Home > CD & DVD > Labels > Canary Classics

 CD & DVD/BD

レーベル別検索

Search results:5 件 見つかりました。

Canary Classics: アルバム一覧

  • アメリカン・グレイス

    (2014/03/26 発売)

    レーベル名:Canary Classics
    カタログ番号:CC11

  • 1930年代のヴァイオリン協奏曲集 第1集

    (2014/03/26 発売)

    レーベル名:Canary Classics
    カタログ番号:CC12

  • 詳細

    ブラームス/アドルフ/シューベルト/シューマン/ショパン:ピアノ作品集(シャハム)

    ブラームスの晩年のピアノ曲は、一見地味な風を装いながらも、その中には実に深遠な世界がひそんでいます。後年の多くの作曲家たちもこの世界に憧れ、ここからたくさんの作品が生まれているのです。このオルリ・シャハムのアルバムは、そんなブラームスの作品を中心に、21世紀の作品と、ブラームスが限りない尊敬を抱いていたであろうバッハの作品を組み合わせ、またブラームスとは違った道を歩んでいった作曲家たち、シューベルト、シューマン、ショパンの作品を織り交ぜながら、5分にも満たない小さな曲が描き出す多彩な情景を映し出したものです。若きイスラエル系アメリカの作曲家ドーマンは、シャハム兄妹とも縁が深く、以前の「ヘブライのメロディ」(CC10)にも曲を寄せている人です。微妙に屈折した味わい深いブラームスといった風情を持った3つの曲は、とても興味深く響くはずです。(2015/07/29 発売)

    レーベル名:Canary Classics
    カタログ番号:CC15

  • 詳細

    プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番/バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番(シャハム/ヤコブセン/ドゥネーヴ)

    2014年にリリースされた第1集(CC-12)ではバーバー、ハルトマン、ベルク、ストラヴィンスキー、ブリテンと、同じ1930年代の作品でもなかなか渋いレパートリーを演奏していたシャハム。今作第2集では、プロコフィエフ、バルトークの第2番という名作で勝負します。どちらも抒情的で奇妙な明るさを湛えた作品で、プロコフィエフの曲は伝統的なロシア民謡に関連性を持つ美しいメロディで始まる第1楽章、優美な第2楽章、スペイン風味を持つ第3楽章という古典的な形式を持ち、またバルト-クの曲も、やはりハンガリーの民俗舞曲の様式が用いられた古典的な3楽章形式という、どことなく共通点が観られるものです。シャハムは、いつものように究極の美音とエレガンスを追求した素晴らしい演奏で、この不安定な時代に咲いた大輪の花のような作品を完璧に描きだしています。(2016/03/30 発売)

    レーベル名:Canary Classics
    カタログ番号:CC16

  • 詳細

    MUSIC TO DRIVE AWAY LOITERERS

    「現在最も傑出したアメリカのヴァイオリニスト」とされるギル・シャハム。このアルバムはCANARYクラシックにおける、彼のたくさんの演奏の中から「彼のお気に入り」を集めたベスト・アルバムです。彼自身、もっとクラシック音楽を若い人に聴いてもらいたいと考え、このアルバムを企画したそうです。タイトルの意味は「ふらつく人を追い払うための音楽」とでもいうのでしょうか?心の迷いを吹き飛ばすためにもよさそうな1枚です。(2014/09/24 発売)

    レーベル名:Canary Classics
    カタログ番号:CC13