Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ホルスト, グスターヴ(1874-1934)

Search results:48 件 見つかりました。

  • KEN RUSSELL‘S VIEW OF THE PLANETS ケン・ラッセルの見た惑星[DVD]

    イギリス出身の映画監督ケン・ラッセル。クラシック音楽好きなら1974年の映画「マーラー」で冒頭の作曲小屋が燃え落ちる場面に心震わせなかった人はいないのではないでしょうか。彼は他にも数多くの偉人の伝記映画を製作していますが、どれもが独断と偏見、そして不必要なほどの猥褻さを持ち、そして魅力的で他に類を見ないほどに個性的な作品として知られています。この「惑星」は1983年に製作されたムーヴィー・ドキュメンタリーで、イギリスのデイリー・メール紙でも大絶賛された映像です。ホルストの壮大な音楽に載せて、彼自身における「惑星」のキャラクターを視覚化していく行動的で力強い「火星」、全ての愛と美の象徴「金星」、雄弁な「水星」、明るく希望に満ちた「木星」、持続的な「土星」、風変わり、そして予測不能な「天王星」、はかなく神秘的な「海王星」という7つの性格を挑発的に描いていくケン・ラッセルの世界をぜひお楽しみください。使用音源は、ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団による決定的名演です。(2016/04/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109168

  • KEN RUSSELL‘S VIEW OF THE PLANETS ケン・ラッセルの見た惑星[Blu-ray Disc]

    イギリス出身の映画監督ケン・ラッセル。クラシック音楽好きなら1974年の映画「マーラー」で冒頭の作曲小屋が燃え落ちる場面に心震わせなかった人はいないのではないでしょうか。彼は他にも数多くの偉人の伝記映画を製作していますが、どれもが独断と偏見、そして不必要なほどの猥褻さを持ち、そして魅力的で他に類を見ないほどに個性的な作品として知られています。この「惑星」は1983年に製作されたムーヴィー・ドキュメンタリーで、イギリスのデイリー・メール紙でも大絶賛された映像です。ホルストの壮大な音楽に載せて、彼自身における「惑星」のキャラクターを視覚化していく行動的で力強い「火星」、全ての愛と美の象徴「金星」、雄弁な「水星」、明るく希望に満ちた「木星」、持続的な「土星」、風変わり、そして予測不能な「天王星」、はかなく神秘的な「海王星」という7つの性格を挑発的に描いていくケン・ラッセルの世界をぜひお楽しみください。使用音源は、ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団による決定的名演です。(2016/04/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109169

  • 恋人たちのためのクラシック

    (2010/08/18 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570013-14

  • ミスティック・クラシック

    (2010/12/15 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570225-26

  • 詳細

    21世紀のクリスマス - かくも麗しいバラはない(ヴォーカル・グループ・コンサート・クレメンス/サイアー=ハンセン)

    1997年に設立されたデンマークの優れた声楽アンサンブル"ヴォーカル・グループ・コンサート・クレメンス"の歌うクリスマス・アルバム。21世紀に書かれた作品と、伝承曲でありながら現代の作曲家がアレンジした作品が織り交ぜられた興味深い選曲に注目です。タイトルの「バラ」は愛の象徴であるとともに、聖母マリアの象徴でもあり、慈しむかのような歌声は、クリスマスの歓びとともに、マリアの限りない愛も表現しています。(2016/12/21 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100062

  • 詳細

    ア・スタインウェイ・クリスマス・アルバム(ビーゲル)

    ジェフリー・ビーゲルが演奏する楽しいクリスマス・ピアノ曲集です。どの曲もステキなアレンジが施されていて聴いているだけでわくわくするものばかり。誰もが知ってるアンダーソンの「そりすべり」もピアノの美しい音色を存分に生かした重厚なアレンジが見事。まるで豪華純金製のそりに乗っているかのようなゴージャスさです。トラック13は、聞き覚えのあるリストの「ため息」がいつの間にかクリスマス・ソングに変わってしまうというもの。こんな仕掛けが至るところにあって、一つ一つ確かめていくだけでも楽しいはずです。(2012/12/19 発売)

    レーベル名:Steinway and Sons
    カタログ番号:Steinway30005

  • イギリスの弦楽作品集(ボーンマス・シンフォニエッタ/スタッド)

    20世紀のイギリスでは、数多くの弦楽合奏曲が生み出され、そのどれもが類い稀なる輝きを放ち、この分野での最高傑作たる名作揃いであることは疑う余地がありません。このアルバムに収録された5つの作品も素晴らしいものばかりです。ブリテンはその活動の初期に、恩師フランク・ブリッジから強い影響を受けました。この曲はそんなブリテンの出世作であり、ブリッジの「牧歌」から主題を選び出し多彩な変奏を紡ぎ出したものです。ホルストの「セント・ポール組曲」は終曲におなじみの「グリーンスリーヴス」のメロディが絡み合います。ディーリアスの「2枚の水彩画」は、確かに音で描いた絵画であり、ドビュッシーら印象派の作品とはまた違う色合いを描きだします。イングランドの伝承メロディーを変奏していく「富める…」、中世音楽の素材を時代を超えて再現させたウォーロックの「カプリオール組曲」と、これでもかとばかりに迫る弦の響きに圧倒されてください。 ( 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.550823

  • ( 発売)

    レーベル名
    カタログ番号

  • ( 発売)

    レーベル名
    カタログ番号

  • ( 発売)

    レーベル名
    カタログ番号

  • ( 発売)

    レーベル名
    カタログ番号

  • /sharedfiles/images/cds/others/8.550823.gif

    1 ( 発売)

    レーベル名
    カタログ番号:1987.10.01

  • 詳細

    イギリスの弦楽小品集 3 (ロイヤル・バレエ・シンフォニア/ロイド=ジョーンズ)

    オーケストラから弦楽器を除いたブラスバンドは、非常にポピュラーな演奏形態であるのに対し、弦楽器のみを取り出した弦楽合奏は、どちらかというと日陰者の道を歩んでいます。しかし実のところこの分野、ちょっとほじくり返すと素晴らしい秘曲ザクザクの鉱脈につきあたり、マニアには、もとい万人にとってもたまらない魅力に満ちています。そんな中でも一大鉱脈をなす近代イギリスの、素晴らしい楽曲の数々を収録したのが当盤です。ポピュラー風のノリが楽しいマルテッリ、堂々たるシンフォニックな響きが充実したヒュードやモントゴメリー、ドラマティックなクライマックスが感動を呼ぶフィンジなど弦の多彩な魅力が満開、大推薦の一枚です。(2001/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555069

  • 詳細

    イギリスの弦楽小品集 4 (ノーザン・シンフォニア/ロイド=ジョーンズ)

    大好評の本シリーズもついに第4集となりましたが、今回も知られざる名曲のてんこ盛りです。どの曲を紹介しようかと本当に迷ってしまうのですが、収録曲の大半は歌系と踊り系に大別できるので、それぞれから代表選手を選抜してみましょう。歌系ではなんといってもホープの間奏曲がピカイチ。甘く切ない、そしてちょっと淋しいメロディーとピチカートの伴奏音型の取り合わせが絶妙で、超・超感動の余りに涙が出そうです。踊り系ではルイスのジグが大変にユニークで、跳ねるようなポルタメントと特徴的なユニゾンの用法がいつまでも耳に残ります。もちろんその他の作品も、美しい抒情とユニークな発想に溢れています!(2002/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555070

  • 詳細

    イギリスの弦楽小品集 6 (ロイヤル・バレエ・シンフォニア/ロイド=ジョーンズ)

    イギリスの弦楽作品のシリーズは、どの作品を聴いても、思わず好きになってしまう魅力でいっぱいの宝箱。大言壮語だけが音楽ではないのです。ホルスト、パーセル、ウォーロックといった英国を代表する作曲家の作品をお薦めするのはもちろんですが、他のラインアップにもご注目を!とろけるような美しい旋律をたたえた5。何だか嬉しくなっちゃうカースの組曲。風光明媚な田園風景を想起させるカーの小品。ミュージカルで有名なアンドルーの父にあたるウィリアム・ロイド・ウェッバーの洒落たワルツ。セインズベリーの内省的な夜想曲。リプキンの組曲は少々難解ですが、ヴィヴァルディの「四季」を引用しています!(2006/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557753