Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



オンスロウ, ジョルジュ(1784-1853)

Search results:17 件 見つかりました。

  • 詳細

    オンスロウ:九重奏曲/五重奏曲 Op. 19 (マーロット五重奏団/マンデルリング四重奏団)

    (2006/08/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777151-2

  • 詳細

    オンスロウ:弦楽五重奏曲第6番, 第21番/ケルビーニ:弦楽五重奏曲(ナーマー/ディオジェネス四重奏団)

    (2006/05/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777187-2

  • 詳細

    オンスロウ:弦楽五重奏曲集 1 - 第20番, 第26番(エラン五重奏団)

    同性愛のスキャンダルから逃れるために、フランスに亡命していたイングランドの貴族を父に持つ古典派の作曲家オンスロウ(1784-1853)。貴族のたしなみとして狩猟を好み、その際の事故で聴力を失うというアクシデントのためか「フランスのベートーヴェン」と呼ばれることもある彼ですが、生活に困窮していたわけではなく、作曲活動はあくまでも趣味としてのもの。とは言え、その格調高いメンデルスゾーンを思わせる作風は、同時代の人たちにも大変愛されていました。この弦楽五重奏曲は、少し前の時代に活躍したボッケリーニの作品のようなチェロに重点を置いたものではなく、通常の弦楽四重奏にコントラバスを加えた「低音が際立つ」編成となっています。そもそも彼自身は初期の作品ではヴィオラ、もしくはチェロが2台という編成を取っていたのでが、コントラバスの名手ドラゴネッティと出合ったことで、アンサンブルにコントラバスを加えることを決意し、充実した低音を持つ五重奏が完成したのです。(2016/09/21 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573600

  • 詳細

    オンスロウ:弦楽五重奏曲集 2 - 第10番, 第22番(エラン五重奏団)

    ロンドンでクラーマーにピアノを学び、パリではレイハに作曲を学んだオンスロウ。彼が活躍した時代は古典派からロマン派への過渡期であり、古典的な形式を保ちながらも、曲の中に新奇的なアイデアを盛り込み、とりわけ室内楽曲はシューマンやメンデルスゾーンに高く評価されました。35曲ある彼の弦楽五重奏曲のほとんどはアマチュアの愛好家のために書かれたもので、演奏も比較的平易ですが、第10番はベートーヴェン風の味わいを持ち、第22番の遊び心たっぷりの曲想は明らかにシューベルトに影響を与えています。(2017/09/29 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573689

  • 詳細

    オンスロウ:弦楽五重奏曲集 3 - 第28番, 第29番(エラン五重奏団)

    古典派からロマン派への橋渡し的存在として知られる作曲家オンスロウ。若い頃、狩に出かけた際に事故で聴力を失ったにもかかわらず、4曲の交響曲をはじめ、室内楽を中心に数多くの作品を残したことで知られています。とりわけ弦楽の作品とは親和性が高く、弦楽四重奏曲や弦楽五重奏曲は30を超える作品が書かれています。このアルバムには2曲の弦楽五重奏曲を収録。どちらもコントラバスの低音がうまく用いられており、音色に深みが出ています。1847年頃に書かれた第28番はメンデルスゾーンの影響も感じられる充実した作品で、第2楽章のアダージョの美しさが聴きどころです。第29番はシューベルトを思わせる、突然の転調が見事な作品。憂愁漂うラルゲットは完全にロマン派の音楽です。(2019/01/18 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573887

  • 詳細

    オンスロウ:弦楽四重奏曲集 2 - Op. 4, 10, 46 (マンデルリング四重奏団)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999329-2

  • 詳細

    オンスロウ:弦楽四重奏曲集 3 - Op. 8, 46, 50 (マンデルリング四重奏団)

    (2002/11/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999793-2

  • 詳細

    オンスロウ:交響曲第1番, 第3番(ハノーヴァー放送フィル/ゴリツキ)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999747-2

  • 詳細

    オンスロウ:交響曲第2番, 第4番(ハノーヴァー放送フィル/ゴリツキ)

    オンスロウはオペラ全盛の19世紀前半のパリにあってひたすら器楽曲を書き続けた作曲家で、「フランスのベートーヴェン」とも言われています。シュポアやリースなどとともに、ベートーヴェンの亜流と見なされがちなオンスロウですが、確かに楽聖の影響は強いものの、「けっこうやるじゃん」という交響曲に仕上がっています。第2番の第1楽章は「第9」の第1楽章を思わせるところがありますし、短調でものものしく始まる第4番の序奏など、思わず身を乗り出してしまうほど。第4番の終楽章は「風の動き(ラインの思い出)」と題され、いかにも心地良いそよ風のような曲で、ここだけ浮いた感じもありますが、これはこれで美しい音楽です。(2002/04/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999738-2

  • 詳細

    オンスロウ:チェロ・ソナタ集 Op. 16, Nos. 1-3 (クリーゲル/ティヒマン)

    イングランドの貴族を父に持つも(父方の祖父が伯爵だった)、諸事情で…父親が当時禁じられていた同性愛の疑惑を受けたため亡命していた…フランスに生まれたオンスロウ(1784-1853)。基礎教育はロンドンで受け、クラーマーやドゥシェクから音楽を学びます。その後パリにもどり、1792年にはメユールのオペラを観て強い影響を受けました。作曲はパリで高名であったライハに師事、ここで数多くの室内楽作品を作曲し名を揚げます。ここに収録された3つのチェロ・ソナタは1820年に完成され、翌年パリで出版されたもの。よくベートーヴェンのソナタと比較されるほどの高い完成度を持ち、古典的な形式の中に魅力的な音が仕込まれています。優美さと力強さを兼ね備え、モダンな風貌も持つ精巧な作品です。(2013/03/20 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572830