Home > CD & DVD > Labels > Metier

 CD & DVD/BD

レーベル別検索

Search results:35 件 見つかりました。

Metier: アルバム一覧

  • 詳細

    アグニュー/ボドリー/ボイル/バックリー/クラーク:メゾ・ソプラノのための作品集(ケリガン)

    アイルランドで活躍する作曲家たちの作品集。彼らの先導的役割を果たしたアイナ・ボイルは、1967年にこの世を去って以来、その存在を忘れられてしまいましたが、最近、彼女の次世代の人々の活躍に伴い、ボイルの作品も少しずつ演奏されるようになって来ました。伝統的なアイルランド民謡の流れと、シュプレヒトゲザング(歌うように叫ぶ)が融合した彼女の歌は、奇妙でありながらも、何故か懐かしさを帯びています。アイリッシュ・ケリガンは、アイルランド民謡とブレヒトを得意とするヴォーカリストで、ブロードウェイでも活躍する人気者です。アルバム・タイトルでもある「I am Wind on Sea」(トラック16)では打楽器を演奏しながら極めて存在感のある歌唱を聴かせています。 Youtube試聴→https://youtu.be/NX_O1-c1Q78/(2017/02/17 発売)

    レーベル名:Metier
    カタログ番号:MSV28558

  • 詳細

    アタナシアディス:ソフト・ライト/トゥ・ザ・タッチ/エアー・スティル/フォー・ジ・アイスII/ペイル・ビューズ(ショーノリティーズ)

    ギリシャの作曲家ベイジル・アタナシアディスは、一時期東京で生活し、文学、俳句、能楽など日本文化の研究に没頭しました。その後イングランドに移住しユニークなアンサンブル「Shonorities-ショーノリティーズ」を設立、ギリシャと日本を中心に様々な文化を融合させた作品を上演しています。このアルバムに収録された7つの作品は2003年から2017年までに書かれており、笙やフルートなどを駆使した美しく神秘的な音楽は極めて魅力的です。(2018/04/27 発売)

    レーベル名:Metier
    カタログ番号:MSV28584

  • 詳細

    ウィークス:シングズ・オブ・オキュペーション/ルーピング・バスカー・ミュージック/3つのトリオ/ディガー/コモン・グラウンド(バーチャム=スティーヴンス/スパーリング/プット/ピオーロ)

    1978年、イギリスのブラックバーンで生まれ、マイケル・フィニッシーとともにケンブリッジで音楽を学び、サウスハンプトン大学で作曲の博士号を取得したウィークの作品集。2005年以来、彼は高い密度のポリフォニックを追求するため、小さな編成の作品を書くことに注力しています。それらは声楽アンサンブルであったり、このアルバムに収録されている器楽のためのアンサンブルであったりと様々ですが、どれも音楽の構造のプロセスを見つめ、時にはミニマル風に徹底的に素材を反復するなど、かなり実験的な作品であり、ひらめきと進化に満ちた音楽が展開されています。 Youtube試聴→https://youtu.be/orrRvfyrsPs/(2017/02/17 発売)

    レーベル名:Metier
    カタログ番号:MSV28559

  • 詳細

    カウイー/アーチボルド/ヘイデン/カー:現代のオーボエ作品集(レッドゲート/ロビングス/コウル四重奏団)

    現代のオーボエ奏者の中で、最もアヴァンギャルドな活動をしているクリストファー・レドゲート。このアルバムでは、彼が開発した「Howarth-Redgate Oboe」と「Lupophon(低音オーボエ)」を用い、より高度なテクニックを駆使してイギリスの5人の作曲家たちの最新作を演奏しています。作曲家たちもレドゲートの要求に応え、彼の新しい楽器のために、伝統的なオーボエでは演奏不可能とされるパッセージをふんだんに盛り込むだけでなく、オーバーダビング、エレクトロニクスなど様々な技巧を凝らした実験的な作品を提供しています。(2018/09/28 発売)

    レーベル名:Metier
    カタログ番号:MSV28531

  • 詳細

    キーリー:4つのアナクロなダンス/3つのインヴェンション/2部作(ターナー/メリック/ボールディング/エールリヒ/パイパーズ3/キーリー)

    バートウィスルやフィニッシーと同様に「複雑な作品」を書く人として知られる英国の作曲家、ピアニストのロブ(ロバート)・キーリー。常に新しい響きを探求し、様々な楽器を用いて独創的で思いがけない作品を生み出しています。このアルバムでは彼自身がハープシコードを演奏して参加、タイトル通り「アナクロ(時代遅れ)な」4つのダンスや、インヴェンションなどを華麗に弾きこなしています。もともと不思議な味わいを持つバートウィスルの「サラバンド」もキーリーの手にかかると、一層独創的な作品になっているのも興味深いところです。/(2017/09/29 発売)

    レーベル名:Metier
    カタログ番号:MSV28568

  • 詳細

    ギブソン/ヒューム/クーマン/ヘイニック/マッキー:トランペット作品集(ゲッカー)

    アメリカの作曲家たちによる「トランペット作品」のアンソロジー。ポスト・モダニズムのイディオムが用いられた曲や、伝統的なソナタ形式(ピアノ伴奏による)に則った曲、テナー・サックスや歌を伴う曲など、それぞれユニークな曲調を持っています。見事なトランペットを聴かせるゲッカーはメリーランド大学の教授を務める傍ら、ニューヨーク・フィルやサンフランシスコ交響楽団など多数のオーケストラでソリストとして活躍しています。(2017/08/30 発売)

    レーベル名:Metier
    カタログ番号:MSV28572

  • 詳細

    グディ:ホーレ・フェルス/ゲールハール:グランド・ユニファイド・セオリー・オブ・エヴリシング/フォックス:石、風、雨、太陽3 (フレイト/フィケルト)

    イギリスで活躍するベルギー生まれのフルーティスト、カリン・デ・フレイトによる3人の現代作曲家の作品集。彼女はシュトックハウゼンと10年間に渡って実験的なコラボレーションを行い、フルートの持つ可能性を極限まで引き出したことでも知られています。このアルバムに収録された3人の作品も、どれも前衛的で刺激に満ちているものばかり。ミニマル的要素を持つゲールハールの曲、水の滴りを思わせるフォックスの無機質な曲、そしてドイツの洞窟ホーレ・フェルスで発見された遺物から触発されたグディの協奏曲、これらに用いられたフルートの音色は、普段耳にするフルートの優しく美しい響きとはまるで違うものであることに驚くのではないでしょうか。(2016/05/25 発売)

    レーベル名:Metier
    カタログ番号:MSV28555

  • 詳細

    クラーク:ピアノ三重奏曲第2番, 第3番, 第4番「ア・ディファレント・ゲーム」/コン・コーロ/グレアン・ダ・ロッホ(フィデリオ三重奏団)

    アイルランドの音楽というと、民謡もしくは舞踊曲ばかりが知られており、この国の多くの作曲家たちはこれらをうまく用いた耳馴染みのよい音楽を書いている印象があります。そのため、先進的な作品を書く作曲家はどうしても陰に隠れてしまう傾向があり、残念なことに、女性作曲家ローナ・クラークも「あまり知られていない人」の一人です。彼女は決して伝統におもねることはなく、常に新しい作品を創造しており、これらの中には合唱、室内楽、管弦楽、電子作品など多岐に渡るジャンルの曲が含まれています。電子を用いた作品の特徴は、厳密なピッチの中に忍ばせた不協和音であったり、躍動的なリズムを持っていたり、時にはジャズ風であったりと、その作風は常に革新的で流動的です。「ピアノ三重奏曲第2番」は、同じフィデリオ三重奏団の「Dancing in Daylight」にも収録されていますが、このアルバム(MSV28556)がリリースされた時に“彼女の作品をもっと聞きたい”という要望に応え、彼女の作品のみのアルバムを企画し、この曲を改めて演奏したという、フィデリオ三重奏団の力の入れ方にも注目です。(2017/03/24 発売)

    レーベル名:Metier
    カタログ番号:MSV28561

  • 詳細

    クレイヴン:エンタングルド・ステイツ(ダレー)

    本業は教師であるというクレイヴン。全48曲からなるこのピアノのための小品集は「量子力学における量子もつれ」の現象からインスパイアされたというユニークなもの。しかし作品自体は決して難解ではなく、古典的なトッカータ風の曲や、フーガ、ジャズ、ロマンティックな前奏曲など、思い思いの楽想に溢れた曲が並んでいます。現代音楽を得意とするピアニスト、メアリー・デュレアの即興的な演奏が見事です。(2018/09/28 発売)

    レーベル名:Metier
    カタログ番号:MSV28571

  • 詳細

    シェーンベルク:架空庭園の書/ボドリー:少女(ケリガン/コリンズ)

    シェーベルクが「浄夜」や「グレの歌」など、後期ロマン派の作風にどっぷり浸かった作品を書いていたのは1900年代の初めの頃でした。その「グレの歌」が完成したのは1911年でしたが、それ以前にシェーンベルクは既に調性から脱却を図り、1908年にはソプラノ独唱を伴った「弦楽四重奏曲第2番」が作曲されています。ここで使われたゲオルゲの詩は、同時期に作曲された「架空庭園の書」でも用いられ、詩の内容を完全に表現するとともに、曲はほとんど無調となりつつも、官能的なイメージと抑制された熱情が表出された、シェーンベルクの傑作の一つとなっています。ボドリーの「少女」は1978年に初演された作品で、抑圧された社会の中で望まぬ子供を宿してしまった少女の苦悩が描かれており、少女の移り変わる感情が綿密に歌われていくという22曲からなる歌曲集です。ブレヒトを得意とする現代アイルランドの歌手、ケリガンとドイツ・リートの伴奏に長けているコリンズの演奏です。(2017/03/24 発売)

    レーベル名:Metier
    カタログ番号:MSV28560