Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



グァルニエリ, カマルゴ(1907-1993)

Search results:7 件 見つかりました。

  • 詳細

    アギアル/フレイリ/ニャターリ/グァルニエリ:ヴァイオリンとピアノのための作品集(アンデレッグ/リベイロ)

    「ブラジルの印象」と題されたこのアルバムには、伝統的なスタイルによる曲やネオ・ロマン主義、モダニズム、そしてジャズ、ボサノヴァやショーロ、フレボ、サンバなどの民族主義による様々な作品が収録されています。これは2015年にヴァイオリニスト、アンデレッジが2週間、ブラジルでツアーを行い、地元のミュージシャンと交流を持ちインスパイアされたことから生まれたもので、ピアニスト、エリカ・リベイロもこのツアーに参加、以降、アンデレッジとリベイロは良いコラボレーション関係を結ぶこととなりました。ヴィラ=ロボス以外は、ほとんど日本で名前を知られていない作曲家たちですが、どの曲も活気に満ちた楽しさを備えています。(2019/01/18 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573923

  • 詳細

    グァルニエリ:ヴァイオリン・ソナタ 第4番 - 第6番(ラーセン/ミュレンバッハ)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Marco Polo
    カタログ番号:8.223703

  • 詳細

    グァルニエリ/ヴィラ=ロボス/ラセルダ/ミランダ:合唱作品集(アポリーニ&ムシス)

    19世紀から20世紀、2つの世紀に渡るブラジルの合唱作品種です。スペインの植民地であったブラジルとポルトガルでは、言うまでもなく音楽のルーツもスペインにあります。しかし、この地で様々な人々によって磨かれていくうちに、独自の発展を遂げ、静謐な中にも情熱的な感情が盛り込まれた見事な作品が数多く生まれました。ここに名が挙がった作曲家の多くは、現在、ほとんど名前も知られていませんが、どの曲も素晴らしく熱いものです。タイトルの「サウダーデ」はポルトガル語で、郷愁、孤独、などの数多くの意味を持つ、心の底に大切にしまっておきたい言葉です。(2012/07/25 発売)

    レーベル名:Rondeau Production
    カタログ番号:ROP6049

  • 詳細

    グァルニエリ:ピアノ協奏曲第1番 - 第3番(バロス/ワルシャワ・フィル/コンリン)

    音楽好きの父親によって、モーツァルトという、神を恐れぬ洗礼名をつけられたグァルニエリですが、その思いが通じてか、20世紀ブラジルを代表する作曲家として大成することとなりました。彼の音楽はブラジルの民族的要素が強く反映されていることはもちろんですが、同時にヨーロッパの先端的な音楽語法にも傾倒を示し、無調的な作品も著しました。当番収録の3曲のピアノ協奏曲も、それぞれに微妙に異なった方向性を示しているといえましょう。ストレートに民族的な第1番、豪快にヴィルトゥオーゾ風な第2番、そしてモダンで先鋭的な第3番といったところでしょうか。ピアノ・ファン、ブラジル音楽ファンには見逃せない一枚です。(2005/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557666

  • 詳細

    グァルニエリ:ピアノ協奏曲第4番 - 第6番(バロス/ワルシャワ・フィル/コンリン)

    ヴィラ・ロボスの次の世代における、最も重要なブラジルの作曲家、モーツァルト(何とすごい洗礼名!)・カマルゴ・グアルネルリのピアノ協奏曲です。彼は40年間に6つのピアノ協奏曲を書いていて、これらを聴けば彼の創作の源泉が全てわかるというスゴイものです。初期の3曲(8.557666)だけでも存分に楽しめるのですが、この後期の3作品は更にスゴイです。ブラジル風な中にアバンギャルドな味付けを施した音楽は、まさに「音の祭典」!80歳の誕生日直後に完成された第6番も、少しだけ簡素なスタイルに立ち返ったとはいえ、存分に煽情的。身も心も熱くなりまくり間違いありません。(2010/07/14 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557667

  • 詳細

    グァルニエリ:ピアノ作品集 1 (バロス)

    20世紀ブラジルを代表する作曲家“モーツァルト”カマルゴ・グァルニエリ(1907-1993)。ファーストネームの真の読み方は「モザルト」になりますが、どちらにしても音楽好きの父親が畏れ多くも、あの神童の名前をいただいてしまったのは有名な逸話です。そんなグァルニエリですが、とても色彩感たっぷりの音楽を書く人で、NAXOSレーベルからリリースしているピアノ協奏曲なども、熱い音楽好きの人気を集めています。そんな彼のピアノ曲もとても情熱的なもので、どことなくジャジーな「3つの舞曲」を始め、彼による造語である「ポンテイオ」(ポルトガル語の「弦楽器を弾く(pontear)」と「前奏曲(preludio)」の合成)での心躍る小品集など、本当に魅力たっぷり。現代的な響きの中にどこか懐かしさを感じさせてくれるのが素晴らしい!しゃれた音楽を聴きたい人にぜひオススメ。(2013/02/20 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572626-27

  • ピアソラ/マーリヒ/サン=サーンス/ヴィラ=ロボス/グァルニエリ:チェロとピアノのための作品集(ピアチェロ)

    チェロとピアノのデュオ「ピアチェロ」は前作(CHA3017)でも情熱的な演奏を披露していましたが、今作は彼らの娘"クララ・マイナ"に捧げられた親密で愛情がたっぷり込められたアルバムとなっています。マイナには九官鳥の意味もありますが、ここで想像できるのは、もっと極彩色で美しい鳥でしょうか?トラック2にはマーリヒ自身が作曲した曲「マイナ」が収録され、これを優しく包み込むように、様々な歌…子守歌も含む…が配置されています。ジャズ風な装いのブラームスの子守歌の何とキュートなこと!全ての人に贈る愛情たっぷりのアルバムです。(2013/11/20 発売)

    レーベル名:Charade
    カタログ番号:CHA3030