Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



アントニノウ, テオドーレ(1935-)

Search results:4 件 見つかりました。

  • 詳細

    アントニノウ/テルザキス/ロゴテティス/コウナディス:20、21世紀ギリシャのフルート作品集(ゼンツ)

    ギリシャの現代フルート作品集です。作曲家の名前には、全くと言っていいほど馴染みがありませんが、収録されている音楽は本当に多種多彩。特殊奏法、古代のメロディ、民謡など、様々な要素が入り混じり、その音色は、ある時は優しくそして神秘的に耳を掠めていくのです。無伴奏のソロから多重録音、チェンバロとのアンサンブル、声との交合など変化に富んだ選曲は、フルートという楽器の可能性を更に広げることは間違いありません。(2012/01/18 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572369

  • 詳細

    アントニノウ/バルタス/コンスタンティニデス:ギリシャの木管五重奏曲集(アエロス木管五重奏団)

    20世紀から21世紀にかけて、ギリシャではどのような音楽が生まれているのか・・・。そんな好奇心を刺激するこのアルバムには、名前も聞いたことのないような作曲家たちの作品が7曲収録されています。冒頭に置かれているのは「10のギリシャの良く知られた旋律」。印象派風の響きの中に、ギリシャの旋律が聞こえてくる親しみやすい作品です。「クロクニル」はギリシャの伝統的な旋律と変代の融合。「小組曲」は1分程度の5つの曲で構成された作品。短いながら強い印象を残します。民族音楽の要素が一切入っていない「五重奏曲」は十二音が用いられた前衛的な作品。アルバムの中でも異質な光を放っています。地中海の動植物からインスパイアされた「クリケットの峡谷のブラックバート」、即興的なモティーフで構成された「木管五重奏曲 第2番」、最後は新古典派の作風とギリシャの伝統音楽が組み合わされた楽しい「木管五重奏曲」で締めくくられます。硬軟ありの楽しいアルバムです。(2018/11/28 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.579037

  • 詳細

    アントニノウ:ピアノ作品全集(デストウニス)

    現代ギリシャにおいて、最も重要な作曲家であるアントニオウ。現在ボストン大学の名誉教授であり、ギリシャ作曲家同盟の会長を25年の長さに渡って務めるなど、国際的な音楽シーンへの貢献度は計り知れないものがあります。作曲家としてのアントニオウは、古代ギリシャのドラマにインスパイアされた主題に、ギリシャの民族音楽要素をプラスし、ドラマティックなプロットを作り上げていくというやり方を好んでおり「AQUARELLE」や「SYLLABLES」はサティのジムノペディを思わせる神秘的な雰囲気を備えています。また古典的な素材による「インヴェンション」や「フーガ」でもユニークな音が使われており、作曲家の個性の強さが伺えます。(2018/03/23 発売)

    レーベル名:Grand Piano
    カタログ番号:GP779

  • 詳細

    サクソフォーンと管弦楽のための印象 - 20世紀のギリシャの作曲家によるヴィルトゥオーゾ作品集(ケルケゾス/テッサローニキ州立響/ミカイリディス)

    ギリシャにサックス。クラシック音楽保守本流のイメージからすると、相当に変わった感を受ける組み合わせかもしれません。確かに、ギリシャは西欧文明の源流ではありますが、普段耳慣れた音楽とは違う、強烈な印象を残す音楽ばかりとなっています。政治家でもあり、クラシック、ポピュラーの両分野で活躍したギリシャ最大の作曲テオドラキス、やはり映画音楽でも活躍したハジダキス、前衛的な手法で知られるスカルコッタスなど、様々なスタイルの作曲家が登場し、ギリシャ音楽入門編に最適の一枚となっています。独奏者、指揮者、オーケストラもすべてギリシャ陣で固めた、ギリシャ尽くしでお楽しみ下さい。(2007/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557992