリボルとの共演で「20世紀のロシア作品」が収録されていますが、この録音はこれまでリリースされることがなく、ヴェデルニコフの死後1年以上を経て、彼の思い出のためにリリースが決定したということです。(2017/02/24 発売)

    レーベル名:Melodiya
    カタログ番号:MELCD1002452