Home >

シュピール室内合奏団「シュピール・シュタール・シュプール!」CD販売/配信中




9人でも紛れもない吹奏楽団…
木管だけのアンサンブルでも、金管だけのアンサンブルでもない
新感覚吹奏楽サウンド!

2017年12月 CD取り扱い開始
2018年2月2日 配信開始

シュピール・シュタール・シュプール!


ASKS-CDS001



¥2,500(CD)
¥1,500(通常音質)
¥2,500(PCM 192kHz/24bit)※いずれも税込

ASKS-CDS001
Spiel Kammerensemble レーベル



テューバ奏者本橋隼人と作編曲家高橋宏樹により、
吹奏楽の名曲をよりたくさんの人に伝えたいという思いから
2010年に結成された、シュピール室内合奏団。

フルート、クラリネット、2本のサクソフォン、ホルン、ユーフォニアム、
テューバ、ピアノ、打楽器といった最大9人編成の、
ありそうでない新しいスタイルで活動している吹奏楽団がおくる 待望のデビュー・アルバムです。

e-onkyo music, moraほか一部配信サイトでは
メンバーが自己紹介や収録曲の実況解説を繰り広げる
オーディオコメンタリーもボーナストラックとして収録!
ぜひあわせてお愉しみください。
(一部サイト限定/このトラックのみ16bitでの配信)

※CD収録曲の楽譜はASKS Windsから入手可能です。




**特集記事**
「ありそうでなかった!9人で紡ぐ新感覚吹奏楽サウンド「シュピール室内合奏団」」
mora/e-onkyo music





【収録楽曲】

高橋宏樹: シュピール・シュタール・シュプール!
リード: アルメニアン・ダンス パート1(高橋宏樹編)
リード: 序曲「春の猟犬」(侘美秀俊編)
リード: エル・カミ―ノ・レアル(高橋宏樹編)
高橋宏樹: The Mythology ~海と星と大地の神話~(高橋宏樹編)
スーザ : 海を越える握手(高橋宏樹編)
ホルスト: 吹奏楽のための第1組曲 変ホ長調 Op. 28-1(高橋宏樹編)
久保太郎:フォアシュピール・シャウシュピール ~パンとサーカスの為の序楽
    ※CDのみ
和泉宏隆: 宝島(小峰敦史編)
[Bonus Track]シュピール室内合奏団のメンバーによるオーディオコメンタリー
    ※一部配信のみ/16bit


【演奏】
 シュピール室内合奏団

【レコーディング】
 2017年6月20日-22日 三芳町文化会館(コピスみよし)

【アルバム詳細情報】

テューバ奏者本橋隼人と作編曲家高橋宏樹を中心に、吹奏楽の名曲をよりたくさんの人に伝えたい思いから2010年に結成した、シュピール室内合奏団。フルート、クラリネット、2本のサクソフォン、ホルン、ユーフォニアム、テューバ、ピアノ、打楽器といった最大9人編成の、今までにありそうでない新しいスタイルで活動している、今一番刺激的な楽団です。

たった8~9名の極小編成でありながら、大編成と遜色ないサウンドを響かせ、たくさんの方を魅了しています。癖になるくらい心地よいサウンドが特徴です。

当作は、そんなシュピール室内合奏団のデビューアルバム。

これまでに国内外の著名なアーティスト達とも共演を含め歩んできたシュピールのサウンドを「体感」でき、また、吹奏楽ファンには、いままでとは違った響きをお楽しみいただける録音です。あまり吹奏楽に馴染みのない方でも、これを聴くことをきっかけに興味を持っていただけることでしょう。

大人気作曲家アルフレッド・リードの作品や、高橋宏樹の作品を含む10トラックを収録。
さらに、一部配信(Digital version with Audio Commentary)のみ、メンバーが自己紹介や収録曲の実況解説を繰り広げるトークONLYのボーナストラック(トラック11)を収録。作編曲や演奏のこだわりポイントや、合奏団にかける想いなどを、メンバーが和気藹々と語ります。[同トラックのみ16bitでの配信となります]

「小編成の活動を余儀なくされている……」
少子化の進む現代、様々な学校・楽団でこのような状況を本当によく目にします。
吹奏楽の歴史に燦然と輝く名曲たちに、もしかしたら今の子供たちは触れ合う機会が少ないかもしれません。
シュピール室内合奏団は、名曲を通じて、吹奏楽の新しい扉を開いていくことを志しています。


──わずか9人という「極小編成(ごくしょうへんせい)」で大編成にも劣らない脅威の「吹奏楽」サウンドを生み出してしまうプロ楽団、シュピール室内合奏団。吹奏楽ファンをうならせるその斬新で味わい深い音楽は、全国の迷える小編成バンドの希望の星、理想の道しるべともなることでしょう!(吹奏楽作家・オザワ部長)



販売情報


 

● CD

 amazon/バナー rakuten/バナー タワーオンライン ローソンHMVオンライン style=

 

● ダウンロード(通常音質)

mora/バナー

 

● ダウンロード(ハイレゾ PCM 192kHz/24bit)

 e-onkyo/バナー mora/バナー yamaha/バナー

ほか、サブスクリプションサイトでも配信中










– シュピール室内合奏団 –



テューバ奏者本橋隼人と作編曲家 高橋宏樹 を中心に吹奏楽の名曲をよりたくさんの人に伝えたい思いからフルート、クラリネット、二本のサクソフォン、ホルン、ユーフォニアム、テューバ、ピアノ、打楽器といった最大9人編成の今までにありそうでない新しいスタイルで2010年に結成。

2011年財団法人ヤマハ音楽振興会主催ヤマハ音楽支援制度の対象者に選ばれ音楽支援コンサートに出演し「小編成吹奏楽」の新しいサウンドを披露し好評を博す。音楽雑誌にも活動が多数掲載される。
ユーフォ二アム奏者スティーヴン・ミード氏、トランぺット奏者エリック・ミヤシロ氏など、国内外の著名なアーティスト達とも共演をしている。
被災地の吹奏楽部を訪ね、クリニックやミニコンサート・合同コンサートを行うなど自主公演のほか、芸術鑑賞教室の開催や地域イベントなど様々な場面での演奏活動を続けている。音色を大切にした明快なアンサンブルで様々なジャンルをこなす。演奏会でお客様との一体感を大切にしている。

メンバー 大岡 三佐子(フルート)/倉 愛花理(クラリネット)/國末貞仁(ソプラノ・サクソフォン)/椿義治(アルト・サクソフォン)/山口祐貴子(ホルン)/安東京平(ユーフォニアム)/本橋 隼人(テューバ/主宰)/新居 由佳梨(ピアノ)/高橋 宏樹(作編曲/カホン/芸術監督)

シュピール室内合奏団公式サイト
ASKS Winds(楽譜販売)