Home > CD & DVD > Labels > Verso

 CD & DVD/BD

レーベル別検索

Search results:13 件 見つかりました。

Verso: アルバム一覧

  • 詳細

    アルメンテロス:ヴァーチャル・アーツ・コレクションのための音楽(アルメンテロス)

    「ヴァーチャル・アーツ(視覚芸術)のための音楽」と呼ばれる興味深い文化プロジェクトの一環として発売されたCDとDVD、Blu-rayがセットになった1組。実際の作品の映像を見ながら音楽を聴くことで想像力が広がります。ここでフィーチャーされているのは1923年生まれの彫刻家ヴェナンシオ・ブランコで、DVDに収録されているインタビューも素晴らしい内容です。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2122

  • 詳細

    オラビデ:インディセス/シネ・ディエ/クラモール II (RTVE響/タマヨ)

    ゴンサロ・デ・オラビデ(1934-2005)は、ヨーロッパの作曲家の中でも「もっとも前衛的なサークル」の中の一人として初期の頃から目されていた人です。マドリッド音楽院で学び、ベルギー、ダルムシュタット、ケルンで研究をつづけ、ブーレーズのクラスや、シュトックハウゼン、リゲティ、ベリオからも教えを受けています。ここでは全ての管弦楽作品と声楽作品、そのほかの興味深い作品をCD3枚に収録。スペインの現代音楽の歩みを知るために最適の1セットです。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2128

  • 詳細

    オルメーダ:リマス/夜想曲 嬰ハ短調/即興曲 変イ長調(ポンセ)

    スペインの「知られざる」ロマン派の作曲家オルメーダ(1865-1909)のピアノ曲。作曲家の名前すらも忘れられてしまっていますが、ここで聴く限り、こんなステキな人を埋もれさせてしまうのは何とももったいない話です。このアルバムの中心である「リマス」とは、詩人グスタボ・アドルフォ・ベッケルの詩にインスパイアされた曲集で、それぞれの曲に、意味深な詩が添えられています。ショパンをもっと筋肉質にしたようなこれらの小品、一度聴いたら忘れられません。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2132

  • 詳細

    カッロ/カレテーロ/ルアセス/ミングロン:ピアノ作品集(ヴィジョンズ - 21世紀スペインのピアノ作品)(プリスエロス)

    21世紀に活躍するスペインの「若き作曲家」6人の作品を集めた1枚。各々の作曲家は1975年から1988年の間に生まれた、本当にぴちぴちの人たち。それぞれの感性や創造の発露は違うものの、誰もがスペイン音楽の先駆者たるべき人たちです。ピアノを演奏するマリオ・プリスエロスも同じく「若きスペインの芸術家」。青春の記録とも言える、熱い1枚です。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2134

  • 詳細

    カルダーラ:トリオ・ソナタ集 Op. 1 (エル・アルテ・ムジコ)

    ヴェネツィアに生まれ、20代の終わりにマントヴァ公フェルディナンド・カルロの招聘を受けゴンザーガ家の宮廷楽長となったカルダーラ。その後ゴンザーガ家の没落に伴いローマに移るも、自ら神聖ローマ皇帝カール6世に請願書を送り、1716年にウィーンの宮廷副楽長の地位を得て、終生その位置にありました。そんなカルダーラ(1671-1736)のトリオ・ソナタ Op.1は、彼の最初の出版作品であり、整った形式と見事な対位法が光る後期バロック期の秀逸な作品群です。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2123

  • 詳細

    ゴンバウ:アマンセル/寝ずの番をするドン・キホーテ/詩的な変奏曲(スペイン放送響/タマヨ)

    作曲家としても名高く、また教師としてもその才能が高く評価されたマドリードの作曲家ゴンバウ(1906-1971)の作品集。初期の彼の作品は、前衛的な響きはなく、どれもが驚くほど抒情的で描写的。聴いていて「心地良い」音楽です。1960年頃からは若干無調傾向となり、調整感は薄れるものの、最後の作品である「カンタータ」の力強さは圧巻。素晴らしい作曲家です。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2133

  • 詳細

    トゥリーナ:室内楽作品集(プルーラル・アンサンブル/パニセーリョ)

    スペイン国内で「魅力的な室内楽」と称されるトゥリーナ(1952- よく知られたホアキンではない)の作品集。冒頭の「スカルラッティの主題による~」は、一瞬親しみ深い旋律で聴き手の耳をぐっと掴み、じわじわと不可思議な世界へと連れていかれること間違いなし。賑やかさと奇妙な風景が入り混じるこの音楽。ぜひ一度お試しください。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2131

  • 詳細

    J.S. バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調/パルティータ第2番/トッカータ ホ短調(プレーゴ)

    バッハ(1685-1750)の時代の楽器、ブランシェ(1763年製)とタシュキン(1768年製)の複製楽器を用いて演奏したこのアルバム。ここから香り立つのは、時代を超えた芸術性と、バッハの類い稀なる才能でしょうか?プレーゴの演奏は確かな技巧と厳格さを備えたものであり、複雑に絡み合った対位法の中から美しいメロディを拾い上げ、見事な音の建造物として目の前に見せてくれています。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2125

  • 詳細

    バル・イ・ガイ:管弦楽作品全集(コルドバ管/テメス)

    スペインのガリシア州で生まれた作曲家ヘスス・バル・イ・ガイの作品集です。たゆみない研究と創造性豊かな音楽は、当時の他国の作曲家たち、プーランク、ラヴェル、ストラヴィンスキー、ファリャらにも影響を与え、また彼自身も彼らの作品から大いなるインスピレーションを得たのでした。オリジナルの作品もさることながら数多くの作曲家たちの作品を編曲したことでも知られ、ここで聴くことのできる「バッハ」などはオリジナルとはまた違った味わいを有した興味深いものとなっています。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2126

  • 詳細

    フェルナンデス・ゲーラ:室内楽作品集(アンサンブル・レシデンシアス)

    1952年マドリード生まれのゲーラの作品集です。1980年代初頭から作曲家として活躍していた彼の初期の作品は、当時提唱されていたパラダイム(特定の概念)に基いて書かれていたとされていますが、パリへの留学後、90年代にスタイルを見直し、新世紀へ突入するための新しい音楽へと変貌させたのでした。アルバムの中心となるのは「子どもたちは叫んだ」で、マドリードで起きた悲しい事件を題材に、胸が張り裂けるような音楽が付けられています。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2121