Home > CD & DVD > Labels > Diversions

 CD & DVD/BD

レーベル別検索

Search results:12 件 見つかりました。

Diversions: アルバム一覧

  • 詳細

    ウェズリー/パーセル/モーラン/ガーニー:イギリスの声楽作品集(コルウェル/グリフェル/マーティン=ウェスト/ウッド/ジェイコブス)

    こちらのアルバムはイギリスのグループ「English Poetry and Song Society」の第4回目のプライヴェート・ライヴコンサートを収録したもの。残念なことにポータブル録音機器での録音のため、マイクの位置などが理想的ではなく、音質はあまり良くありませんが、その難点を上回るほどの幅広いイギリス歌曲作品を聴くことができます。(2017/12/22 発売)

    レーベル名:Diversions
    カタログ番号:DDV24165

  • 詳細

    ガーニー/ルイス/キンプトン/ヴェゲナー/アイアランド/カーン:声楽作品集(ウィリアムズ)

    イギリス歌曲の長い伝統の中には、フィンジ、ヴォーン・ウィリアムズ、ガーニー、モーラン、ウォーロックなど数多くの偉大な作曲家の名前を見ることができます。このアルバムはイギリスのグループ「English Poetry and Song Society」のプライヴェート・ライヴコンサートを収録したもので、残念なことにポータブル録音機器での録音のため、マイクの位置などが理想的ではなく、音質はあまり良くありませんが、その難点を上回るほどの幅広いイギリス歌曲作品を聴くことができます。(2017/12/22 発売)

    レーベル名:Diversions
    カタログ番号:DDV24164

  • 詳細

    カミーレリ/ストラヴィンスキー/バルトーク:2台ピアノと打楽器のための作品集(ページ/マクラクラン/コーベット/バーク)

    2006年に限定発売されたアルバムの再リリース。発売当初、話題となった1枚です。カミーレリの協奏曲は、既に古典的名作となったバルトークの「2台のピアノとパーカッションのためのソナタ」にインスパイアされた作品で、斬新な曲想は21世紀における新古典派の復興を試みているかのように響きます。4人の奏者たちは全てイギリスで高い評価を受けており、中でもマレイ・マクラクランはロナルド・スティーヴンソンなど現代音楽の数多い録音で知られています。(2018/04/27 発売)

    レーベル名:Diversions
    カタログ番号:DDV24167

  • 詳細

    クーマン:ショアライン・ルーン/リミナル/プリズム(シモンズ/スロヴァキア・ナショナル響/トレヴァー)

    2008年の時点、当時26歳にして、すでに800曲を越える作品を書いていたという恐るべし作曲家、カーソン・クーマン(1982-)。現在も順当に作品を増やしています。この「海岸線のルーン」と「リミナル」は2014年の作品ですが(オルガンのための「プリズム」は2003年)、中心となるのは交響曲第4番「リミナル」でしょう。彼は、肥大傾向にある「交響曲の形式」を見直すために、規模を小さくし、その上で前奏曲にあたる、ゆったりとした「海岸線のルーン」と後奏曲にあたる「プリズム」を添えたと言います。最近の著しい気候変動に危機感を抱いたという作曲家の心が描き出された30分ほどのアルバム、聴き手の心に静かな衝撃を与えることは間違いありません。(2016/03/30 発売)

    レーベル名:Diversions
    カタログ番号:DDV24161

  • 詳細

    シマノフスキ/ショパン:ピアノ作品集(フィデルキエヴィチ)

    アリシア・フィデルキエヴィチのリサイタル・アルバム。こちらはお国物のシマノフスキとショパンを収録。神秘的なシマノフスキ作品を完全に手中に収め、完璧な演奏を聴かせています。(2017/12/22 発売)

    レーベル名:Diversions
    カタログ番号:DDV24160

  • 詳細

    シューマン:ピアノ・ソナタ第1番/フモレスケ/ロマンス 嬰ヘ長調 Op. 28, No. 2 (フィデルキエヴィチ)

    ポーランド、ワルシャワ生まれのピアニスト、アリシア・フィデルキエヴィチ。3歳の時に才能を見出され、7歳の時にワルシャワ音楽学校に入学、その2年後にはモスクワ音楽院付属中央音楽学校に移り、6年間勉強を続けました。ポーランドに帰国してからはシマノフスキ音楽大学で学び、多数のコンクールに入賞。また数多くの賞も受賞し、その名声を高め、現在ではマンチェスターを中心に世界中で活躍しています。DIVINE ARTの傍系レーベル「Diversions」には合計4枚の録音があり、そのどれもが個性的な演奏で好評を博しています。(2017/12/22 発売)

    レーベル名:Diversions
    カタログ番号:DDV24158

  • 詳細

    バローズ/バックス/ポラード/ボーマン/デューロ/モーラン/サマヴェル:声楽作品集(フォークス)

    このアルバムはイギリスのグループ「English Poetry and Song Society」のプライヴェート・ライヴコンサートを収録したもの。2006年はイギリスの詩人、A.E.ホースマンの詩集「A Shropshire Lad」が出版されて110年目にあたるということで、これを記念してホースマンの詩を用いた多彩な作品が歌われています。残念なことにポータブル録音機器での録音のため、マイクの位置などが理想的ではなく、音質はあまり良くありませんが、その難点を上回るほどの幅広いイギリス歌曲作品を聴くことができます。(2018/04/27 発売)

    レーベル名:Diversions
    カタログ番号:DDV24162

  • 詳細

    フィンク:チーロ!/イン・ザ・シャドウズ/ハロー、ガールズ!/マイ・レディ・ドラゴンフライ(サンダー)

    ロンドン生まれのハーマン・フィンクは、1900年から1920年までロンドンのバレエシアターの音楽監督として/活躍した人です。数多くの巨匠の録音を行い、また各地で指揮を行いながら作曲活動を続け、その華麗な音楽は多くの人々に愛されました。なかでも代表作である「In The Shadows」はタイタニック号の最後の航海でも演奏された曲であり、エピソードと共に現代でも愛される作品となっています。このアルバムは、録音当時まで忘れられていたフィンクの作品を蘇らせた記念碑的な1枚。19世紀末から20世紀初頭の雰囲気を伝えます。(2017/12/22 発売)

    レーベル名:Diversions
    カタログ番号:DDV62402

  • 詳細

    ブラームス/ムソルグスキー/デモプーロス:ピアノ作品集(デモプーロス)

    2005年にDunelm Recordsから限定発売されたアルバムのリニューアル盤。演奏しているのは1977年ギリシャ生まれのピアニスト、パナヨティス・デモプーロス。作曲家でもあるデモプーロスはこのアルバムのために周到な選曲を行い、ブラームスの晩年の作品とムソルグスキーの「展覧会の絵」の間に自作をはさみ、静から動へと見事な曲調の転換を演出しています。(2018/04/27 発売)

    レーベル名:Diversions
    カタログ番号:DDV24166

  • 詳細

    フランク/ショパン/ヒンデミット:ピアノ作品集(フィデルキエヴィチ)

    アリシア・フィデルキエヴィチのショパンを中心にしたコンサートのライヴ。端正なフランクに比べ、ヒンデミットは奔放。得意とするショパンは繊細かつ表情豊か。多彩な表現が楽しめる1枚です。(2017/12/22 発売)

    レーベル名:Diversions
    カタログ番号:DDV24159