Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



グリンカ, ミハイル・イヴァノヴィチ(1804-1857)

Search results:24 件 見つかりました。

  • OPERA HIGHLIGHTS, Vol. 2 (NTSC)

    (2007/06/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102049

  • 偉大なるアリア集:どこに行ってしまっのだ、あの青春の日々は ~ロシア・オペラの名アリアと場面集(DVD)

    ロシア・オペラの名アリア集。ロシア・オペラといえば「低声の魅力」を楽しむイメージがありますが、もちろんそれだけではありません。19世紀初頭、グリンカの登場で独自の路線を進み始めたロシアのオペラは、民俗色豊かな旋律と、プーシキンやトルストイなど、ロシアの作家の物語をもとにした重厚なストーリーに支えられた作品が数多く揃っています。この映像で、そんなロシア・オペラの名場面の数々を、選りすぐりの歌手たちの歌唱でお楽しみいただけることでしょう。タイトルはチャイコフスキーの「エウゲニ・オネーギン」の"あの輝かしい青春の日々はどこへ行ってしまったのか"から取られています。(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109246

  • 偉大なるアリア集:どこに行ってしまっのだ、あの青春の日々は ~ロシア・オペラの名アリアと場面集(BD)

    ロシア・オペラの名アリア集。ロシア・オペラといえば「低声の魅力」を楽しむイメージがありますが、もちろんそれだけではありません。19世紀初頭、グリンカの登場で独自の路線を進み始めたロシアのオペラは、民俗色豊かな旋律と、プーシキンやトルストイなど、ロシアの作家の物語をもとにした重厚なストーリーに支えられた作品が数多く揃っています。この映像で、そんなロシア・オペラの名場面の数々を、選りすぐりの歌手たちの歌唱でお楽しみいただけることでしょう。タイトルはチャイコフスキーの「エウゲニ・オネーギン」の"あの輝かしい青春の日々はどこへ行ってしまったのか"から取られています。(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109247

  • 「音楽の旅」シリーズ - マドリード、ラ・マンチャ地方、トレド *日本語解説書付き[DVD]

    (2004/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.110509

  • GLINKA, M.I.: Chamber Music - Septet / Trio pathétique / Serenade / 3 Russian Songs (Consortium Classicum)

    ロシア国民楽派の祖であり、後のロシア人作曲家たちに多大な影響を与えたミハイル・グリンカ。若い頃にはジョン・フィールドにピアノを習い、イタリアをはじめとしたヨーロッパの諸国で多くの知識を吸収するうちに、却って「ロシアの音楽」に目覚めたという彼の思想は、代表作《皇帝に捧げた命》や《ルスランとリュドミラ》などの歌劇として結実しました。グリンカの室内楽曲は、ロシア的というよりはウィーン古典派の様式に則った作品が多いせいか、あまり知られているとは言えません。しかし耳にする機会の多い「悲愴三重奏曲」も含め、どれも仄暗い抒情を秘めた美しい曲です。注目は「3つのロシアの歌」によるピアノ三重奏曲。グリンカの死後の1880年代、ヘルマンによって編曲された珍しい作品です。/(2017/09/29 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777871-2

  • ミュンヘン放送管弦楽団60周年記念BOX 6人の偉大なる歌手たち…「ミュンヘンの日曜日」からの伝説的録音[6枚組]

    分売でも好評の「偉大なる歌手」シリーズは、ミュンヘン放送の目玉番組である「日曜コンサート」の模様を歌手ごとに収録したもので、コンサートやオペラの舞台とは違う、リラックスした歌手たちの歌が聴けることでも知られます。今回ミュンヘン放送60周年を記念したBOXには、既発の6枚に加え、このBOXだけのボーナスCDが付属しています。歌っているのは、鮫島有美子さんの師として知られるエリザベス・グリュンマー。ドイツで生まれ、最初は女優として活動するも、1941年アーヘンでオペラ・デビュー。1946年よりリリック・ソプラノとしてベルリン市立歌劇場で活躍し、その後エディンバラ、バイロイト、ザルツブルクなどの音楽祭に招かれ世界的な知名度を得ます。53年以降はウィーン国立歌劇場の人気歌手となり、モーツァルト、R.シュトラウスのスペシャリストとしても知られています。ここでのモーツァルトは彼女の真骨頂とも言えるものです。1963年には日本でも「フィガロ」の伯爵夫人を歌っています。(2013/01/23 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900309

  • ミハイル・グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」5幕

    キエフ大公の娘リュドミラは、騎士ルスランとの婚礼の席で悪魔にさらわれてしまいます。大公は部下たちに探索を命じ「連れ戻した者には国の半分と娘を与える」と公約。もちろんルスランは名乗りを挙げますが、他にもハザールの王子やノルマン人騎士たちが追随し、3人でリュドミラを探しに出かけることになります。邪魔する魔女、彼らを助ける白魔術師らが入り乱れ、お話は混迷していきますが・・・。近代ロシア音楽の父グリンカ(1804-1857)の代表作「ルスランとリュドミラ」の全曲映像の登場です。勇壮な序曲はしばしば耳にしますが、全曲はというとほとんど目にする機会もなく、そもそもどのような物語かすらも知られていない歌劇です。ボリショイ劇場はこの作品を非常に大切にしており、これまでに9種類の演出で700回以上も上演するという超ロングヒットを記録しています。こちらは2011年、ボリショイ劇場改装後の新演出で、左右に置かれた2つの巨大なスクリーンを用い、登場人物たちは19世紀と21世紀を行き来しながら、ユロフスキのダイナミックな指揮とともに、このおとぎ話風の物語を絶妙に盛り上げていきます。(2016/09/28 発売)

    レーベル名:Bel Air Classiques
    カタログ番号:BAC120

  • ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー[DVD]

    (2011/05/18 発売)

    レーベル名:ICA Classics
    カタログ番号:ICAD5027

  • OPERA.JAZZ.BLUES ジャズ・アレンジで聴く様々なアリア、歌集

    1994年にモスクワ音楽院を卒業し、世界中をその声で魅了している歌手ゲルズマーワ。このアルバムは名アレンジャー、ダニエル・クラマーによるジャズ・アレンジが施されたオペラ・アリアや名歌曲をバランスよく配置、もともとジャズテイストの強い「サマータイム」はもちろんのこと、モーツァルトの「アレルヤ」など意表をつく作品までもが、彼女の声が作り出す心地良い流れの中にごく自然に溶け込んでいます。(2017/02/24 発売)

    レーベル名:Melodiya
    カタログ番号:MELCD1002466

  • 詳細

    グノー/ビゼー/リムスキー=コルサコフ/グリンカ/ラフマニノフ:バスのためのオペラ・アリア集(ギャウロフ)

    一般的にバス歌手は、テノールやバリトン歌手のような華やかな役割を負う事がありません。確かに迫力ある歌声は、恋人と愛を語るよりも、手管を弄して女を横取りするか、善人に悪をささやくか、または陰謀を企てるか・・・こんな役がぴったりです。しかし、ブルガリア生まれの世界的バス歌手ニコライ・ギャウロフ(1929-2004)は、そんなイメージを逆手に取ったのです。彼の50回目の誕生日には、故郷のブルガリアの郵便局が記念切手を発行するほどの輝かしい人気を獲得しました。ソフィアで学び、レニングラード音楽院に留学、1957年にはカラヤンに指導を受け、ウィーンでアイーダのランフィスを歌います。その後着々と経歴を重ね、1965年にはザルツブルクで「ボリス・ゴドゥノフ」でデビューを飾ります。彼の活動の中心はミラノ・スカラ座であり、1977年に再婚したソプラノのミレッラ・フレーニとは良き芸術のパートナーとして、しばしば共演したことでも知られます。このアルバムでも、広い音域、深みのある声質で、どんなレパートリーでも手中に収めた完璧な歌唱を聴かせます。録音 1966,1969年ミュンヘン放送管弦楽団「日曜コンサート」より(2011/06/08 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900304