Home > Series > 期待の新進演奏家シリーズ

 CD & DVD/BD

期待の新進演奏家シリーズ

Search results:88 件 見つかりました。

  • 詳細

    桂冠ヴァイオリニスト:アデーレ・アンソニー(シューベルト作品)

    二重奏曲は、一度聴いたら忘れる事の出来ないような優しいピアノのフレーズで始まります。しかも、これが単なる伴奏で、その上に憧れに満ちた美しいメロディーが重ねられてくるのですからもうたまりません。幸福感の塊のような名曲です。ロンドはシューベルトにしては華麗な作品で、作られる事のなかった本格的な協奏曲への想いがこもっていると言われています。最後の幻想曲は、切れめのない3楽章形式の作品で、初演当時は「常識はずれに長い」と批判されたものの、今ではシューベルトの傑作に数えられています。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554148

  • 詳細

    ギターリサイタル:スティーヴ・コステルニック

    若手の有望ギタリストが続々登場のシリーズ、今回のコステルニックも数々のコンクール入賞歴を誇ります。まずはカラフルで個性的な選曲にご注目。中世のリュート曲に始まり、哀愁の旋律美で昨今復権著しいチマローザの鍵盤ソナタのギター編曲版、バッハからは何とフルートソナタのギター編曲版、古典派の時代からハンガリー人メルツの技巧を凝らした「幻想曲」、南米のバリオスの名曲「前奏曲」、更に20世紀音楽からちょっと小粋な作品を残した2人のサインス・デ・ラ・マーサ(15は逸品)、そして奏者と同い年の作曲家の現代感覚に満ちた舞曲でかっこよく締めます。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554214

  • 詳細

    ギターリサイタル:フランコ・プラティーノ

    イタリア出身の若手プラティーノ(ホームページもご覧あれ!)のリサイタルは、知的なプログラミングが魅力。スカルラッティの鍵盤ソナタのギター版(これが実にロマンティック)に続いては、バイオリンのための至高のバッハ作品「シャコンヌ」を、過去の巨匠に倣って演奏者自ら編曲し、トータルの才能を見せつけます。以下、19世紀のメルツや、20世紀の名曲として有名なバリオス「大聖堂」、定番のポンセ、ロドリーゴの録音僅少作品まで。コンクールで上位入賞するなら何でもできなくちゃ、というあたりのアピールが絶妙なのです。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554344

  • 詳細

    ハイ=イェ・ニ - チェロ作品集

    ハイ=イェ・ニは、1972年に上海で生まれた女性チェリストです。90年代中盤から、各地のチェロコンクールで目ざましい成績を上げ、一躍注目される存在となりました。特に、第6回のロストロポーヴィッチ国際コンクールでは、ロストロポーヴィッチ当人のたっての希望により、特別賞が与えられています。このアルバムでも、しなやかな情感となんともいえない優しさが、比類のない技巧に支えられて心地よい音楽を作り上げています。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554356

  • 詳細

    桂冠ヴァイオリニスト:神谷美千子(ベートーヴェン/サン=サーンス/武満/他)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554401-02

  • 詳細

    ギターリサイタル:ファビオ・ザノン

    若者は若者らしく選曲から攻撃的でなくっちゃ、という期待に応えるブラジル出身の若手ギタリスト、ファビオ・ザノン。古典タルレガの憂愁の旋律で聴衆のハートを掴んだ後、バッハの無伴奏バイオリンソナタを奏者自らギター用に編曲してロマンティックに仕立て上げ。70年代生まれという若さの作曲家への委嘱作品。ドニゼッティの有名なオペラ「ランメルモールのルチア」の最後のテノール・アリアの如何にも19世紀っぽいトランスクリプション。メキシコ出身ながらフランス音楽に憧れたポンセの力作。曲を選ぶ目だけでなく、もちろんウデも抜群です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554431

  • 詳細

    ギターリサイタル:ケヴィン・ギャラガー

    アメリカの若手ギタリストを代表する存在のギャラガーが選んだのは、バッハ以前の音楽。馴染みが薄い方には、とっつきにくいかもしれませんが、人類のロマン的心情は不変、時代を超えて我々の心を捉えます。ナルバエスの代表作(ジョスカン・デ・プレのシャンソンの編曲)2の哀切な心情に、もう参ってしまいます。3の題名は奇妙ですが、旋律はダウランドの有名な歌曲、4は不滅の名旋律(言わば西洋演歌)です。11は「グリーンスリーブズ」として有名な旋律を使用。バッハやヴァイスの本格的ロマンも、勿論聴き逃せません。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554444

  • 詳細

    ギターリサイタル:ロレンツォ・ミケーリ

    75年ミラノ生まれの新鋭ギタリスト、ミケーリがとりあげるのは、イタリア生まれでアメリカに亡命したカステルヌオーヴォ=テデスコの作品集。ドビュッシーらの影響を受けながら独自の地中海的と形容される作風で、『自分だけの名曲探し』には絶好の作曲家と言えます。本領を発揮したのが巨匠セゴビアも愛奏したギター音楽ですが、まとめて聴ける当盤は貴重です。代表作「3つの地中海的前奏曲」や、バッハ風テーマをバロックからジャズまでの技法で料理した10など、旋律の無限の才と、映画音楽のように変転する快適サウンドをお楽しみください。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554831