Home > CD & DVD > New Releases

 CD & DVD/BD



New Releases - 2020年09月 発売タイトル

Search results:51 件 見つかりました。

  • 詳細

    モシュコフスキ:前奏曲とフーガ Op. 85/ヴァイオリン協奏曲/5つのスペイン舞曲(ダニエフスキ/マスランカ/ウェスト・サイド・シンフォニエッタ/クレイネル)

    NFMヴロツワフ・フィルハーモニー管弦楽団とシュチェチン・フィルハーモニー交響楽団。西ポーランドの2つのオーケストラの奏者たちによるアンサンブル「ウェスト・サイド・シンフォニエッタ」が演奏するモシュコフスキの作品集。アンサンブルは特定の指揮者を持たず、代わりにコンサートマスターのマルチン・ダニレフスキとパヴェル・マスランカが指揮を務めています。アンサンブルのレパートリーは幅広く、とりわけハイドンやモーツァルトなどウィーン古典派の作品や、シュトラウス・ファミリー、レハールと言った「サロン音楽」を得意としていますが、今回はポーランドを代表する作曲家モシュコフスキの作品を共感込めて演奏。なかでもダニレフスキがソロを務めるヴァイオリン協奏曲の優雅な調べが聞きどころです。(2020/09/25 発売)

    レーベル名:CD Accord
    カタログ番号:CDAccordACD273

  • 詳細

    グレトリー:歌劇「獅子心王リシャール」(イス/ルルジャン/ペルボー/ル・コンセール・スピリチュエル合唱団&管弦楽団/ニケ)

    【グレトリの代表作をニケが待望の録音、音楽と映像のセットで登場!】18世紀後半のフランスで最も愛された作曲家で、マリー=アントワネットの寵を受けながらフランス革命後も絶大な人気を保った、ベルギー出身のグレトリ。19世紀以降も衰えなかった人気は、ユーロ導入前の故郷ベルギーで高額フラン紙幣にその肖像が使われたり、フランコ・ベルギー派の作曲家ヴュータンのヴァイオリン協奏曲第5番にその旋律が使われていたことにも示されています。そのヴュータン作品の典拠になったほか、ベートーヴェンがピアノのための変奏曲に仕上げたブロンデルのロマンス「燃える情熱」、チャイコフスキーが歌劇《スペードの女王》で引用したローレットのアリア「夜になるとあの人と話すのが怖い」、フランス革命のなか王政主義者の間で歌われたブロンデルのアリア「おおリシャール、おお我が王」などを含む音楽史上の重要作品が、彼の代表作のひとつ《獅子心王リシャール》。戦いと冒険に明け暮れたと伝わるイングランド王リチャード1世、通称獅子心王リチャード(フランス読みでリシャール)の救出劇を描いたこの作品は、台詞をはさんで進行するオペラ・コミーク初期を代表する記念碑的作品にもかかわらず、録音・映像が意外なほど出てきませんでした。今回のアルバムは滅多に表れない古楽器での録音としてもきわめて貴重で、18世紀フランス語オペラに名盤多数のニケのチームがこれを手がけている意義は計り知れません。しかも今回はCDとDVDのセットで、映像の舞台演出は古典的演出に定評のあるピンコスキという豪華さです。ニケの演奏も力強さ漲る素晴らしいもの。豪華な歌手陣と詳細な時代考証に支えられた躍動感溢れる力演をお楽しみください。(2020/09/25 発売)

    レーベル名:Château de Versailles Spectacles
    カタログ番号:CVS028

  • 詳細

    ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 1 - 第5番、第11番、第12番、第26番「告別」(ビス)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルスの最初の録音。「葬送」と「告別」、「葬送」と同時期の第11番、そして初期の第5番の4曲を収録。幅広い時期の作品からベートーヴェンの作曲様式の変容が伺えます。(2020/09/25 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100118

  • 詳細

    ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 2 - 第4番、第14番「月光」、第24番/幻想曲 ト短調(ビス)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第2集は「月光」や「テレーゼ」を含む1795年から1822年にかけて作曲された3つのソナタと幻想曲。あまり耳にすることのない「幻想曲」は、数多くのメロディーの断片をつなぎ合わせた、即興的で嵐のような前半の部分のあと、美しいロ長調の主題と変奏が続きます。(2020/09/25 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100119

  • 詳細

    ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 3 - 第15番「田園」、第16番、第21番「ワルトシュタイン」(ビス)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第3集は、第15番や「ワルトシュタイン」を含む中期の3曲を収録。「ワルトシュタイン」での集中力溢れる緊迫した演奏が聴きどころ。(2020/09/25 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100120

  • 詳細

    ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 4 - 第1番、第6番、第19番、第23番「熱情」(ビス)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第4集は「熱情」を含む初期の2曲と中期の1曲の全4曲。第19番は比較的易しく書かれており、ピアノ学習者にもおなじみの作品。比較的演奏機会の少ない第6番とハイドンに献呈された第1番も収録。(2020/09/25 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100121

  • 詳細

    ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 5 - 第3番、第25番、第27番、第28番(ビス)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第5集。後期の2つの作品、第27番と第28番、「かっこう」と呼ばれることのある第25番、そして初期の第3番。(2020/09/25 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100122

  • 詳細

    ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 6 - 第9番、第13番、第29番「ハンマークラヴィーア」(ビス)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第6集。長大かつ深遠な「ハンマークラヴィーア」を含む3曲を収録。Andanteで始まる第13番は「月光」と共に出版された中期の傑作の一つ。簡潔に書かれた第9番は“ソナタ・アルバム”でおなじみの曲。(2020/09/25 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100123

  • 詳細

    ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 7 - 第2番、第17番「テンペスト」、第20番、第30番(ビス)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第7集は「テンペスト」を含む全4曲を収録。第20番は第19番と同じく易しい技巧で書かれた小さなソナタ。柔和かつ即興的な第1楽章で知られる第30番、初期の作品であるにもかかわらず壮大な仕上がりを見せる第2番。ヴァラエティに富んだ選曲が見事な1枚。(2020/09/25 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100124

  • 詳細

    ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 8 - 第8番「悲愴」、第10番、第22番、第31番(ビス)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第8集は名作「悲愴」と第31番、柔和な表情を持つ第10番、2楽章構成の第22番の4曲を収録。(2020/09/25 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100125